復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

復縁したいお客様の中には、今のご自身の状況がお分かりでいない方もいらっしゃいます。
特に多いケースが、お相手様との関係に警察が介入したケースです。

    ・ただのお説教レベルなのか
    ・DVやストーカーとしての警告(法律に基づく警告)なのか
    ・DVやストーカーとしての逮捕なのか

それぞれにより、復縁の仕方は変わってきます。
特に中間にあるDVやストーカーとしての警告(法律に基づく警告)であれば、状況は複雑です。
※逮捕の状態であれば、依頼をお受けすることはできません。ご了承ください。
警告を受けている状態で計画性なくお相手様に接触(直接会おうとすることは勿論、電話や手紙・ラインも含みます)しようとしてしまえば、その時点で再度警察に通報されて今度は逮捕されるリスクもあります。

ですが、いざ警察が介入したそのときに、ご自身の状況を丸々きちんと把握することは難しいときもあるのではありませんか?
普通に生活していれば警察と関わることなんて稀ですし、お相手様との関係が良いものではないものになったストレスで、気持ちが動揺していることもあるためです。

そのような状況にあり、今のご自身の状況について不安感がある場合は、是非一度、身の回りの”家族以外の”他人の方に、ご自身の状況を相談してみてください。
厳しいことであってもきちんと言ってくれる、と信用できる方であれば尚良しです。

第三者の目で状況を俯瞰してもらうということは、お客様が思う以上に復縁には重要な意味を持ちます。
どんなことであっても、当事者は状況を曲げて認識してしまうのです。
例えば、本人としては「大したことはない」と思っている怪我であっても、傍から見れば充分に大したことはある重傷、なんて場合もありますよね。
こういった場合は、アドレナリンなどのホルモンが分泌され痛みが麻痺しているために、実際の怪我の痛みを感じなくなっている状態であったりしますが、このように「当事者」と「周りから見る目」に温度差がある、というのは、恋愛でもよくあることです。

お客様としては「大した喧嘩ではない」と思っていても、お相手様はそう思っていないかもしれません。
お客様としては「そんな酷いことを言ったつもりではない」と思っていても、お相手様はそうではないかもしれません。

それらの認識の差異が状況を更に複雑にし、復縁しにくくさせてしまいます。
そして、「大した喧嘩ではない」「そんな酷いことを言ったつもりではない」と考えているお客様がお相手様に接触しても、反省も何もないわけですから、お相手様が許す気になるわけがありません。
口先だけの何が問題かも理解していない「ごめんなさい」を言ったところで、状況は悪化の一途です。
このような形で、自らの手で”復縁できない状況”を作り上げるお客様が、非常に多くいらっしゃるのです。

復縁するために必要な過程は多く有りますが、まずは【正確な状況の把握】、これを絶対にしなければなりません。
状況とは、

    ・どのような過程で交際に至り、
    ・どのような交際期間を過ごし、
    ・今までどのような喧嘩をし、
    ・今回の破局の原因はどのようなものであり、
    ・喧嘩後にどのような対応をしたか、
    ・今の関係性はどのようなものか
    ・お相手様の現在の気持ちや考えている今後のこと
    ・関係に介入した人(ご友人や警察)はどう認識しているか

最低限でもこれらを正確に知る必要があります。
その上で、「どうすれば復縁できる余地があるか」を計画立てて考えるから、復縁の余地が生まれるのです。
それらを考えることなく、「とりあえず会いたい」「会って話をしよう」「謝ろう」「謝ったら分かってくれる」「謝れば大丈夫」と会って謝罪することに重きを置いても、復縁の成功率が上がるわけはありません。
(詳細な謝罪の仕方についてはこちらを参照ください)

繰り返しますが、まず必要なことは【正確な状況の把握】です。
そこで第三者の視点を入れることで、お客様以外の感覚でどう思うかを聞く事ができ、認識の歪みを防げます。
復縁したいけれど困難な方、困難が予想できる方は、まずはきちんと状況を把握することから始めましょう。
手間に思えるかもしれませんが、それが正道であり、一番の近道です。

■⇒文句を言うなら復縁したいって言わなきゃいいのに…

■⇒復縁する為に別れ工作が必要な場合がある