復縁の為に自己改善は必要不可欠です。

必要不可欠な自己改善を行った後は復縁したい相手にその自己改善の成果を見せなければ復縁に繋がる事はありません。

復縁したいというのであれば悪い所の改善、良い所を伸ばす。これらは必須事項になりますが、この必須事項をクリアした後はその成果を見せる時が来るのです。

沢山問題を解いて自分の理解を深めた後は試験という状態が自己改善後の事になります。

練習問題を解かずにテストを受けた所で解き方も分からなければ何が正解か何が失敗かも分かりません。

練習問題を解いて初めてテストが出来る様になります。

テストを受けに行く時、自分が今まで頑張っていた事を全て出さなければなりませんが、受験等と違い、復縁の為のテストとは答えを書くだけではなく、自分でこの問題が解けたという事を伝えてはいけないという事が難しい部分でもあります。

別れた時に言われていた事を直した、気付いたからもう一度復縁して欲しい。

自分の良い所を伸ばしたから復縁して欲しい。

自分で自分の長所短所を復縁したい相手に伝えた所でせっかく改善した部分を復縁したい相手に見せた所で効果は薄まってしまいます。

自分で言うのではなく、復縁したい相手が見れば気付く様な形を取らなければなりません。

しかし自己改善を怠る人、自己改善の手抜きをする人は簡単に気付いてくれる方法を模索します。

その為、自ら復縁したい相手に自分が変わったという事をアピールしてしまい、自らアピールしたものを相手が素直に受け取ってくれずに「何も変わっていないよね」という判定をされてしまいます。

自分が変わったという自信もなく、自分がやって来た事に自信がない為に復縁したい相手は気付いてくれないのではないか?復縁したい相手は分からないのではないか?と相手の所為にしてしまい気付いてくれるチャンスすらも棒に振ってしまいます。

人から評価されてこそ自己改善は出来ているという認識を持たなければならないのですが、自分が出来ているという自信がないからこそ出て来てしまうのです。

自分は変わってますか?

そう自ら聞いている間は復縁したい相手に会いに行くべきではありません。

周囲の人の声が「以前と違うね」という声を掛けてくれるからこそ自分の自信となり、自信を持って復縁したい相手に会いに行く事が出来ます。

復縁したい相手があなたの事を変わったね。と思ってもらえる自信を持ったなら会うキッカケを作り、変わった自分を品定めしてもらいましょう。

■⇒復縁のキッカケ作りの前に…

■⇒復縁したいときのアプローチ