復縁屋には毎日沢山の復縁相談が寄せられますが、復縁相談に来る人が良いアドバイスを求めて来ます。

復縁したいので良いアドバイス下さい。

復縁したいから教えて下さい。

こういった言葉をいただけば復縁屋は良い復縁アドバイスをお伝えします。

しかし、復縁屋が伝える良い復縁アドバイスと相談者が求める良い復縁アドバイスは異なります。

復縁屋は復縁の為の良い復縁アドバイスをさせていただきますが、相談者は「都合の良い復縁アドバイス」を求めます。

自分が原因を作ったにも関わらず都合の良い復縁アドバイスというものはあるはずがないのに気付きません。

気付かないから自分の都合の良いアドバイス以外を受け入れる姿勢もなく、復縁したいと仰います。

そもそも復縁したい相手が「別れたい」と自分に都合の悪い言葉を伝えている状態を受け入れる事が出来なければ復縁する事は出来ない事をお分かりでしょうか?

復縁とは簡単に言えば縁が切れた相手とやり直す事を指しますが、縁が切れた事を認める事が出来なければ復縁という言葉はありません。

自分に都合の悪い言葉を聞いた所で「自分は別れたつもりはない」「自分は別れたくない」と自分の都合の良い解釈をしていては、復縁したいと言いながら何かを改善して関係を修復しようという事にすら繋がりません。

別れたいという言葉を受け入れて自分がした事を顧みて初めて【復縁】という言葉が出てきます。

別れたいという言葉を受け入れる事が出来ず、復縁したい。復縁する為にアドバイス下さい。

この様な人にどんなアドバイスをすれば復縁出来るというのでしょうか?

厳しい言葉を受け入れ、現実と向き合うから今までの自分とは違う道を歩む事が出来ます。

現実を受け入れず自分にとって都合の良い言葉だけを得ようとすれば手に入る物はありません。

都合の良いアドバイスというものが存在しない以上、都合の良いアドバイスを求めれば、存在しないモノを求めている事と変わりません。

存在しないモノをいつまでも求めるのか、それとも復縁を求めるのか?復縁したいなら自分に都合の良いアドバイスばかりを探すのではなく、まずは現実を受け入れる姿勢を持たなければなりません。

どんなアドバイスも聞き入れる姿勢が無ければ無駄なアドバイスになってしまいますが、自分に都合の良いアドバイスを求めて復縁したいという事だけは控えていただいた方が良いと思います。

復縁する為に避けては通れない試練

好かれる人と嫌われる人