復縁したいと思いながら様々な問題が邪魔をして復縁に向かえないという状況に陥っていませんか?

復縁に向かって頑張ろうとしているのに周りが全員復縁なんてやめなさい!!という話しをしてくる。

復縁したいのに誰も味方になってくれない…復縁に向かって1人で立ち向かうのは心が辛くなり、とても困難です。

その困難な問題を抱えている状態で更に周囲の人が味方になってくれず、復縁を諦めた方が良いですよ。と復縁にとっては敵になってしまう様な物言いをされてしまえば復縁に向かう気力もなくしていってしまいます。

復縁を目指すなら1人でも多くの味方がいた方が復縁に向かいやすいという傾向があります。

味方になる人達がいなければ味方になる人達を作り、余計な邪魔が入らない様にモチベーションを高く持って復縁に挑んで欲しいと考えます。

復縁に進む為に多くの問題を抱えてしまい、抱えた問題と向き合いながら復縁も考えなければならない…という状況は好ましくなく、少しでも抱えている問題を解決していく事で集中して復縁活動を行う事が出来ます。

復縁したいと思いながらも復縁活動の邪魔をされてしまう…こういった事が繰り返されて復縁とは程遠い所に進んでしまいます。

復縁する為に程遠い所に進んでしまえば復縁から遠ざかるという事になり、復縁しようと一生懸命頑張っている状態を無駄にされてしまう事があります。

友人が復縁の邪魔をする

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

一番多い邪魔は友人の方が復縁を諦めた方が良いよというアドバイスをする事です。

復縁を目指している方のほとんどの方が友人から「復縁諦めて違う人を探しなよ」「もっと良い人いるよ」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?

「辛いだろうから一緒に居てあげるよ。」「話しは聞くよ。」

こういった話しをされて心が揺れ動き、復縁は諦めた方が良いのかな…?とこぼす事も少なくないのではないでしょうか?

友人は復縁したいと思っている人に対して復縁は難しいから、もっと簡単な道を行った方が良いよ。というアドバイスをくれています。

しかし、他の人なんて考えられない…絶対に復縁してやる!!もう一度彼(彼女)を取り戻してやる!!という気持ちを持って復縁に挑んでいる人にとって友人のこういった言葉は邪魔になります。

復縁したいと考えている時は心が折れがちです。

復縁を目指して良いんだろうか?頑張っても取り戻す事が出来るかどうか分からないなら、いっその事復縁を諦めた方が良いのではないか?

復縁を諦めた方が良いんじゃないか?という言葉が頭を駆け巡り、復縁出来る可能性があったものも潰してしまう事があります。

もちろんそこまで復縁したいと思っていない人であれば良い事だとは思いますが、本気で復縁したい!!あの人しかいない!!!と考えている人にとっては雑音でしかありません。

雑音は友人の優しさから来る言葉なので、その雑音を友人の優しさだと受け止めていれば無下にする事は出来ません。

無下にする事が出来ない優しさはいつしか頭の中から消す事が出来ず、時間の経過と共に復縁を諦めた方が良いのかな?という考えが植え付けられていきます。

もちろん復縁するだけが幸せではありません。

他の人との幸せの形があるならその道を選ぶのも間違いではありません。

しかし復縁活動をしようという気持ちの支えには自分自身が絶対に復縁するんだ!!!という気持ちがなければ復縁活動を続けていく事は出来ず、復縁を諦めなければならない事もあります。

友人の優しい言葉は決して悪意から出て来るものではありません。

辛いであろう気持ちから解放してあげようという優しさから来るものです。

その優しさが優しさだと気付いているからこそ友人を無下にする事が出来ず、相談にのってくれている…という考えから友達の話しを聞かなければなりません。

聞かなければならない…という状況が復縁を遠ざける事にも繋がります。

家族が復縁の邪魔をする

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

元カレ(元カノ)が自分の家族との仲が良かった、悪かった。

元カレ(元カノ)の家族と自分が仲が良かった、悪かった。

付きあっていく上で家族の関係が出来上がり、別れたという事実が伝わり、それが元で家族が邪魔をして復縁する事が出来なくなる事があります。

自分の家族と元カレ(元カノ)の仲が悪い

自分の家族と元カレ(元カノ)の仲が悪い場合、家族は別れた事を喜び、復縁に向けて頭を悩ませていても早く次の良い人を見つけなさいと諦める方向に勧めてきます。

その場合、家族と過ごす時間も家族は気を遣ってしまい、復縁したいという言葉を出す事や元カレ(元カノ)の話しを出す事は禁句になってしまいます。

その為1人で抱え込んでしまい、復縁を考える際のネックになってしまいます。

自分の家族と元カレ(元カノ)の仲が良い

自分の家族と元カレ(元カノ)が仲が良い場合、もう復縁してもう一度仲良くした方が良いよ。という話しをされ、復縁出来ない苦しみと復縁した方が良いよという声の狭間で悩みを抱えてしまいます。

言われなくても復縁したい!!!

この言葉を出しても理解を示してくれず頭を抱えてしまう事があります。

元カレ(元カノ)の親と自分の仲が悪い

元カレ(元カノ)の親と自分の仲が悪い場合は、元カレ(元カノ)と連絡を取ろうとする事や会おうとする事を妨害されてしまい、会う事が出来ない事があります。

元カレ(元カノ) と連絡する事を厳しく咎められ、会う事が出来なければ一生復縁に辿り着く事が出来ません。

元カレ(元カノ)の親と自分の仲が良い

元カレ(元カノ)の親と仲が良く、親を経由して連絡を取る事が出来る場合、復縁にとって大きなメリットである様に感じますが、親経由でしか情報を入手する事が出来ず、元カレ(元カノ)の親が復縁に協力してくれると言いながら、親から復縁を勧められて復縁に対して意地を張ってしまい、復縁に至らないとうケースがあります。

本人達の問題に首を突っ込まないで欲しいと思わせてしまうと復縁が難しいものとなってしまう事もあります。

復縁の邪魔者の存在達

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁する為に邪魔をしてくる人達は好意的な事が裏目に出てしまい、邪魔になってしまったというケースもあります。

元カレ(元カノ)の親が協力してくれるという言葉をくれても実際はそれが負担になり、復縁を考えてもらえないケースや復縁について協力してくれている友人が復縁したい相手とくっ付いてしまったケース。

復縁を助けてくれる味方は多ければ助かる事もありますが、その味方が邪魔者となって復縁の妨げになってしまうケースがある事も知っておかなければなりません。

友好的に対応してくれていた人が実は復縁したい相手と付き合っていたというのも珍しい話しではなく、友人を頼って復縁出来る方向に進めてもらっていたはずが、こっそりと2人で関係を作ってしまい、復縁が絶望的になり、同時に友人を失ってしまうケースもあるのです。

本来であれば味方であるはずの友人が敵になり、協力者であるはずの人が自分の希望を打ち砕いてしまう。

そうした邪魔者の存在があるのもまた復縁であり味方は多ければ多い程協力してもらえる部分もありますが、それが仇となるケースも有る事を忘れない様に味方の人選をシッカリとしなければなりません。

だからといって復縁を目指すのに1人で悩みを抱えて解決するケースは少なく、解決する方向に向かうのであれば味方の存在は必要になります。

どういった味方を手に入れるのかは自分次第な所がありますが、味方を作って復縁の邪魔をされてしまう事や復縁を決定的に諦めなければならない状況にならない様に気を付けて下さい。

■⇒復縁をしたい自分の我侭を自覚する

■⇒復縁には「気付き」が必要です