日頃、多くの復縁相談を頂く中で、『ハッキリとした理由は無いが別れた相手と復縁したい』と言う、相談を受ける事があります。

復縁するのに理由は要りますか?

答えは・・・・NOです。

もちろん理由があっての復縁は当然わかります。

あの人が好き

あの子が忘れられない

あの人でなければダメなんだ

等々様々な理由がありますが、本来人間と言う生き物は本能で察知して、行動する事もあります。

野生の動物までとは言いませんが、人間にも直感を司る部分が残っているようで、そこで感じた事で理由が無くともあの相手と復縁したいと思うようです。

ここで理由が無いとは申し上げましたが、しかしちゃんとした理由がある事に気が付いていないだけなんです。

それは、自分の直感が感じたという事です。

恋愛にしてもそうですが、一目惚れと言うものがあるように、話した事も無い相手を好きになるのと似ている感覚ではないでしょうか。

復縁したい相手ですから、話した事も無いと言う事はないですし、極端な表現で表すと、身体の隅々まで知っている相手ですから気持ちが分かり合えている相手と言えます。

その分かり合えていたからこそ自然体で居れた環境だっただからこそ、理由も無く復縁をしたいと思うのではないでしょうか。

本来でしたら、このような感覚でのはずです。

一緒に居ても気が楽だった

一緒に居ても悩んだりする事はなかった

どんな時も自然体で居れた

と、このように感じる事が出来る事でしょう。

そんな感覚を持たせないような相手とは,本当に素晴らしい関係性であり、また同じような人を見つけようとしても、中々巡り合う事は難しいかも知れません。

そして、その様に直感的感覚で復縁を思うのも良いと思います。

人を好きになる気持ちは誰しもが持っていて、誰にも邪魔をされる権利があるものではありませんから、自分の思いに正直に復縁に突き進むのは賛成致します。

しかし、その思いが間違った方向に行かないように、気をつけて行かなければなりません。

思いだけが先走って、復縁したい相手にストーカー扱いされてしまっては、本末転倒となってしまいます。

1人で思い悩み、おかしな行動に出ない為にも、誰かに相談する事をオススメ致します。

その様に1人で悩まれている方を1人でも多く救いたいと思う日々活動しているのが、復縁屋別れさせ屋ジースタイルなのです。

・⇒復縁屋を利用する人は…

・⇒復縁工作中に工作員が考えていること