こんにちは、復縁屋ジースタイルの佐藤です。

先日のことです。

復縁について調べていると「復縁祈祷」なんて言葉が目に入りました。

そんなコンテンツもあるんだなぁと調べてみると…何とも驚きの結果が。

復縁したいとお悩みの皆様に、是非読んでいただきたい内容です。

復縁について神頼みをすることは悪いことではありません


本題の前に。

復縁について祈祷(神頼み)をすることや、宗教を心のよりどころにすることは、悪いことだとは思いませんし、それについて否定する投稿でもありません。

しかし、宗教や神頼みだけで復縁ができることは、99パーセントないと言ってもいいでしょう。。

何故100パーセントではないかというと、それは悪魔の証明だからです。

(悪魔の証明とは、”あることは証明できても、ないことは証明できない”との意味で、消極的事実の証明のことです)

(例えば、痴漢をした(された)証明はできても、痴漢をしていない証明が難しいことなど)

お守り、パワースポット巡り、占いなどにも共通しますが、神頼み、仏頼みはそれ以上でもそれ以下でもなく、最終的にはお客様ご自身が行動をしないと、復縁は勿論人生は変わらないのです。

だって、もし神頼みや仏頼みでなんでも願いが叶うなら、そもそも関係が破綻するわけないですからね。(笑)

そのような手段については、あくまで補助具程度と思って利用をなさるように、ジースタイルではオススメしております。

さてでは以下からは本題の、「復縁祈祷」に戻りましょう。

相談員が見つけた、怪しい復縁祈祷師


今回わたしが見つけた復縁祈祷師は、正直怪しさでいっぱいでした。

以下に怪しいと思った点についてまとめてみました。

お寺を名乗るのに、宗派を明らかにしていない

その復縁祈祷師はHPにて、「××山○○寺 A田B助」(仮名)と名乗っていました。

これがそもそもおかしいのです。

普通のお寺は、(特に正確性が要求をされるHPなとのパブリックなものにおいて、)そのような自己紹介はしません。

☆☆宗△△派 ××山○○寺 A田B助」という風に、宗派を明らかにすることが一般的です。(”△△派”については、無い宗派もありますが、少なくとも”☆☆宗”は表記します)

というのも、宗派によって使ってよいお経の種類が違い、それは寺を名乗る仏教において非常に重要なことだからです。

それを表記しないことは、ありえないことです。

また、寺を名乗るからには仏教なのでしょうが、仏教の祈祷にも様々なものがあります。

天台宗や真言宗、そして一部の浄土宗では護摩祈祷、臨済宗や曹洞宗では大般若祈祷が、一般的です。

そして、浄土真宗では宗派の考えとして、祈祷は絶対にありえません。

仏教系祈祷師なのに、どの宗派か明かさない=どの祈祷をするのかを明かさないのも、おかしな話です。

経歴を明らかにしていない

寺というからにはお坊さんであるとの前提になりますが、現代のお坊さんは経歴を明らかにする方がほとんどです。

特にどこのお寺で何年間修行をしたのか、もしくはどの師匠から学んだかは、重要です。

また、浄土真宗には修行がありませんが、お坊さんとしてのレベルアップ的試験のようなものがあり、そのお坊さんが今どの立場なのかを明らかにすることは、やはり一般的です。

まぁこの復縁祈祷師さんは祈祷をするのでしょうから、真宗ではないでしょうが…。

とにかく、経歴について明らかにしないお坊さんも、怪しさMAXです。

電話番号が携帯のみ、Yahooアドレスのみ

お寺なのに、固定電話がない…?

どう考えてもおかしいですよね。

また、連絡先として記載されているメールアドレスは、Yahooアドレスでした。

ここまでくると、宗教やお寺関係なく、一般的ではありません。

まずは自らで検索をしてみる癖をつけましょう


さて、さくっと15分ほどの検索で、この復縁祈祷師についてのおかしな点が複数見つかりました。

今の時代、インターネットで検索をすれば、様々な情報が手に入ります。

これを使わないのは、まったくもって無駄です。

何かを利用するときは、まずは自ら検索する癖をつけましょう。

その人物名を検索し、サジェストをチェックする

サジェストとは、
「インターネットのサーチエンジンで、検索した文字列に関連の深い語句を逐次予測して表示する機能。(中略)予測表示機能。」(サジェスト機能こちら)

例えば、「美味しいレストラン」と検索をするときに、一旦スペースを入力すると、「東京」や「オススメ」と予測表示されるものが、サジェストです。

サジェストは他の人が検索した回数が多いものを表示されることが一般的なので、世間の評価としてとても参考にできます。

これを利用しない手はありません。

復縁屋を利用する際なども、その復縁屋の名前を一旦入力し、サジェストをチェックしてみましょう。

ちなみに今回見つけた復縁祈祷師のサジェストには、「詐欺」「逮捕」などが表示をされました。

どのような人物か、察することができますね。

その住所にその建物はあるのか

住所を表示しているからといって、信用はできません。

Googleマップ、Googleアースなどで、その住所にその建物が本当にあるのかをチェックしましょう。

例えば今回の復縁祈祷師のサイトに記載されている住所には、建物がないどころかそのような住所自体が存在しませんでした。

このように、それっぽく見える適当な住所を記載している場合もあるので、注意しましょう。

また、今回の人物に限らず、復縁業を営む会社においても、そのように実際は存在しない住所を使っている場合もあります。

というのも、受付電話は電話受付代行会社に依頼、オフィスはレンタルオフィスを使ういうようにすれば、実体がなくとも会社は営業できるからです。

例えば電話代行会社に受付の電話を依頼し、「担当は今席を外していますので、電話を折り返させて頂きます。番号をお教えいただけますか?」と言うように伝え、電話をかけてきたお客様の番号を収集し、折り返す形にすれば、オフィスは必要ありません。

そのような形態で営業(と呼べるのかわかりませんが)をしている復縁屋もあります。

実体がない会社なんて、もし何か問題があった場合、きちんと対応してもらえるのか信用できませんよね…。

依頼の前にご自身でチェックなさることは、非常に大切なことなのです。

※ちなみにジースタイルは、きちんと会社概要のページに記載している住所に建物は存在しています。(笑)

※わたしは日頃はカウンセリングルームにいますよ~。

まとめ


以上がわたしが見つけた怪しい復縁祈祷師と、そのようなおかしな人にだまされないようにするコツです。

是非参考にしていただき、祈祷師のみならず、復縁を謳う変な業者に引っかからないよう、お気をつけください。

ストーカーと復縁したいは違う?
復縁工作の2chの評判