復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

復縁屋に復縁したいと相談される殆どの方は、別れを告げられ離別に至っている方、あるいは、別れるまでには至ってはいないがお互いの関係が悪化して破綻状態の方、と、どちらかにになるのですが、離別されている人の方が大半ではないのでしょうか。

実際に、別れてしまい、復縁したい相手の大切さを痛感するわけですが、復縁の方法や、復縁したいがどのような行動をとっていいのかわからず、復縁屋へ相談されるといった経緯を辿っていると思います。

別れてしまっていて、「復縁したいのになぜ別れに至ったのかを考えることが今大事なんですか?」と復縁相談をされる方に信じられない質問をされる事もまれにあるのですが、この考え、思考はちょっと危険です。にも係わらず、別れに至った原因を考える気持ちがないとすると、そのような台詞が出てくることに対し我々、復縁屋としては疑問を感じざる終えません。

復縁したいと仰りながら、「破局に至った原因」を振り返り、考えずして、復縁を目指すことにどんな意味があると考えているのでしょう?このように身勝手な考えでの復縁自体可能性が低いと言っても過言ではありません。一時的な感情だけで復縁を望むのであれば、1度考えを改めて頂いたほうが賢明な判断だと考えます。

では、復縁を本気で、真剣に考えている方はしっかり振り返ってもらい、今後の復縁の為の参考にして頂ければ幸いです。

破局の最大の原因の1つで良くあることといえば、「浮気」が上げられるんですが、実は安定した二人であってもなかなか克服できない、浮気などよりもタチが悪いことってたくさんあるようで、破局に至る原因として、一見無害に見えるだけに見過ごしてしまうものがあります。

浮気のように原因が明確ではないために「お互いの関係を徐々に破壊している」自覚が全くないだけに、改善しようがなくてとても厄介なことです。このような日常的習慣に身に覚えがある人は細心の注意が必要と思ってもらっても間違いありません。

嫉妬深い

浮気は決していいことではありません、むしろ相手を裏切る行為です。でも実際浮気なんかしてなくても常に相手に疑われる状態はもっと最悪のはずです。悲劇としかいい様がありません。

嘘、誤魔化し

「嘘も方便」とはいいますが、嘘ばかりついているようでは相手の信用を損なうのも当然です。基本、カップルは全て話せる間柄であるのが理想的なはずで、相手に隠さないといけないような事が出てくると嘘をつかざる終えなくなり危険性が出てきます。

愛情表現の皆無

愛情の形は人それぞれかもしれません。真面目に話し合うカップルもいる、困難を一緒に乗り越えてこそではありませんか?ただ、愛情表現が不足していると相手を不安にさせてしまうことになります。良好な関係を継続するのであれば愛情を示す行為は大切です。

恨みを蓄積させる

言いたいことを言えず、もしくは言わず、長々と黙って恨みを溜めこんでいては憎悪となります。愛情と憎悪は表裏一体です。憎悪を相手にぶつけると関係修復は不可能になります。内に秘めた不満というのは、静かに関係を蝕みます。

コミュニケーション不足

関係が悪くなる問題をあえて直視せず無視し、自分に都合の良い解釈をして問題を先送りにすることを指します。最終的にはその問題に対峙せざるをえない状況に陥るわけですからその頃には、もう二人の関係は悪化し解決不能になっている場合がほとんどです。

頑なになる

とにかく妥協を拒むこと。大切な人に従順になる必要はありませんが、相手もあなたを好きなら妥協点を見つける努力をするはずです。それがどうしてもできない人は、本当に好きなのは相手ではなく、自分自身です。

相手を操る?

これは意外と判断が難しいもので、多くの場合相手を操っている自覚がなく、自分が相手を操作している(または操作されている)と気が付いた時には、傷が深くなり手遅れになっている場合が殆どです。

復縁を考えるのであれば、やはり、付き合い当時の自分の言動、行動を直視する必要があるのです。

今書いた事柄に心当たりある人も多いと思うんです。上記に示した事はほんの一掴みではあるんですが、少なからずこれまでの自身で行ってきた事をしっかり真摯に向き合うべきときに来ていることは、しっかり理解する必要があります。復縁を強く望む人に対しては声を大にして言わせて頂きます。

■⇒復縁工作失敗例(実はストーカー)

■⇒復縁屋を利用する前に