人と言うのは年齢・性別関係なくパートナーを求める生き物ではないでしょうか。

そして、復縁したいと求めるのは若い人達だけではなく、年齢問わず多くの相談・依頼を受けております。

今回は、年齢別の復縁依頼についてお話をしたいと思います。

~10代からの相談

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、未成年者で未就労者からの復縁依頼はお受けしておりませんが、数多くの無料相談を受ける事はあります。

10代の相談者は学生が多いです。

高校生・大学生からの相談件数がズバ抜けて多く、中には小学生・中学生と言った相談者からも復縁について電話・メール相談も受ける事もあります。

だいたいの相談内容は、初めて付き合った相手との復縁を望むと言った事で、『恋愛経験が少ないからどうしたらいいのかわからない』と言った何とも青春時代を思い返させる甘酸っぱい内容です。

学生時代の恋愛とは、経験が少ない分『この相手しかいない』・『この人とずっと一緒に居る』と思いがちでもある年頃ではないでしょうか。

そこで、別れたとなるとどうしたらいいのか・・・と思うようになるのですが、この気持ちと言うのは、年齢を重ねても別れと言う事態になると、年齢や経験関係無く同じ気持ちになるものです。

そこは、過去に同じ経験をしたか、初めての経験なのかで多少捉え方は違ってくるかも知れませんが、その時に思い感じるのは同じ気持ちです。

未成年者・学生にはアドバイスとして行う事は、『世の中にはいっぱい人がいる。今回の恋愛を忘れないで次に進む事』をアドバイスをします。

?なんでそんな事を言うのか?と思いのようですね。

若い時の恋愛とは、周りが見えていない事もよくありますので、もっと世の中を知ってもらいたいと思うからこ、その言葉だと受け止めてください。

そして、最も重要なのは学生の本分とは勉強をしっかりする事なのも付け加えてお伝えします。

それは、親心?からの一言だと感じて貰えれば幸いです。

20代~30代

やはり、復縁屋ジースタイルに相談頂く年齢層として統計を取ると、一番多い層なのではないでしょうか。

相談内容としては、年齢的にも結婚を前提とした付き合いの相手と別れ、どうしても忘れる事が出来ずに、復縁を望むと言った内容が圧倒的です。

結婚を意識した相手ですか、すぐに忘れて違う相手とは中々行かないでしょう。

それに、そこまで意識するにはそれなりの時間を共にした相手ですから、復縁したいと思う気持ちは大きいようです。

別れに様々な原因などがあるようですが、中には些細な事から言い争いになり、別れる気も無いのにその場の勢いで別れを口にしたら、そのまま別れてしまった。

このケースは結構多いようで、よく相談者からの話で出てくるケースです。

口は災いの元』・『後悔先に立たず』とはこの事で、言わなくていい事を後先考えずに口にしてしまい後悔をしてしまうのです。

言われた方としては、一気に気持ちが冷めたり、普段から言い争いが絶えない中でこの時を『待ってました!』と言わんばかりに直ぐに別れの言葉を受け入れてフェイドアウトする方も居るようです。

その別れた時の状況により、その後の復縁が可能なのか、不可能なのか判断する事も重要です。

いくら職業としている復縁屋でも、復縁したい相手の心までは操る事は出来ませんので、どれだけ別れ際に復縁したい相手に嫌な印象を与えていないかで、復縁の可能性が変わってくる事でしょう。

別れ際が修羅場と化した場合は、中々復縁は難しいと言えますが、全く復縁の可能性がゼロと言う訳でもありませんので、どんなケースでも1度復縁屋・別れさせ屋ジースタイルまでご相談下さい。

今回は10代~30代までの方の相談内容傾向をお伝えしてみました。

ご自分に当て嵌まる内容もあるかも知れませんが、全てが一致する事はありませんので、1度無料専用ダイヤル0120-664-590までお問い合わせ下さい。

次回は40代~の方々のお話をお伝えしようと思います。

乞うご期待!!