復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

こんにちは、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤です。
季節の変わり目ですが、お風邪は召されていませんか?
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご依頼いただいているお客様の中にも、体調を崩されているお客様が多くいらっしゃいます。
皆様お気をつけくださいね!

さてさて本日の話題です。

破局は恋愛の失敗です】。

佐藤、言い切っちゃいます。
でも当たり前のことですよね。
成功していれば交際が続いているわけですから、破局しているということは失敗で間違いはありません。
どのお客様も、人生でたくさんの失敗経験をしていらっしゃると思います。
お酒の飲みすぎでの失敗経験もあるでしょうし、お仕事での失敗経験もあるかもしれません。
そして、破局と言う恋愛の失敗―。

失敗経験の一番良くない点は複数ありますが、特に何が良くないかというと、【自信を無くす】ことだと佐藤は思います。
破局してしまったお客様は、皆様別れるまでのお相手様との時間や関係を振り返ると思います。
「あれが悪かったのかな・・・」、「これが悪かったのかもしれない・・・」、「もっとこうしておけば・・・」。
そのように考えることはごく自然であり、そうやって振り返って考えるから反省を進めることができます。
ですが、そこから自虐のような感情が入ってくると、反省ではない方向に思考が進みませんか?
「自分では釣り合わないのかも・・・」「自分なんかが復縁しようと思ってはだめだよね・・・」「迷惑になるだろうし、もう諦めたほうが・・・」。
これらがまさに【自信を無くす】ことであり、復縁への取り組みには非常に邪魔なものであると言えます。

そもそも自信とはなんでしょうか?
wikipediaでは「人間が自らの能力、知識、信念などを信頼している精神の状態を意味する」と定義されており、「自信があればうまくいくと自分を信頼し、未経験の領域に挑戦する場合でも自己不信や戸惑いを克服することができる」と言われています。
キーワードが出てきました。
【自己不信】
これがまさに自信を無くしている状態であり、自らを信じることができないからこそ自信を失してしまっているのです。

復縁をしたいお客様の場合は、自己不信に陥った結果、「自分に復縁ができるのか」との悩むようになってしまうことが一番多いかもしれませんね。
実はこの悩み・悩み方は、大きな間違いなことには気付いていらっしゃいますか?

お客様に復縁が可能かどうか。
さて、それを決めるのはお客様でしょうか?
交際はひとりでできるものではないのですから、復縁という交際を再開するかどうかを決めるのは2人のはずですし、「復縁したい」と思っているのがお客様な以上、YESかNOを決めるのはお相手様なはずです。
自分が決めることができないものについて悩んで自己不信に陥り自信を失うことに、どんな意味があるのでしょうか?
意味なんてありませんよね。
無駄な悩みということです。

ここでお客様には疑問が生まれるはずです。
「でも○○(お相手様)は復縁しないって言っていました。相手がそう決めているのだから、無理じゃないですか」。
人の気持ちはひとつの地点に固定されたまま、永遠に変化をしないでしょうか?
お客様ご自身、子どものころに一番最初に心に決めた将来の夢を、一切変えることなくお叶えになりましたか?
そのようなお客様がまったくいないとは言いませんが、そのようにひとつの地点に心を固定したまま変えなかったというお客様は、非常に稀だと思います。
人の気持ちや決断は、変わるのです。
”絶対”がありえないものが、人の気持ちです。
そして、お相手様の「復縁はない」と言う気持ちも、変わる可能性はあるのです。
むしろ変わる・変えるかを決めるのもお相手様なため、それをお客様が勝手に決めてしまうことは横暴とも言えます。

上記のことから、「自分に復縁ができるのか」との悩みや悩み方が、そもそも大きな間違いであることがご理解いただけると思います。
誰にもわからない未来のことを考えても意味はなく、お客様に選択権がないものについて悩むことにも意味はなく、それらは自信回復とは結びつかない悩み・悩み方です。

では、正しい自信についての悩み方はどのような悩み方でしょうか?
結論から言うと、「自分に復縁するまでの努力を続けることができるのか」が正しい悩み方となります。
これもまた遷ろう余地がある部分ではありますが、その選択権はお客様にあることです。
努力をするかしないか、続けるか止めるか、決めるのは全てお客様ご自身です。
ご自身に努力ができるかどうか、お客様は努力ができる人かどうか、自分で自分を「努力ができる」と信じることができるかどうかが、本来悩むべきことであると、佐藤は考えます。
ご自身をご自身で分析し、「自分には復縁への努力を続けることができる」と決めることができれば、その決断を基にご自分を信じることができるでしょうし、そこを自己不信から脱却するための出口にすることができるはずです。

自分を信じることができずに自信を失ったままでは、「復縁したい」との気持ちを実らせることはできません。
恋愛の失敗でどんどん自己不信に陥り、復縁どころかその他のことにまで不安感が波及してしまうお客様も多くいらっしゃいますが、その暗闇を抜ける方法はひとつしかありません。
苦しくても、それでも自分を信じることです。
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルのブログをご覧のお客様は、破局してしまった苦しい気持ちを解消したくて、どこかにその答えがないかと彷徨っていらしゃる方だと佐藤は思っています。
自らを灯りにするとの「自灯明」との言葉がありますが、自らを灯りにして自ら決めて行動をしなければ、いつまでも苦しい暗闇は続きます。
失敗経験のせいでひどく傷付いてしまっているかもしれませんが、信じて決断して、1歩ずつでも前に進んでみませんか?
そのように進むお客様のサポートを、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは全力でさせていただきます。

以上、佐藤でした。

■⇒復縁したいが何をすれば・・・

■⇒余計なことを言ってしまったことで別れたときは…