自己改善の始まりや終わりについていつまで頑張れば復縁出来るんだろう…?と考えられる方もいらっしゃるかと思います。復縁する為に自分を磨き上げるという事について書いてありますので参考にしていただければと思います。

復縁の為のイメージ回復とは?

復縁したい相手のイメージを回復すれば復縁に繋がるのでは!?という考えはあながち間違っていません。

悪いイメージを回復し、良い印象を残しさえすれば復縁出来る…

よし頑張ろう!!

でもどう頑張ればいいんだろう?

となり、実際に復縁に向けた行動を起こせません。

考え方は悪くないのですが、いざ実践しようとすれば何をすればいいかが分からず、復縁を考える方の多くはこの部分で躓き、結局は復縁に繋がりません。

仮に努力する方向に気付いたとしても、その努力を見せる術を持たずに復縁までに至らないというケースも多いのですが、まずはイメージ回復の努め方を知らなければ復縁に繋がる事はありませんから、先の問題は後々解決し、今できる事から始めていきましょう。

悪いイメージを払しょくするには?

悪いイメージを払しょくし、復縁に向けて進みたい!!でも自分の悪い所ってどこだっけ?という状態ではイメージ回復には到底及びません。

悪い部分が自分でも気づいていなければ直す事が出来ませんし、まずは自分の何がいけなかったのか?という事を相手の立場に立って考えていかなければなりません。

何時も言われていた事や嫌がっていた事、復縁したい相手の事を考えればそれらが浮かび上がって来ると思います。

そういった悪い部分に気付く事が出来なければ改善の余地はなく、改善の余地がなければ別れに至り、復縁したいという想いを持つ事すらありません。

他の人からしてみれば良い部分も復縁したい相手からしてみれば悪い部分であった…という事は多々あります。

例えば接待で接待先を喜ばせていても、家で帰りを待っている相手がいれば誰かを喜ばせている代わりに誰かに犠牲になっているという事もあるのです。

復縁したい相手が何を望み、自分は他の人には喜ばれていた部分があっても復縁したい相手には嫌な思いをさせていた。

こういった部分が見つかるのであればスグにでも直していかなければなりません。

良い部分のイメージをより良いモノに

少なくとも何かしらの良い部分がなければ付き合いが始まり、別れに到り、復縁したいという流れになる事はありません。

復縁したい相手にとって何かしらの良い部分があったからこそお付き合いが始まり、今現在復縁したいという気持ちを持たれているのです。

どの部分が相手にしてみれば良い部分であり、その良い部分を別れるまでの間、少なくとも維持できていたのか?それとも維持する事が出来なかったのか?復縁を考えるのであれば過去を振り返り、今現在と過去を照らし合わせる事はとても重要でなので、良い部分をより良いイメージを与える様に自分自身で考え、その部分を伸ばす努力をする事で復縁への足掛かりとなる事があります。

自己改善を周囲の人にチェックしてもらう

良い部分や悪い部分の改善が出来て来たと思うのであれば、そういった部分を実際に口に出さなくても判断してもらう事が出来るかどうか?周囲の人に確認してもらう事も重要です。

自分はやる事はやった!!

という思いは自己満足で終わっている事が多く、周囲からしてみれば全く何も変わっていないにも関わらず、自分はやった!と満足感を出してしまえば、復縁したいと伝えた所で見向きもされません。

自己改善を行い、周囲の人にチェックしてもらう事は自分が行ってきた努力を模擬テストの様に判定してもらう事でもあります。

自ら自分は変わったと思うけどどうかな?

という事を言わなくても、実際に変わった部分があるのであれば周囲の人は気付き、「なんか前と変わったね」という言葉をもらう事が出来ますが、自己満足で終わっている方の多くはそういった言葉がないにもかかわらず自分は変わったと自分から言い出し、どこが変わったのかサッパリわからない…と言われてしまいます。

周囲の声は復縁したい相手とは異なりますが、それでも変化が見える様であればそれなりに変わった自信を持つのは構いませんが、周りから見て、そういった変化が見られないのであれば、自分は努力している!とは思わない事が重要です。

自己改善が終わったら…

自己改善が終わったのであれば、変わった自分を相手に見せる事で復縁に繋げていかなければなりません。

ここで注意しなければならないのは、周囲の方から変わったね!と言われた事で満足をし、それ以上の変化を求める事を止めてしまい、また元通りの自分になってしまう事です。

自己改善というモノは復縁する前も復縁した後も続けていく事で意味があり、続けていく事で復縁した後も良好な関係を築き上げていくものになります。

ハードルを下げ、ここまで頑張ったからもういいだろう…と自分に満足してしまい、それ以上を求めなければその先はありません。

自己改善が終わったと思うのではなく、そこが第一段階であり、その先に無限に続く自己改善の道のりが待っている事を忘れない様にして下さい。

足を止めてしまえばそれ以上の高みに登る事は出来ず、そこで満足してしまえば手に入れたかった復縁したい人と共に見る光景を見る事が出来なくなります。

復縁したい相手と同じ景色を見たいと思うのであれば、常に前進する姿勢を持ち続けなければなりません。