復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。

復縁したい人がやってはいけない事があるのはこれまでに再三書いてきたと思いますが、それでも復縁相談してくる方は自身の欲望というものだけで、復縁したい相手に接してしまうようです

人って必ず誰でも欲というものはもっています。

しかし、復縁したいと望む人が、欲望のまま突き進むことで復縁には大きな障害となることになります。

当然、やりたい事をするのはその人の勝手なんですが、復縁を望む人はそれがやってはいけない状況なのか?をしっかりと認識する必要があるのではないんでしょうか。

まず多いのが、別れというものを目の当たりにした際に、復縁したい相手に縋るような言動をとってみたり、何度も電話やラインをしてしまったり、復縁したい相手の職場、自宅に押し掛けるといった行動をとってみたり、一方的に泣いたり怒ったり、復縁したい相手の気持ちはないがしろにして自分の感情だけを押し付け、等やってはいけない状況にもかかわらず自分の欲や思いを優先した結果、別離という結果を招いたのではないんでしょうか。

冷静に判断できる状況であれば、誰でも理解できることにはなるのでしょうが、別れを切り出された人に関しては冷静になることはできませんし、こういいうことが理解出来ておらず自分の欲を優先して失敗しているという方が復縁を望む人なんです。

恋人の関係を解消したにもかかわらずこのような欲望のまま突き進むと、ストーカーと化します。復縁したい相手からは本気で距離を取られてしまうはめになり、復縁するどころか、間逆の方向へと進んでいきます。

自分自身の何がいけなかったのかをしっかり理解出来ていないのに復縁を強く望んだり、別れてしまった原因を改善もせず復縁を望む、復縁したい相手の気持ちを考えることなく復縁を望む、等のやってはいけない状況にもかかわらず自身の欲や思いを優先したことで復縁したい相手としての対象になってしまったのではないのでしょうか。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルには、絶対に復縁すると強い意思をもって、自己改善に取り組んでいる人はたくさんいますが、どうしても弱い自分がでてしまう方も少なくありません。復縁工作別れ工作などの工作作業も復縁するためには必要ではありますが、復縁したい相手の気持ちをもう一度取り戻すには、復縁を望む人が改善をし、復縁したい相手に認められる存在になることで復縁するためには最低限、必要不可欠な事なんです。

別れてしまった原因に気付いていない、理解出来ていない、改善出来ていない、という状態で復縁出来ない状況ならば、自分自身しっかり努力し、復縁するための最低条件を整えてから復縁にむけて進むしかありません。

これらの事を復縁したいと望む人にはしっかりと理解していただきたいと思います。

今やるべき事なのか?やるべき状況なのか?
今やるべきことは?やるべき状況とは?

という事をしっかり熟慮しなければいけないという事です。

復縁したいからと、自分の欲望を優先させる事をすることでそれに対する覚悟は持つべきです。復縁したいと望む人にとっては復縁することができなくなるという事です。こういった結果を招かない為には欲望を優先するのではなく、的確な状況判断をすることが必要になるのです。

■⇒ラインの返事がもらえない理由

■⇒復縁の為の付加価値の付け方