復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

復縁屋へ復縁相談をされる復縁を望む方が必ずといって仰る事が、「反省している」「悪い所を直すのでもう一度復縁して欲しい」と、復縁したい相手に復縁を懇願する言動の一つです。

復縁したい相手からは、何度も悪い所を指摘されたにもかかわらず、その都度「反省」「直す」と言ってはいるものの、また同じことを繰り返しやってしまうことによって、復縁したい相手からは愛想を尽かされれ別れを告げられる結果となっているようです。

復縁したい相手からすると、同じ過ちを繰り返す相手に対しては、「反省はしない」「悪いところは直す気がない」という結論になるのでしょう。

当然です。

男性であっても女性であっても、1度口にしたからには何が何でも成し遂げるという意思を示さないと、復縁したい相手は、勿論、自分が嫌な思いをしたくはないという前提があったとしても、大切なあなたとの関係を良くしたいから、あなたの事を考え思って欠点の指摘をしているに違いありません。

欠点を指摘や注意を受ける側は言われてあまりいい気がしないはずなのは理解できなくもありません。

誰だって嫌な事や注意など受けた場合は反発するような時期はありますが、しかし、逆の立場にたって思うのですが、注意や、指摘する側の方もとても不快感が湧くはずですので、気分がいいものではありません。

だいたい、許容できる範囲の相手の欠点というのはわざわざ言うことはないと思うのですが、どうしても許容出来ない事というのは改善可能と思えて、相手が気付いて態度を変えてもらえるものなら伝えることが賢明ではないんでしょうか。

相手が自分の欠点をわかっていて、それを全く変える気がみえないのなら、当然言っても無駄といいう事になります。そうなると、関係解消するという方向でしか問題が解決する事が出来なくなってしまいます。

言うべきでないことなら、「礼儀的無視」をして、見ないようにするんですが、しかし、どうしても相手に伝える必要があって指摘するならば、相手との関係悪化を覚悟しなければならないんです。

それとお互いの関係が悪化したくなければ、言わないですむものに対して自分の中で飲み込めばいいと考えるわけですが、仮に、冗談まじりで発言してしまったことで、もしも相手を傷つけ怒りを買った場合、一生そのことで恨まれなければいけなくなってしまう可能性も出てくるわけです。

ただし、恋愛関係を終わりにしたいと思う相手には、どうして関係を解消したいかの正当性を主張するため、自分の意思ははっきりと伝えるわけなんです。

今、あなたが対峙している最悪の状況は、自分自身で作ってしまった事だということをしっかり反省し見つめ直す必要があります。

安易に「反省した」「直す」といったところで、復縁したい相手がどう感じているのか?その場しのぎの嘘としか思わない、思えないということをしっかり認識しなければなりません。

自分で蒔いた種は自分自身で刈り取るしかありません。復縁を望むのならば、自分の何がいけなかったのか?自分のどの部分が悪かったのか?直すべきところは何なのか?をしっかりと理解する事から始めてください。

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、本気の復縁を、本気の改善を考えている方のサポートは全力でやらせて頂きますのでご相談いただければと思います。

■⇒忘れることができないからこそ復縁したいのに

■⇒自覚しているという無自覚な人