大切な家族を守りたい…とお考えの際は株式会社ジースタイル

復縁屋に相談に来る人に見られる傾向の一つが《復縁相談という名の愚痴を聞いて下さい》という内容があります。

愚痴を聞くのは一向に構いませんが、復縁したいのに…と愚痴を吐く事で何か変わる事があるのなら喜んで愚痴を聞きます。復縁屋に愚痴を吐く事で復縁出来るなら復縁屋としても喜ぶ以外にありませんし、相談者の方も大喜びですし、誰も時間を無駄にする事はありません。

復縁屋に相談して愚痴を吐いて復縁成功した!!!

そこで質問ですがこの言葉を聞く事はあると思いますか?

今後あるはずだ。と思う人はどういう事を根拠に復縁屋に愚痴を吐くだけで復縁出来ると思いますか?

今後もないはずだ。と思う人はどういう事を根拠に復縁屋に愚痴を吐いているだけでは復縁出来ないと思いますか?

愚痴を吐くという事は、その場で立ち止まるという事です。その場で立ち止まるという事は前に進めず何も変わらないという事を示します。

何も変わらないという事は別れた状態に対して不満を抱き、その不満を解消する事が出来ず、いつまでも別れを切り出された状態から先に進もうとする意思もないという事になります。

愚痴を吐いてはいけないという事をお伝えしたいのではありません。愚痴を吐くのは大いに結構です。愚痴を吐き、ストレスを発散しなければ生きる事も辛くなり、生きる事が辛くなればマイナスに考えが働くだけになります。

マイナスに考えが働くだけでは今よりも明るい未来に進む事は出来ません。その場に立ち止まり、未来に進む道を歩む足を止めてしまえば復縁どころか先に進む事はありません。

相談という名の愚痴をこぼしても前に進む事も後ろに進む事も出来ません。時間の流れに置いていかれるだけで立ち止まるという表現が正しくなってしまいます。

愚痴をこぼすのは構いませんが、愚痴をこぼすだけこぼして、問題を解決する為に進むからこそ相談の意味があります。愚痴をこぼすだけこぼして何も解決しないまま立ち止まる為の時間であれば、わざわざ復縁屋に相談しなくても友人・知人にすれば済むのではないかと思います。

解決したい問題があり、その解決方法を提案してもらいたいからこそ復縁屋に相談して来るのではないかと思いますが、解決策をもらいたいのではなく、ただ愚痴をこぼすだけであれば復縁屋に相談するだけ時間が勿体ないのではないかと感じます。

愚痴を聞くのは大いに結構ですが、愚痴を吐いて辛い想いを吐きだし、その先にある問題解決に向けて協力してもらいたいというご相談であれば尚の事、復縁屋も喜びます。復縁屋を喜ばす為に相談する訳ではありませんが、自分が何故復縁屋に相談しているんだろう?という事をもう一度考えて直していただければと思います。