復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

先日いただいたご相談に下記の様なご相談をいただきました。

数年前に婚約者と結婚が破談になり、弁護士を入れて慰謝料請求をしました。慰謝料はしっかりともらって時間が経ったから復縁したいんです。

先日ラインを送ったら返してくれました。どうしたら復縁出来ますか?

というご相談でした。

状況が分からない為、ヒアリングをさせていただきます。

この場合、何が結婚が破談になった原因か?という事を真っ先にお伺いさせていただきましたが、性格の不一致が原因で結婚が破談になったという理由でした。

性格の不一致であればお互いに問題があるのですから、弁護士を入れて慰謝料請求をする時点でおかしいのでは?という疑問が出てきます。

その為、性格の不一致でお互いに問題を抱えているのに何故相手の方だけが慰謝料を支払うのですか?という質問をさせていただきます。

すると返ってきた答えが「私が傷ついたからです。」という答えが返ってきました。

お互いに問題を抱えているのに自分が傷ついたから慰謝料を請求したのであれば相手の方も請求する権利がありますよね?という質問をさせていただくと、「私の方が傷ついたから私が払う必要はありません。」という回答が来ます。

そして続けざまに「それよりも何て返信すれば復縁出来ますか?」という事を仰られます。

この人が復縁出来る可能性はどの位あるのでしょう?正直復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの相談員は復縁工作をしようと本人が自分勝手すぎる所を直さなければ復縁出来るとは思えません。

自分の都合ばかりで行動している人が相手にお金を請求して、お金をもらっておいて、数年経ったら復縁したい。

仮に復縁したとしても、また復縁する際に結婚が…という言葉を相手に伝えれば、また結婚出来なければ慰謝料請求されてしまうかもしれない…と思われると思います。

その為、相談員はこう答えます。

復縁したいならまずは慰謝料でもらったお金を返した方が良いのではないですか?」

しかし、その相談者は「もう使っちゃったからありません。何年も前のお金が残ってる訳ないでしょ」という事を仰います。

性格の不一致という双方に原因があるにも関わらず方的に傷ついたと主張する自分に慰謝料をくれて、そのお金が無くなったからもう一度復縁したいと思っていると伝えて誰が復縁したいと思うのかサッパリ分かりません。

お金が欲しいんですか?それともその人と付き合いたいんですか?というと付き合いたいに決まってるじゃないですか!!と言葉を荒げてお答えされます。

これが普通だと思っている人が復縁出来るとは到底思えませんし、仮に復縁成功したとしても復縁したい相手の人を不幸にするのではないか?という内容の復縁について弊社がご協力出来る事はありません。

この内容を読んでいただき、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの相談員の言ってる事は間違っている。と思う方がいらっしゃるのであれば弊社に復縁相談しようとはしないで下さい。

あなたは何も困っていません。

困っているのは結婚出来ない事への焦りやお金がない事への焦りで決して復縁への悩みではありません。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイル復縁したいという悩みを抱えている人をサポートする会社であって、結婚相談やお金で困っている人をサポートする会社ではありません。

そういったお悩みを抱えている方は弊社にご相談に来られるのではなく、役所にご相談に行っていただいた方が自分の為になるかと思います。

復縁したいと純粋に悩みを抱えている方のみご相談いただければと思います。

■⇒年表で破局の理由を考える

■⇒復縁したい相手の悪口や愚痴を言う人