復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

復縁相談を受けていて、「相手と別れてどの位経過してますか?」との問いに、別れているのか?否か?ちょっとわからない状態という内容の相談を頂く事があります。

がしかし、よーく会話を続けていると、破局た相手からは「もう好きではなくなった」「恋愛感情はない」「恋人として関係は解消したい」といわれている。

ん?相手からはっきりと、別れるという前提で気持ちを打ち明けられているではありませんか?これのどこが、別れているか否かが判断できないのでしょう?

別れているか否かはわからないという答えを言う方に疑問を抱きます。

では何故、復縁屋へ復縁の相談をしてくるのでしょう?

復縁したいと考えて復縁屋復縁相談してくるのですから、別れるとはっきり言われないことを言い訳にしているとしか考えられません。別れたいとはっきり伝えない事が悪いといっているようなものです。

別れている状態なのか否かではなく、自分の気持ちが「別れたくない!」だけであって、別れという事実を認めたくない為、その事実から目を逸らしているに過ぎません。

はっきり言ってしまえば別れている状態なのかまだ別れていないのかわかりません、と言っている方には復縁は難しいでしょう。

この時点で、別れという現実から目を逸らし、別れたくない自分の気持ちを優先しか物事を考えていないからです。

復縁したいと考えているのであれば、復縁したい相手の気持ちを取り戻さなければいけない工程が必要不可欠になります。

まだ元カレ・元カノはまだ自分に愛情があると錯覚し、別れていない前提で行動するのであれば、それが間違いであるとはやく認識する必要があります。

元カレ・元カノともう一度、ヨリを戻す、元カレ・元カノに好きになってもらうという事を真剣に考えているのでしょうか?

復縁とは、別れてしまった原因、呆れられてしまった原因、自分の悪い部分、相手に対する考え方等を根本から改善して、より自分を魅力的にするという事なのではないでしょうか?

    「好きではなくなった」と言われて、円満に付き合っていけるとお思いですか?
    「恋人としての関係を解消」と言われて、別れたいという結論に至らないのは何故ですか?

復縁したい相手の気持ちは、「別れたい」「関係を終わらせたい」と告げているのです。

別れたくないのはあなたであって、元カレ・元カノの気持ちは別れたいという想いでで、気持ちはあなたと違う方向にあるという事をしっかり理解して下さい。

■⇒当然のように復縁望む人がやってしまう行動

■⇒佐藤さん、復縁コンテンツってどう思いますか?