皆さんは、「復縁工作」という言葉をご存知ですか。

その名の通り、別れてしまったカップルを復縁させるように工作する事です。

なかには、反則みたいに思える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、カップルの別れというのは、やはり原因があるわけです。

もし片方がいやいや別れてしまった場合、原因を知りたいと思うでしょう。

もし、その原因を知る事ができたら、もしかしたら別れなかった可能性もあるのです。

そういう方たちのために、復縁屋がいるのです。

復縁を成功させる為には復縁工作は重要

本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋に依頼すると、依頼者と相談の上でプロが様々な復縁工作を練ってくれます。

そうやって対象者に復縁屋が、何らかの接点を持ってくれるのです。

そうやって対象者に近づき、さり気なく別れてしまった原因を聞き出す事ができるのです。

もし依頼者がその原因を改善する事ができるのなら、復縁できる可能性もゼロではないのです。

復縁工作によって復縁が成功したカップルは、もちろん存在しています。

復縁屋と協力する事によって、依頼者がアクションを起こすタイミングも計れたりするのです。

なかには、復縁屋が対象者と依頼者の事を話している時に丁度連絡を入れて、そのまま復縁する事が出来た事例も存在するのです。

もし、あなたが別れてしまって後悔している相手がいるのなら、復縁屋に依頼するというのはいかがでしょうか。

復縁屋と周りの知人の力を得て

復縁工作というのは様々な方法があり、友人・知人に頼む自力で行うものからプロに頼るという方法もあります。

復縁するために正解と言うものはありませんが、成功した事例の中からそれを参考にして、役立たせる事が出来るので、事例を知る事によって復縁する事が出来るという事もあります。

復縁工作を専門に行う復縁屋は、一般の方があまり経験のない復縁について、沢山の知識や経験があるので成功・事例等も経験していますから、復縁工作を行う復縁屋は「プロフェッショナル」という事を自負する事が出来るのです。

復縁の知識や経験を元に行動するので、復縁で困った事があれば復縁屋に相談してみる事は、悪い事ではありません。

一つ復縁の成功事例をあげてみたいと思います

ある女性は交際していた男性と些細な事で別れてしまった事に対して後悔し、復縁したいと考えていました。

そこで、早い段階で連絡を取って復縁を試みようとしたのですが、その時には相手側の気持ちは頑なっていて取り付く島もない状態でした。

喧嘩別れのような感じであった事から、いい反応を見せる事がなく、女性もこれは復縁は無理かもしれないと、考えたほどでした。

しかし、そこで女性は復縁屋に協力をしてもらって、復縁工作を実行する事にしたのです。

互いに共通の知人が多かったというのが、女性にとっての幸いな出来事であり、復縁したい相手側の動きなどがある程度、情報として耳に入る状態で有った為、復縁に役立ちそうな情報を集める事が出来たのです。

情報を集める事によって、復縁したい相手側の現在の気持ちがどのようになっているのかという事が、ある程度つかむ事ができる様になり、また別の女性の影がないという事が分かった為、安心して復縁のための行動に専念をする事が出来ました。

ある程度の時間が経過したところで、女性は復縁したい相手が別れた事について、どのように思っているのか探り出して欲しいという願いを出て、相手の気持ちを確認したところ少しずつ別れた事に対して、「後悔をしている」という情報を入手する事ができ、ここから本格的な復縁工作に入ったのです。

復縁工作員に上手く男性と会う場をセッティングしてもらう事になり、相手側もそれを承諾した上での再開となった事から、冷静な状態で二人は話し合う事ができ、互いに悪いところはどのような部分にあったのかという事を話し合い、それによって復縁を成功させたのです。

このように共通する知人からの情報を得て、復縁を成功させるという事例は珍しいものではなく、共通する知人が多い場合には、有効な手段となります。

ただし、この方法は当然共通する知人がいなければ話になりませんし、協力をしてくれる信頼関係がなければ難しいものです。

しかし、逆に言えば周囲の信頼関係があれば成功をさせる事が十分に可能なので、試してみる価値がある方法となっています。

他に好きな人が出来たと言われた時の復縁工作

復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁工作を成功させるためには、「実際の事例」を参考にする事もあります。

もっとも、その事例とお客様の相談内容と全く同じパターンを持ち、状況も全く同じであるという事は、万に一つもありませんし、そのまま事例をなぞっても効果が出るとは限りません。

ただ、「どのような目的をもってアクションを起こした、どのような結果に結びついたのか」と言う事を参考程度にでも知っておけば、どこかのタイミングで活用できる瞬間があるかも知れません。

復縁工作の成功事例を参考として

ある男女が交際していた期間は約2年、同じ職場の上司(男性)と部下(女性)という関係でしたが、仕事の話をするために二人で食事に行きました。

それまで女性は男性に対して好意を持っていたどころか、むしろ「嫌い」と感じていました。

しかし、仕事以外のプライベートな男性の知るにつれ、その気持ちは徐々に好意に変わっていきました。

二人が交際を始めたのは、初めて二人だけで食事をしてから2か月後の事です。

それから二人は幸せな時間を過ごしましが、中々休みが合わない中、出来る限り相手の事を支えながら愛を育み、次第に同棲するようになりました。

2年目のクリスマス、二人は時期に3年目の交際記念日を迎えようとしたいた時、突然女性から「別れたい」と切り出されました。

男性はその理由を聞くと、女性は「他に好きな人が出来た」と答えました。

ショックを受けながらも、男性は別れる事を拒み、1週間ほど関係修復のやり取りを行い関係を元に戻す事が出来ないかと努力しましたが、残念ながら別れる事になってしまいました。

その後すぐに男性は転勤で別の土地へ移る事になり、女性と顔を合わせる事も無くなってしまいました。

通常であれば、この二人はここで関係が終わってしまうところでしたが、男性は思い悩んだ末に、復縁屋に頼り、復縁工作の依頼をしました。

復縁屋からのアドバイスで男性は、時折女性に対してメールや電話をし続けていました。

と言っても、復縁を打診するような内容ではなくあくまでも世間話、女性の仕事に対するアドバイスなどをするに留まり、自身の事をぼやく事も無く女性のサポートに徹していました。

連絡を断ち切られない様に、まずは友人関係を築き上げる事を忘れない様し、その間に復縁屋が復縁工作を行い、復縁までに持って行こうというプランだったのです。

しばらく経った頃、それまでは一度もなかった女性から会いたいと連絡が男性に入り、男性は何事かと思いながら対応しました。

もちろんその裏では復縁工作の工作員が色々としてくれてた事があったようです。

すると、女性から一緒にお祭りに行かないかと誘われ、丁度良く時間があった男性はしばらくぶりに女性と再会する事になりました。

その後二人は見事に復縁をする訳ですが、この事例で大切な事は「関係を完全に絶たなかった事、女性にとって重荷にならなかった事」です。

女性の気持ちを一度リセットするという事に成功し、その結果復縁をする事に至りました。