復縁失敗する人と復縁成功する人の違いを考えた事がありますか?

復縁失敗する人は自己改善をすると言いながらも自己改善をする際に自分を曲げる事が出来ず、自分を曲げる事が出来ない為に、自分の事を棚に上げて相手のミスをつつこうとします。

例えば、自分は勿論反省しているけれど、復縁したい相手にも悪い所がある。と自分の非を認めている「つもり」になり、実際は自分の非を認めないという事を心の底に持っています。

恋人との関係なんだから自分だけでなく、相手も変わってもらわなければ…と復縁して下さいとお願いする立場にも関わらず、相手の変化を求めます。

相手が変わらなければ復縁は難しい…と考え、結局の所自分自身を変える事から目を背け、自分を変えようとしなければ復縁に至る事はないにも関わらず自分を曲げない為に言い訳ばかりを募らせて、相手の変化を求めようとするのですが、これが大きな間違いである事に気付かなければ復縁は遠くなるという理由を理解しようとしません。

あなたに魅力がないから相手が変える必要がない

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したいを現実に

まず前提として復縁という問題は「復縁したい」と考える人と「復縁なんて考えてない」という考えの元に進むという事を忘れてはいけません。

相手にしてみれば「復縁なんて考えられない程、あなたに魅力がない」と思っているのですから、あなたに合わせる必要はない。

つまり、「あなたの為に何かを変える必要がない」という前提条件がある事を忘れてはいけません。

人が人に恋をする時、その人の魅力に取りつかれて恋をします。その人の魅力に取りつかれた人は、その人に自分を見てもらいたいと努力をするのであって、魅力に取りつかれた相手に「自分のレベルにまで降りて来て下さい。」と伝える事はありません。

何故なら、魅力のないあなたのレベルの所まで魅力のある人がワザワザレベルを落とす必要はなく、レベルを落としてまで付き合いたいと思う相手ではない為、自分を変える必要性はないのです。

復縁したいと言いながらも「相手も悪い…」「相手も妥協しないといけないんです。」と仰る人は自分の立場を弁えもせず相手に自分のレベルにまで降りて来いと言っている事と変わりません。

カップルという状態や夫婦という、せめて対等の立場であればまだしも、復縁したいという状態は少なくともカップルや夫婦という状態とは異なります。

いつまでも付き合っていた当時や夫婦であった時の様な気持ちで相手にも妥協を求めていれば、当然復縁したいと相手が想ってくれる事もなく、復縁したいとお願いしている立場だという認識がない為に復縁したいと悩み、復縁相談に来られる人のほとんどが何時までも付き合っていた当時や夫婦であった時の感覚で物事を考える為に復縁が上手くいかないという事を忘れてはいけません。

自分は変えているのに…

復縁したいから行動したい…復縁相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

自分は自己改善を頑張って復縁に向けて努力している!!!と思い込んでいる人の特徴として、その独りよがりの考えだからこそ別れに繋がり、今現在復縁したいという状況に陥っている…という事に気付いていない。という特徴を持ち合わせています。

復縁したいから自分は努力をしている!!!と考える事が出来ているのであれば、今別れているという状態に陥っていません。

今別れているという状態は付き合っていた当時には気付かなかったけど別れて自分を見つめ直して気付いた事がある…と、付き合っている当時、夫婦関係があった時と何ら変わりなく自分本位に相手が望むのではないか?と自己満足をし、復縁の為に頑張っている自分をただ褒めたいという人が多く、相手の気持ちを汲む事が出来ていたのであれば…相手の気持ちを汲む能力があったのであれば…何故今別れているんだろう?という問題の根本の部分に気付かないで復縁したいと仰る人はとても多く、相手の評価や他人の評価というものに一切目をくれず、何時まで経っても自分が間違っているという事に気付く事がありません。

ハッキリ申し上げまして、自分は頑張っている…と自分で思っている時点で無駄な努力であり、元々自己改善が出来なかった人が復縁という目的が出来たから出来る様になった。もしくは成るといった事は100%あり得ません。

