自分は頑張っています!!復縁したい為に死に物狂いでやっています!!!という人は本当に頑張っているのでしょうか?

もちろん本人なりに頑張っているつもりはあるのだと思います。

しかし、復縁屋の立場としてお伝えさせていただきますと、得てして自分は頑張っているという人に限って頑張っていない…という傾向が強く、第三者の私達が聞いているだけでも何をどう頑張っているんだろう?と思える所が多々あります。

お客様が本当に分かってもらいたいと思う相手は復縁したい相手であって、復縁屋の私達ではない!!という事も良く分かりますが、お客様の状況を知らない私達に自分が如何に努力をしているか?を伝えて全く伝わらないのであれば、それは復縁したい相手に伝わる事なのでしょうか?

自己改善の方法というモノは様々あり、見方によっては自己改善しようとしているのだな…という事もありますが、見方によっては全く努力をしている様には見えないモノもあります。

努力している内容を〇〇だから自分は努力をしているんです。××だから自分は自己改善して復縁したい相手に振り向いてもらえると思うんです。と、説明しなければ分からない様な努力というモノは本当に努力なのでしょうか?

復縁したい相手に「自分は〇〇して復縁したい相手に好かれる為に頑張っているよ!!」という言葉を聞いた時、復縁したい相手は本当に私の為に頑張ってくれたんだな!!!復縁しても良いかな?と考えてくれるでしょうか?実際に復縁成功者を続出させている復縁屋ジースタイルとしては、そういった努力を相手に口頭でお伝えしている内は復縁したい相手に自己改善された部分は全く伝わらないという経験がある為、復縁したい!自分は努力をしている!!何でその努力を分かってくれないんだ!!!という方に限って復縁は出来ないという事を知っています。

努力している姿勢というモノは第三者から見てハッキリと分かるモノです。

第三者から見て努力をしていないな…という方に対して復縁に向けて努力していますね!!という事を復縁屋の立場であればいう事は出来ません。

努力しています。私は頑張っています。自分は復縁の為に…と仰っている時点であなたは復縁の為の努力を本当にしているのかどうか?

努力というモノが何なのか?という部分から考える事を始めなければ到底復縁に行きつく事はないという事をご理解いただきたいと思います。

努力していない人に対して努力していますね!と間違った方向にアドバイスする事は優しさとは言いません。

本当に復縁したいと考えている方に対して厳しい態度で接するからこそ目的を叶える為の一歩を踏み出すと復縁屋ジースタイルでは考えています。

自分は頑張っている。復縁に向けて努力をしている。これらが本当に努力をしているんかどうか?そして、同じ言葉を復縁したい相手に言えるのかどうか?自分自信に聞いていただきたいと思います。

 

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

どの様に復縁したいと伝えれば復縁出来ますか?

復縁工作は何をするのか?復縁したい人へ