先日ブログを掲載させて頂きました、『老いも若きも男も女も復縁を望む』の後編をお伝えしていきたいと思います。

前編では、10代~30代までの傾向を掲載していきましたが、後編では40代~ご紹介していきます。

40代~50代からの相談

この位の年代になってくると、恋人と別れて復縁したいとの相談件数より、結婚をしていて離婚をした方からの相談が多くなります。

離婚の原因は人それぞれありますが、

  • 不倫が原因
  • 金銭的原因
  • 親の介護の問題
  • 子供が親離れをしたキッカケで

と、それぞれの家庭の事情を含んだ問題で離婚に至るようです。

離婚に至る原因で、やはり復縁の確立も相当変わってきます。

長年連れ添ってきた間柄ですから、別れると決めたのも相当の覚悟があったと思いますが、お互いの意見の食い違いや、価値観の違いなどの理由での離婚は、お互いに今まで十分に話し合って来なかった事から起こる場合もあります。

よく話し合えば離婚を回避出来る事がある一方、いくら話しても離婚を回避出来ない事もあります。

特に子育てが一段落を終えた女性が、今まで子育てと言う縛りから開放され『女性』と言うものに、もう一度目を覚ますと言います。

今まで夫には『女性』としてではなく『母親』としか見られなかったのが、一歩外に出れば他の男性から『女性』として見てもらえるようになり、どんどんと積極的になり外出がして行くうちに夫以外の男性と関係を持ち、家には帰らなくなり離婚に至るケースが多く見受けられます。

もちろん、女性だけの問題ではなく男性も普段から奥さんの事を女性として接していれば問題が起こらなかったかも知れません。

そして、女性だけがこのような問題を起こすわけではなく、男性側も不倫をして、家を出て行くパターンも多くある事を付け加えてお伝え致します。

愛し合って一緒になったもの同志、長く仲睦まじい関係で居たいものですね。

60代~からの相談

さて、今回の話題の最終章になる60代からの相談とはどのようなものなのでしょうか。

40代~50代からの相談とあまり変わらない内容が多いですが、近年多い相談内容は夫の定年退職を機に離婚を奥さんから就きつけられた男性からの相談が多くなってきているように感じます。

男性からの相談では、定年退職をしたのと同時に離婚を突きつけられ退職金を半分持っていかれたと嘆かれる方もいらっしゃいますが、長年連れ添ってき相手だけに復縁を望まれますが、その背景には今まで家事など全ての事を奥さん任せにしてきた事から、全く家の事が出来ないからと仰る方もいます。

突然離婚を突きつけられた事に対して少しは同情する事はありますが、復縁の理由が家の事が全く出来ないからとの理由で復縁を望まれるのはどうかと思います。

それでは、奥さんは家政婦さんと同じではないでしょうか?

そのように思っているからこそ奥さんも夫の退職金が出るまで我慢をして、退職金の半分を持って離婚をしていくのではないでしょうか。

よく話を聞いてみますと、奥さんの事・子供の事・家庭の事か顧みないで、仕事をしてきたと仰る方は多いのです。

もちろん、一家の大黒柱となる男性ですから、外に出て仕事をして家族を支えるのは大切な事ですが、あまりにも無関心すぎるのは良くありません。

普段から奥さんの事を少しでも気に掛けていれば、離婚に向けての動きを阻止できたかも知れませんし、離婚に向けての考えも察知出来たかも知れませんね。

そして、復縁が一番難しい年齢層として60代~だと思います。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルで復縁調査を行っても、復縁工作を行っても、復縁したい相手の気持ちを探り出す作業をして分かる事が、長年積もりに積もった思いを抱えているからです。

長年、積年の思いと言うものは簡単に開放させる事は出来ないですし、離れて暮らしてもその思いが増していく方もいらっしゃる位ですので、復縁の成功率はやはり、他の年代の方よりはよくありません。

まだこの年代に達していない方たちは、そうならない為にも普段から夫婦の会話や行動を一緒にする機会を設けた方が老後の心配は少し薄れるかも知れませんよ。

二回に渡り年代別の相談内容をお伝えしてみました。

ほんの一部の相談内容ですが、少しでも参考になればと思っております。

上記の相談内容以外でも、お受けしておりますので今抱えている問題を復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに相談してみては如何でしょうか。

・⇒老いも若きも男も女も復縁を望む 前編

・⇒復縁したいと思うなら最低限必要な5つの事