復縁相談をされる際には様々な方からのご相談を承りますが、自分を過大評価される方も中にはいらっしゃいます。

彼女(彼氏)は…と別れを切り出されたにも関わらず、自分はこんなに尽くしているのに…自分は凄いのに…と自分のしている事の過大評価をし、自分を大きく見せる様に話してくる相談者の方がいます。

ヒアリングをさせていただく立場の私達からしてみれば「そんなに良く頑張っている人ならフラれていないんじゃないか?」と思い、その旨を伝えているのですが、理解をされない方がいらっしゃいます。

そしてその理解をされない理由というのは「相手が悪いから…」という方向に考えられ、「自分は悪くない…」という方向に進みます。

自分は悪くなく、相手が悪いと考えたままであれば、そもそもの話し上記でも書きましたがフラれる事はありませんし、今現在復縁したいという気持ちを持つ事自体がありません。

復縁したいと考えるからには何かしらの原因があり、何かしらの原因を改善していこうという姿勢がなければ復縁に辿り着く事はありません。

自分を過大評価する姿勢を崩さなければ相手の悪い部分ばかりに目がいってしまい、自分に非があったとしてもそこに気付く事はありません。

自分に非がある事に気付かなければ改善の余地はありませんし、自分の非に気付くからこそ復縁したい相手からも再度好意を持ってもらう事が出来ます。

例えば浮気をされた事が原因で別れに繋がったカップルがいます。

復縁したい相手は浮気相手との関係を続けていくいかないにしても、浮気をした事実のみを考えてみれば浮気をされてしまう程に魅力がなかったという事に気付かなければなりませんが、自分を過大評価してしまう方は自分は尽くしていたのに…自分は結構モテるはずなのに他の異性にいかれてしまった…とその部分だけしか見る事が出来ません。

浮気されてしまった…という事実の裏にはその原因というものがありますが、自分には非がないと考えていれば事実の裏側にある問題点に気付く事はありません。

事実の問題点に気付く事が出来なければ、そこから復縁に向けて進んでいく事はありませんし、問題点が分からなければ復縁したい相手は問題点のない別の相手に向かってしまう可能性が大きくなってきます。

自分を過大評価してしまう方の多くはいつまでもその場で足踏みをしている事と変わりません。

いつまでもその場で足踏みをしている間に復縁したい相手は常に成長していきますし、その成長に追いつく事が出来なければ別れた時よりも更に魅力のない人になってしまいます。

魅力のない人との恋愛をしたいと思う人はいませんし、魅力のない何もメリットのない相手との連絡も疎遠になってしまいがちです。

別れた時には確実にある別れの原因というモノに気付く為には自分を過大評価し、自分には非はないと思ってしまう事だけはやめなければなりません。

自分の置かれている状況に気付く事が出来て初めて復縁への一歩を踏み出す事が出来ますが、その一歩を踏み出す為にはご自身のおかれている状況、自分自身の事をもう少し客観的に見る事が出来なければ、たったの一歩も踏み出す事が出来ません、

現実を見る事が出来て初めて現実的な行動に移す事が出来ますが、現実的な行動を起こす事が出来なければ何も始まらないという事に気付き、復縁したいのであれば自分を過大評価しない様にして下さい。