お部屋を片付けなければ、生活はし辛いですよね。

同じく、身辺を整理しなければ、復縁もし辛いです。

整理をすることは、現状の認識にも繋がります。

今の自分を見つめ直し、認識なさっている現状を改善しなければ、どれだけ調査や復縁工作を重ねても、復縁は難しいです。

復縁に取り組むには、まずは整理をし片付けるところから

改めて自分の状況や気持ちについて考えるのは、楽な作業ではありませんよね。

しかし、それをしないまま乱雑な気持ちで復縁に取り組んでも、何も改善していないどころか更に荒れた気持ちでお相手様に接することになり、いざ再会したときにがっかりされてしまう危険性があります。

復縁の機会というのは、そう何度もあるものではありません。

それは、例え弊社に依頼なさったとしても、です。

もしかすると、そのチャンスはあと一回しかないかもしれないというレベルでお考え頂いてもよいでしょう。

数少ないチャンスを確実にものにできるように、いつそのチャンスが訪れてもいいように、復縁に備えて心の準備をしておきましょう。

状況や気持ちの整理は、そのときのための下準備として、必要なものです。

今の状況の整理

復縁したい』と思いつつ、自分の状況をまったく整理できていない方が、多くいらっしゃいます。

例えば「無職である」というものが最たるもので、ご相談頂く方に大変多いのですが、果たして無職の相手と復縁したいと思ってくださる方は、どれほどいらっしゃるでしょうか?

決して0とは申し上げませんが、復縁してからの将来を見据えた場合、必要以上に自分に寄りかかられるリスクがある無職の人と復縁しようと思う人は、少ないのではないでしょうか。

復縁したい』と思う気持ちは大切で、それについて強く決意することは、とても大切なことです。

大切なことではありますが、「自分と復縁して相手にどのようなメリットがあるか」を、きちんと考えましょう。

人付き合いはメリット・デメリットのみで語れるものではありませんが、少なくとも、無職であることはデメリットになりこそすれ、メリットになる場面はほぼないのではないかと思われます。

先に挙げたように、復縁のチャンスというのは何度もたくさんあるものではありません。

チャンスを無駄にしないように極力デメリットをなくしておくことが、復縁成功の確率を上げるものになります。

気持ちや考えの整理

お客様とお相手様、お二人が復縁した先に何があるでしょうか。

付き合いを継続し、将来的には結婚を…というヴィジョンをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結婚に至るためには、たくさんの障害が存在します。

離別もそのひとつです。

それらの障害に対し、いちいち揺らいで慌てたり、焦ったり、周囲が見えなくなって暴走してしまうようなメンタルでは、復縁をしてもまた何かの機会でお相手様から「やっぱりこの人との先は見ることが出来ないな」と思われては、仮に弊社を利用し復縁したとしても、意味がありません。

復縁に取り組むための時間を利用し、自分のメンタルを落ち着かせましょう。

これが、ジースタイルが薦める正しい冷却期間の使い方となります。

例えば相手の浮気を疑って、そんな事実はないのに必要以上に攻め立て、それのせいで離別してしまったとしましょう。

今回は復縁できたとしても、今後また同じように根拠なく疑ってしまっては、「またか」とお相手様をがっかりさせてしまい、離別を繰り返してしまうかもしれません。

以上は例えではありますが、この例のようにならないようにするためにも「自分の何が悪かったか」について改めて、また落ち着いて考え同じ過ちを繰り返さないように、気持ちや考えを整理しよう。

この整理は、改善とも呼べるでしょう。

このような改善がなければ、真の意味での復縁はし難いものとなります。

まとめ

闇雲に『復縁したい』と思い行動するだけでは、復縁はできません。

きちんと順序立てて、復縁までの道筋をイメージしそれを現実のものとすることが、成功へと繋がります。

それは仕事などと同じくで、仮に仕事でしたら確かに見切り発車でもうまくいくものもありますが、それはあくまで相手企業と「成功させたい」との共通意識があるからできることであることを、忘れてはなりません。

現状『復縁したい』と思っているのはお客様だけなのです。

だからこそ、綿密に計画を練る必要がございます。

計画を立てるためには、様々なものを整理し、使える手段はどういうものがあるのかを検討せねばなりません。

今の自分の状況や気持ちの整理は、そのためにしなければならないのです。

その整理の手段や、計画の部分においては弊社がしっかりサポートさせていただきますし、復縁工作においても十二分に行動いたしますので、復縁についてお悩みで、選択肢として工作をお考えのお客様は、是非一度お電話をいただければと思います。

何度もLINEをしてしまう方は、ぜひお読みください

LGBT、セクシャルマイノリティーの復縁について