Pocket

「考える」について考えた事はありますか?

考えるという事が出来ない人はいないはずですが、実際に考えてみて下さい。とお伝えすると考え方が分からない。という人がいます。

復縁したい相手に「もっと考えて行動して」と言われた事がある人はこの記事を参考にしていただいて「考える」について考えてみましょう。

考えるとは?

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

考えるとは一体何を指すでしょう?

勉強が得意な人は問題を解いている最中の事を「考える」だと思っていると思います。

問題を解く為に国語の問題であれば設問に対して正しい解答は何なのか?を考えます。

算数であれば当て嵌められる式を頭の中から探します。

日本の学校教育は幼い頃から問題の解き方(式)を習い、それらを当て嵌め、回答する事を「考える」と認識させていきます。

本当の考える事を知らない人は式を暗記し、式を取り出す事を「考える」と認識します。

考える」について考え方を式の暗記と取り出す事と認識をしている人は「考える」が分かりません。

本来の考えるとは問題の提起と、その問題の解答である選択肢を自分で作りだす事です。

どういう事だ?と思う人もいるかもしれません。

復縁には「考える」という事がとても重要なので「考える」について、この記事が考えるキッカケになればと思います。

与えられた事を覚える事が「考える」ではない

与えられた事を覚える事と考える事は違います。

記憶するという事は答えだけを暗記する事であって、考える事は答えを導き出すものなので全く異なります。

しかし、考える事を記憶した解き方の中から思い出す作業として行う人が多く、本当に考える事を忘れてしまっている人が多いのです。

記憶した事を取り出す作業は記憶を呼び出す作業ですが、記憶されたモノがない場合、呼び起こす事は出来ません。

考えるという作業は記憶にないモノを自ら生み出す事が出来、経験がなくても考える事でゼロから生み出す事が出来ます。

人間関係は答えのないものですから記憶したモノを取り出す作業では対応出来ず、自ら考える事が出来なければ人間関係の構築自体が難しいモノとなります。

与えられた事を覚え、取り出す作業しか出来ない人は相手が嫌だという事に対して、何故嫌なのか?という事が理解出来ない為、言われた部分だけを直して根本的な部分の解決に到らない為、別れを経験し、復縁したいという状況に陥っている人がとても多くいます。

答えを記憶しようとしない事

復縁屋復縁相談に来る人は「答え」を聞き出そうとして途中経過についてはあまり興味を示さない方が多くいます。

答えが分かれば、それをすれば復縁出来るかも!?と思っている様ですが、「考える」において「答え」はそれほど重要ではなく、途中経過があるから理解を含め、根本的な考え方が変わる事で以前とは別人の様になる事が出来ます。

結果だけを知ろうとする人は「式」や「解答」を暗記する事と同じです。

式や解答を記憶すれば考えたと思いがちですが、それらは考えたのではなく、暗記しただけに過ぎません。

テストの様に解答が決まっているモノや算数の様に答えが一つしかないモノに関しては暗記するのは正しい方法であると言えますが、復縁という人間関係を再構築する事や友人・知人と接する際の人間関係において、たった一つしかない正解というものは存在しません。

たった一つしかない正解は存在しないにも関わらず復縁したくて復縁屋に復縁相談に来る人は皆一様に「正解を教えて下さい」という内容と同等の事を仰います。

「正解を教えて下さい」という言葉をいただいて正解があるのなら復縁屋は復縁相談に来られる方全員に教えていますが人間関係に於いて正解というモノは存在しません。

仲良くやれているから正解【かもしれない】という結果があって、仲良く出来てないから正解【じゃないのかもしれない】という結果があるだけで、正しいかどうかの判断は相手にしか分からない事です。

AさんとBさんが人間関係を作る時に、途中過程があってAさんとBさんは仲良くなったり、仲違いをして縁が切れる事もあります。

AさんとBさんが仲良くなった事や仲違いした事は結果であって、人間関係において大事なのは仲良くなった途中過程で何をしたか?という事が大切なのです。

与えられた事を「記憶」する事を「考える」だと認識している人は記憶した事だけを行うだけで復縁を目指してしまいますので復縁成功率がとても低いモノとなっています。

復縁したいなら考えていますか?

復縁する時は何をすれば良いんだろう?と考えるを簡単に諦めていませんか?

簡単に考える事を放棄しているけれど復縁したい!!という気持ちになっていませんか?

何故別れたのか?何故復縁してもらえないのか?

記憶を辿り「考える事」を怠っていませんか?

復縁したい時に記憶を取り出そうとする人は復縁の記憶があまりないので記憶を取り出す事が出来ません。

その為、何をすれば良いんだろう?という答えが記憶の中にないモノを取り出そうとし、答えが出てきません。

復縁したいのであれば「復縁について考える事」が必要ですが、大抵の方が記憶を取り出そうとして答えを取り出そうとします。

元々答えのないものが記憶の中にあるはずもなく、記憶の中にないモノを取り出そうとしても復縁する事は出来ないのです。

考える事とは問題を提起する事から始まります。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

復縁について考えるという事は自己否定をして問題を作る事から始まります。

問題を作り、その問題に対して幾つかの選択肢を考え、その選択肢の中から最適なモノを考える事が出来て初めて考えると言います。

学生時代に考えなさいという言葉を学校の先生に言われた事がない人はいないと思います。

問題について解答を導き出す事が考えるだと認識しているので「考える事」は解答を導き出す事だと認識している人がとても多くいます。

壮大な話しをすれば人類は他の動物と違い、考える事が出来たからこそ地球上で覇権を取れる様になりました。

先人たちは何もない所から、どの様にすれば生活しやすくなるのか?等、記憶にあるものを取り出すのではなく、ゼロから生み出す「考える」という作業を繰り返して来ました。

もしも先人たちが「考える」が出来ず、「記憶から取り出す」しか出来なければ、電気の発明も自動車も世の中にある便利なもの全てが生み出されていません。

世の中にある便利なものは天才達が考えたから生まれたものではなく、凡人が一生懸命考えたからこそ生まれたものも沢山あります。

赤ちゃんはどうすれば喋る事が出来るだろう?どうすればもっと自由に動けるだろう?気持ちを伝えたいけど伝えられないから泣いてみよう。笑ってみよう。

笑った顔を見たら喜んでくれたからもっと笑ってみようかな?と誰に教わるでもなく自ら考えて行動出来ます。

人は考える能力を元々持っているにも関わらず、学校教育のおかげで自ら考える事が出来ない教育を施されます。

考える事が出来ない人はいません。

問題を提起し、その問題の解決に向けて考える事を考えてみて下さい。

復縁についてのお悩みや復縁工作について検討している方は復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

■⇒あなたの地域に合った工作員

■⇒許してもらう相手は復縁屋ではありません。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁する為の自己分析 自己分析は自己改善をする前に行うモノであり、自分自身を分析出来なければ...
よりを戻すための努力、できてますか?... 多くのお客様が仰います。 「わたしは努力しています」「ぼくは努力をし...
間違えた事は直そう 中国の孔子の言葉に「間違えた事を放置し、直そうとしない。それこ...
アドバイスを受け入れていただけないときは…... 弊社の復縁サポートのひとつに、【アドバイス契約】があります。 ...
マイナスからスタートの復縁 復縁したいと考えながら復縁屋に相談してくる人のほとんどがゼロス...
「わたしのこと、好きじゃないんでしょ!」の心理... お相手様に対して「わたしのこと、好きじゃないんでしょ!」との一...