何故なら自分を客観視出来ていない為に自分は変わっている…と自己満足をするだけで、自己満足以外の何物でもない為に他人からの評価を冷静に見る事が出来ません。

冷静に見る事が出来ていない自分本位の努力を誰が評価してくれるのでしょう?復縁したい相手があなたの事を見てくれますか?あなたが努力して改善したね!と言ってくれますか?それを言ってくれるのであれば別れている事もなく、復縁したいという状況に陥っていないのです。

復縁したいという状況はあなたに三下り半を突きつけている状況です。そんな三下り半を突きつけている相手が自己改善をしました!!!という状態で、どうやって自分を変えた姿を見せようか?と悩む前に「あなたは何も変わってなく自己改善した!」という姿を見せた所で復縁出来る事はありません。

自分を曲げていると思い込んでいる人は致命的

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

自分は復縁したいんだから相手に合わせるのが当たり前…自分を曲げている…と思い込んでいる人は致命的で復縁は叶わないと言えます。

自分を曲げていると信じ、相手の納得できない部分を納得したフリをし、問題の根本である部分を見ようとせずに自分は正しい方向に進んでいる…と思い込んでいる人が復縁に繋がる事はありません。

復縁工作をしていて気付く事

復縁屋は復縁工作と言う形で対象者(復縁したい相手)に接触します。

その接触の際に復縁したい相手から聞き出す話の多くは「あの人は直す直すと言いながら結局何も変わらない」という言葉を良く耳にします。

この記事でも書かせていただいていますが、結局の所相手の目線に立って自己改善をしない事や相手の目線ではなく自分本位な行動や相手が嫌がっている事に気付かずに別れを経験しているにも拘らず、復縁したいという状況の際に再度同じ事を繰り返し行おうとしている事には気付いていないという事に復縁会社の立場から言わせていただきますと気付きます。

その為、工作の依頼を請ける際は自己改善は絶対に必要不可欠である事をお伝えさせていただいていますが、自己改善をどの様にすればいいか?という事に気付いていないという人が多くいらっしゃいます。

それであれば1人で復縁を目指す人の8割以上が復縁を諦める、若しくは復縁出来ない状況に陥っている事も分かりますが、そういった事をお伝えさせていただいていも都合の悪い部分は耳を塞ぐといった人は大変多くいらっしゃいます。

都合の悪い部分に耳を塞いでしまうという行動は嫌な事から逃げ出すといった復縁に向かっていない状況を見てみぬフリをしている事と変わりません。

都合の悪い部分に対して耳を塞ぐような人が復縁したいと相手に伝えた所で復縁出来る訳もなく、そういった事からも一人で復縁を目指す人の大多数が復縁を諦める状況になってくるという事を復縁工作を行えば気付くのです。

自分を曲げない人は何が大事かを考えなければ復縁出来ない

復縁したいと本気で考えるのであれば自分を曲げない事や嫌な事から目を背ける事、聞きたくない事から耳を塞ぐ事よりも復縁したい相手と本当に復縁したいのか?そして何が大事なのか?という事を考えなければなりません。

大事なものは復縁したい人なのか?それとも自分自身のプライドなのか?自分が今以上に傷つく事が嫌なのか?一番大切なモノは一体何でしょう?

復縁工作会社ジースタイルは本気で復縁したいという人をサポートさせていただく事が出来ますが、厳しい言葉から逃げ出してしまう事や自分を曲げず、相手に妥協を求める様な人の復縁をサポートさせていただこうとは考えていません。

今復縁出来ていない…という状況から復縁したいと言いう言葉を出される時に本当に1人で復縁に向かう事が出来ると思われているのでしょうか?

以前に出来ずに別れを迎えた人が、別れた途端にシッカリと自己改善をする事が出来るとお思いでしょうか?

もしも、あなたがそれでも出来るというのであれば、この記事に目を通している事もないかと思いますが、それでも1人で復縁を目指すというのであれば根本的な部分が絶対的に間違っているという認識の元復縁を目指す事をおススメします。

本当に大切なのは復縁したい人と復縁する事が目的だと思いますが、何が本当にあなたにとって大切で、何が重要なのか?を再度考えていただき復縁を検討していただくのが適切ではないかと考えていただく事を忘れない様にして下さい。