復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

自分では気付かなくても復縁の為に直さなければならない事は第三者目線でいれば大変良く分かります。

直さなければならない所が多いにも関わらず全く直さない人、直さなければならない所が多すぎるにも関わらず、一部分しか直さない人、自分は凄い人間だ。自分は出来る人間だ。自分は完璧過ぎる。

そこまで思う人は中々いませんが、それに似た様な感情を持ってしまっている為に改善しなければならない所に目がいきません。

まず、自分が本当に完璧だと自負出来るような人であれば復縁したいという状況になっているのでしょうか?

直さなければならない所があるからこそ復縁したいという気持ちを持ってしまっているのではないでしょうか?

復縁したいというのであれば、復縁したい相手に好まれる状況を作らなければならないのですが、復縁したい相手に都合の良い人間になれという事ではありません。

都合の良い人になってしまえば都合良く使われてしまいます。

都合良く使われるのではなく、新たな「魅力的な異性」として復縁したい相手に自分を見せなければなりません。

魅力的な異性を都合良く使おうと考える人はいませんし、魅力的な異性であれば好意を持たれます。

友達としてしか見れない…
恋人としてはちょっと…
好きかどうか分からない…

こういった別れ文句を言われて別れてしまった人はとても多いのですが、ここからどうすれば復縁出来るかどうか分からない…と悩む人もとても多くいらっしゃいます。

友達としてしか見れない…と言われたのであれば友達以上に見られる様に自分を磨けば済む話です。

恋人としてはちょっと…と言われたのであれば恋人でいたいと思われる様に自分を磨けば済む話です。

好きかどうか分からない…と言われたのであれば好きになってもらえば良い事であり、恋愛の初歩の初歩である、相手から好意をもらうという事を忘れた発言になります。

復縁したい相手と初めて付き合う時は欠点は知られていませんでした。

欠点を知られていない為に良い所ばかりが目に写り、付き合いが始まります。

付き合えば付き合う程欠点が目に余り、好意が薄れて来た為に別れに繋がるのです。

それであれば、まずは欠点を直さなければなりませんが、欠点を直す為に自分の欠点を探さなければなりません。

自分の欠点の数がいくつあるのか?自分では気付きにくいので、1つの欠点を見つけてしまえば、それが全てであるかの様に考えてしまい、沢山ある欠点を見ようとしません。

たった一つの欠点であれば復縁屋としての経験上、滅多に別れたいという事を言う人はいません

自分は完璧ではない。

こう考える事で自分は欠落した人間だから沢山欠点がある。

その欠点をどう直していくか?を考える事にも繋がります。

自分は凄いとは思っていなくても自分は普通とも思わず、謙虚な気持ちで自分は大した事がない人間だから欠点の塊である。

だからこそ沢山直さなければならない所がある…と考える事が出来て初めて自分の欠点と向き合う事が出来る様になります。

■⇒自己改善が出来たら会いに行こう!

■⇒復縁のキッカケ作りの前に…