復縁したいなら復縁工作、復縁屋

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。

弊社復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁の相談で連絡してくるケースとしては、独自での復縁のやり方が間違っていたのか否かは別にして、自分なりの方法で復縁したい相手に出来ることの全てはやってはみたものの復縁する間でには至らなかった、復縁する為の方法が思いつかない為、最終手段として復縁屋に復縁相談するというプロセスを辿っている方が多い様です。

中には、すぐに復縁することだけを目的で、別れて直ぐに復縁屋へこられる方もいないわけではありません。自力での復縁が厳しいと考えているのか?それとも何かヒントを貰おうと相談してきているのか?事実はわかりませんが…。復縁屋へ相談してくる方の理由は様々だと言う事です。

復縁屋へ復縁の相談をする事自体は、決して間違いではありませんし、復縁屋の一員としては、ご自身で復縁出来ることはとても素晴らしいことだと考えていますので、全く問題ありません。当然、復縁のプロである復縁屋に、的確なアドバイスをもらいたいということであれば、喜んでご相談にはのらせて頂きます。

復縁屋としても、復縁が目的の方達をお相手しているわけですから、相談者に耳を傾け、真摯に対応することで復縁に少しでも近付けることが出来るのならばこんなに嬉しい事はありません。

しかし、「自分なりの復縁活動で出来る事はすべてやってみた」、と言うことと、「自分での復縁の可能性は全くなくなった」という事は、大きく相違するということを理解してもらえればと思います。

自分なりに復縁したい相手の気持ちを優先しながらも、自分の復縁という気持ちを遠まわしに伝える事で、復縁したい相手に感じてもらう行動を行うわけです。復縁したい相手とすると、相手なりの気遣いには感じてるわけですから、悪い感情というものは特に感じられません。しかし、復縁は考えていないということなのでしょう。

前者の行動を考えてみると、復縁したい相手の気持ちは今はまだあなたには向いていない事がわかります。復縁したいのはあなたであって復縁したい相手にはその感情を今はまだ持ち合わせていないのでしょう。しかし、復縁を望む方に対しての感情はそう悪いものではないと推測できますよね。復縁のプロである復縁屋の手法を用いれば、復縁する可能性は高いのでは?と考えられます。

復縁したい相手に対し、自分なりの復縁の為のアプローチをしてみたけれども復縁まで結びつかなかった、ということと、復縁には間逆である間違った行動を復縁したい相手に繰り返してしまって愛想を尽かされた、という事は天と地の差があるくらい違うという事です。

復縁はできなかったという結論は同じなのですが、その過程が決定的に違っていることを認識して頂く事がとても大切です。さらにいえばその過程の違いというのは、復縁出来る可能性にも大きく関わってきます。

では後者であればどうでしょう?元々、破局を迎えるキッカ原因などは、ご自身の考え方が決定的に復縁したい相手には受け入れられる事が出来なかった、その上で復縁したいという一心で、復縁したい相手の気持ちを全く考えることをしない身勝手な行動とり、復縁したい相手には憎悪や、恐怖まで与えてしまうといった取り返しのつかない行動パターンです。

このような後者の歪んだ考え方、行動に関しては、実際に復縁したい相手に対し復縁を求める前に必ずやらなければならない事があることがありますよね?ご自身の考え方を抜本的に変えていく事が必要だと言う事です。

自分なりに復縁出来るように努力したと言われても人によって復縁活動の考え方や方法は全く異なります。

ある程度正しい方向で進めていたのであれば復縁屋に復縁相談をして頂ければ解決できることも数多くありますが、間逆で全く間違った方向に行動をとってしまえば、復縁屋の協力以前の問題になります。

確かに復縁を強く望む人の最終的に助けを請う場所は復縁屋であると考えますが、復縁屋に相談する前の行動に問題があったとするなら、弊害が出てくることになりますので復縁屋でもサポートができない事も多々出てきます。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、復縁したいと望む人にはなるべく早い段階での復縁相談をお勧めします。

復縁の可能性が残っている段階で、間違った考えのもと、間違った行動を繰り返してしまい復縁の可能性を潰している人も多々いらっしゃいます。

復縁屋に復縁相談する事に抵抗がある人も多いことでしょうが、復縁したいという気持ちが強ければ強いほど、その為の正しい最善の行動を選択しとるべきです。

■⇒素行調査・復縁調査・浮気調査

■⇒自分の事は棚に上げる人