復縁屋、別れさせ屋ジースタイルは復縁したい人の味方です。

喧嘩の最中ではない普段の生活の中で、何故だか急にお相手様を怒らせてしまった経験があるお客様がいらっしゃいます。
そのようなお客様に「何か身に覚えがありませんか?」とお伺いしても、「特に何も・・・」と仰います。
で・す・が。
そこから更に深くお伺いしてみると、お相手様に対して非常に失礼なことを言っていたという事実を見つけることができます。
そういった場合、その点について指摘させていただくのですが、お客様によっては「そんなに怒ることですか?」「それくらい普通じゃないですか」「何で怒るのか理解できないです」などを仰るのです。
経験上、そのような方には、ある障害が潜んでいるケースがあります。

それが、【発達障害】です。

発達障害とは?

まず、発達障害者支援法において、発達障害とは【自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの】と定義されています。(出典:wikipedia
発達障害は大きな分類(枠)で、発達障害の中には、

    ・自閉症
    ・アスペルガー症候群
    ・その他広汎性発達障害
    ・学習障害
    ・注意欠陥多動性障害
    ・その他これに類する脳機能の障害

などがあります。

それら障害の特徴は、

    ・人との関わりは持とうとするが、相手の気持ちや状況を考えない言動が多い。
    ・関わり方が一方的、マイペース。
    ・同年齢の人と相互的な関わりが持てない。
    ・場の雰囲気が読み取れない。
    ・年齢相応の常識が身についていない。
    ・人の感情、気持ちの理解が弱い。
    ・共感性が弱い。
    ・同年齢の人と同じくらいの言葉を使う、難しい言葉や漢字を知っている人もいる。
    ・言葉の意味をきちんと理解していなかったり、文字通りの解釈をしてしまう。
    ・言葉の裏の意味が分からない。
    ・人の気持ちを想像することが難しい。
    ・顔の表情や声のイントネーションなどから読み取れない。
    ・相手が自分と同じことを知っているか、興味があるかを考えず、延々と話し続ける。
    ・非言語的コミュニケーションの理解が難しい。

などです。(出典:北九州市発達障害者支援センター『つばさ』

例えば・・・

佐藤が復縁屋別れさせ屋ジースタイルにご相談いただいたお客様とお話させていただく際、よくお伝えさせていただくものに、「逆の立場ならどう思いますか?」というものがあります。
例えばお客様がお相手様に「本当にお前はブスだなぁ」と言っていたりした場合になどです。
このような時の言葉の表の意味は「実際に自分が言われたらどう思いますか?」ですが、広義には「世間一般の大多数の人は、その言葉を言われたらどう思うでしょうか?」「その言葉は常識の範囲内でしょうか?」という意味も含みます。
つまり「本当にお前はブスだなぁ」と仰ったお客様以外の人はどう思うでしょうか?との質問であり、「(世間一般の大多数の人は)嫌だと思います」などが普通の回答です。
しかし、他人の気持ちがわからない発達障害の人は「ぼくは(わたしは)平気ですね」と仰います。
その質問をする人の意図や言葉の意味、言葉の裏の意味がわからないための、このような回答をしてしまうのです。

復縁において問題となる”発達障害”

上項のような発達障害の特徴や例を元に考えたときに、発達障害の特徴があるお客様の復縁の困難さがご理解いただけると思います。
こちらの気持ちを理解してくれない・できない人と一緒に過ごすことは難しく、非常に苦痛だからです。
人同士の会話は、基本的には同意や共感を基に構成されています。
辛いことがあれば「そうだね、辛かったね」と言ってもらいたいのが人間ですし、楽しい出来事について「ぼくも(わたしも)楽しいよ」と言ってくれるから、その人と過ごす時間が楽しくなります。
ですが、発達障害の人と一緒にいても、そのように同意や共感が成立しません。
発達障害である本人が楽しいと感じることでしか同意や共感をしてくれることはなく、非主体的な行動をとることができないためです。
その場合、お相手様としては苦痛や苦労しか感じないこともあり、復縁したいとは思いません。

発達障害を治すには?

発達障害は生まれ持った脳の障害であるために、例えば手術をしたからと言って治るものではありません。
薬物療法もありますが、根本治療もありません。
できることとしては、認知行動療法で行動(言動)をトレーニングして矯正するしかありません。
つまり、日々の生活ひとつひとつの行動で矯正するしかないのです。

まとめ

復縁したいならジースタイル

復縁屋別れさせ屋ジースタイルは医療機関ではないために診断を下したりすることはできませんが、その疑いを感じるお客様は多くいらっしゃいます。
それが、冒頭に挙げたような「そんなに怒ることですか?」「それくらい普通じゃないですか」「何で怒るのか理解できないです」と仰るお客様であり、途中に挙げた「ぼくは(わたしは)平気です」と仰るお客様です。
あまりにそんな兆候が強く、その上そのそのようなご自身の問題点を改善する気持ちが無いお客様の場合は、ご相談やご依頼をお断りすることもあります。
というのは、復縁できる余地が全く無いからです。
発達障害であっても恋愛を上手になさっている方もいらっしゃいます。
ですが、そのようなケースは「自分には発達障害(ないしその傾向)がある」と自覚している場合です。
その自覚がなければ、不用意にお相手様を傷付けてしかも傷付けたことに気が付かずに、「何で怒るんだろう?」と思っている間に振られて破局です。
復縁に関しても、その自覚を持って改善する気があれば認知行動療法で改善できる可能性はありますが、その自覚がなければいつまで経ってもお相手様の気持ちを理解ずることができず・・・結末は想像できますよね?

発達障害は脳の障害が原因であり、人によって使い分けができるわけではないので、お相手様との関係のみならずその他の人々との関係でもどこかしらに問題があります。(※発達障害ではないのに発達障害的に相手の気持ちを理解しないのであれば、とても性格が悪いということになります)
もし「自分はそうではないか・・・?」との疑いを感じるのであれば、一度医療機関への相談をおすすめします。
もしかすると、その一歩が復縁の成功率を上げる一歩へと繋がるかもしれません。

■⇒別れた恋人とよりを戻す為の復縁相談が出来る所

■⇒対人関係で信用を無くすということ