復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

特別な時間を感じてもらうというのは一緒にいて楽しい、一緒にいて癒される、空気の様に当たり前にいる事が心地良い時間となり、それを提供できる人物が特別な存在である恋人、夫婦になります。

しかし、特別である事が当たり前になり、特別な存在が特別ではなくなってしまう「慣れ」という習慣が人にはあります。

当たり前の事が当たり前にある事に感謝しながら生きる事が出来る人は中々いません。

当たり前の事は当たり前で、便利な物も当たり前である為に不便を感じ、もっと欲求を満たす為に貪欲になってしまうのが人という生き物です。

特別な物は時として不便を感じるからこそ当たり前の事に感謝します。

空気の存在も水の存在も当たり前にある事に感謝しながら生きるのではなく、なくて困った時に必要としている事に気づきます。

大切な人から別れを切り出されたという事は相手にとってあなたは空気や水の様に当たり前にあった存在になり、なくても困らないものとして認識されている事があります。

振り返った時に復縁したい相手との関係が居て当たり前、あって当たり前、傍に居るのが当たり前だと認識していませんでしたか?

いつか離れてしまうかもしれない、いつかこの時間がなくなってしまうかもしれない。

そういった危機感を持って接する事は出来ていましたか?

当たり前になり過ぎてしまい、その当たり前が自分自身で公害を作り出し、自分で自分の首を絞めているという事に気付いていたでしょうか?

自分で自分の首を絞めている事に気付かず、永遠にこの時間が続く…と錯誤して特別な存在である人との関係がいつの間にか当たり前になっていませんでしたか?

別れには原因があり、その別れの原因をいつまでも直さないという事は危険な状況を作っている自らが原因であるにも関わらず、自分の存在を汚したままに相手に与えていたという事です。

復縁を望むという事は相手の環境に合ったなくてはならない物への変化という事であり、同じ水でも水道水とミネラルウォーターとは異なり、更に軟水、硬水、水の味と異なる様に相手の好みに合わせた、特別な存在にならなくてはなりません。

相手が水道水を好んで飲むのに対して自分はミネラルウォーターになろうとしても相手が望むものとは異なります。

世間一般で特別な存在になろうと、復縁したい相手からしてみれば特別な存在ではなく、相手が望む方向に進むからこそ復縁したい相手は関係をもう一度考え直して下さり、特別な存在としてもう一度見てみたい…と思います。

方向性の違い、そして自分自身の味を自分で気付く事はとても難しく、自分はどういう人間なのか?自分がもっと魅力的な人になりたい…そして復縁を目指したい…と自らを客観的に見る事が出来る人は稀です。

方向性を間違えてしまい、相手が望むものではなく、自分が望むものに進んでしまう人はとても多く、自分が望む人になろうと進めば復縁とは方向性が異なり自己満足の自己改善へと進んでしまいます。

自分の理想を目指して進む人には志があり、それはそれで人としての魅力を持った人物と言えますが、不特定多数に自分を良く見せる為であれば構いませんが、特定の人物に自分を良く見せるのであれば必ずしもそれが上手くいくとは限りません。

何故なら復縁を目指す場合、自分が良くなっていると思う事と同時に復縁したい相手はマイナスのポイントも気付いており、マイナスポイントを少なくともゼロに近づかせながらプラスポイントを伸ばすようにしなければプラス、マイナスの帳尻が合わず、復縁してもいいかもしれない…と思ってもらう事は難しくなります。

マイナスをゼロに近づかせてプラスを更に伸ばす事で人としての魅力という部分において別人のようになる事が出来、それが功を奏した場合に関係をもう一度気付いてみても良いかもしれない。と思ってもらう事が出来ますが、一人で復縁を目指す人の多くはプラスを更に伸ばす事やマイナスをゼロにする事に終始し、自己改善という復縁を目指す上で絶対的に必要な事を誤解してしまいがちです。

自己改善の仕方に関して自分の知りたいだけを調べ、嫌な部分に関しては見てみないフリをし、やれば出来る事や、やれば復縁の可能性が大幅に上がる状態にも関わらず正しい自己改善を行える方は少なく、方向性を間違えてしまったままに復縁したいと縋りつき自らで可能性を潰してしまっている人は沢山いらっしゃいます。

復縁したいから自己改善

この言葉は復縁したい人も復縁業界で仕事をする人も誰もが知っている言葉ですが、肝心な自己改善の仕方に関して正しい解釈をしている人は少なく、自分が努力していると思い込んでいれば自己改善をしていると錯覚している人ばかりです。

自己改善をきちんとしている人は周囲からも最近変わったねという言葉や以前と全然違うという言葉を受けますが、自分でやっていると思い込んでいる人は「最近自分は変わってきたと思わない?」と自分で自分を褒める事に終始します。

自己改善の仕方が正しく行う事が出来れば自分自身で気付く事もありますが、変化の評価をしてくれるのは自分ではなく、他人である事に気付き、他人から評価をもらう事で自分自身に自信をつけることが出来、その相乗効果で更に自分を変える事にも繋がります。

その正しい自己改善が出来て初めて特別な人が特別な目線で見てくれる事にも繋がりますが、正しい自己改善が出来ていない人はいつまで経っても特別な人から特別な視線を送られる事なく、更に言えば特別な人ではない周囲の人達からも何も変わらない人物としてしか見てもらう事が出来ません。

復縁したいと本気で考えるのであれば正しい自己改善の方向性をもう一度考えてみて下さい

■⇒出会いがあるから別れがあるは復縁の為の言葉

■⇒復縁したいけどどうにも出来ない時は…