人と人がコミュニケーションをとる時に言葉によるコミュニケーションは人種が同じであれば必須です。

言葉が通じない相手であればボディーランゲージなどを交えてコミュニケーションをとりますが、会話で意思疎通が出来ればボディーランゲージは必要ありません。

怒る人の多くは、自分の怒りを言葉で表す事が出来ない為に暴力を振るう事や言葉を乱暴にする事、言葉で伝えることが出来ない為に怒りをボディーランゲージで表します。

しかし、そういった怒りに対しても理解が出来なければ意思疎通は全く出来ず、意思疎通が出来なければコミュニケーションを他者と取ることが出来ません。

人は考える生き物ですから、相手が聞く耳を持たない場合、どうやって聞く耳を持たせれば理解してもらうことが出来るだろう?と考えることが出来ます。

理解が出来ないのであれば、どの様に説明すれば理解が出来るようになるだろう?と考え、伝える側は一生懸命に相手に伝えようとします

そういった一方向からの努力(考える事)とは裏腹に言葉を通わせたい相手の理解力がない、理解をしているつもりだけど異なった解釈をされてしまい理解されないという事も多く、その場合、伝えたいことを相手に伝えたいという気持ちすらも伝わらず、理解が出来ない人は何度も繰り返し、同じ失敗を繰り返し、伝えたい人の気持ちが最終的に「もう伝えなくていいや」という方向に進んでしまいます。

伝えなくていいやという気持ちは相手に対して伝えることを放棄したという事です。

何度言っても理解してくれない。その言葉の裏には他に何かしらのメリットがあるから、この部分は諦めよう…という気持ちもありますが、それらが積み重なり、付き合っていく上でのメリットよりも諦めなどのデメリットが多くなれば関係を継続していこうという気持ちが薄れます。

その結果、別れという選択肢が脳裏に浮かび上がりますが、その選択肢を脳裏に浮かび上がらせたのがどんな原因だったのか?という事に理解をする事が出来ない人は気づきません。

理解をする事は理解しようという姿勢を持つだけで理解をする事が出来ます。

他人から何かを言われた時に、それを身構えて話しを聞くのか、素直に聞こうという姿勢を持つことが出来るかで相手の意見を聞くことは出来ます。

人の話しを聞くというのは、その人の話に向けて誠実な心を持って聞こうという姿勢を持つことが出来るから理解する事にも繋がり、最初から自分は○○だ!!と聞く耳を持たない姿勢を持っていればどんな優れた言葉もどんな分かりやすい言葉もボディーランゲージでさえ伝わる事はありません。

復縁したいと考えているあなたに身に覚えがあることはありませんか?

自分の話を聞いてもらえないという人は他人の話しを聞いていますか?

復縁について考えているなら、まずは自分自身に自問自答してください。

相手のことを理解しようとする姿勢、それが復縁に繋がることは間違いありません。

■⇒復縁したいのに連絡が取れない…

■⇒復縁工作の料金って高く感じますか?