復縁屋のジースタイルは様々な復縁体験談をいただいていますので、復縁したいとお考えの参考にしていただければと思います。

勉強面美容に頑張って元彼を取り返しました

PN O.I 静岡県

すごく長い間お付き合いをしている彼氏に突然ふられてしまいました。

ショックで悲しくていつも泣いて過ごしていました。

彼氏が私を振った理由は、ほかに好きな人ができたから、ということでした。

さらに相手の女性は私も知っている人でした。

彼女はとても勉強もできるしスポーツも万能で優しくて美人でした。

私と比べたくないくらい素敵な人でした。そんな人を好きになった彼の気持ちもわかる、と思いました。

でも本当にショックで友達に相談をしていました。

すると、友達がもっと自分磨きをして自分に自信をもって取り返せ、といってくれました。

友達がいうには、私も勉強ができないほうじゃないし顔だって不細工じゃないし、努力をすれば絶対に勝てる、といってくれました。

その友達に言葉に勇気をもらうことができ、私はその日から努力をしはじめました。

毎日運動をして体を鍛えましたし、勉強も頑張りました。

部活の陸上も本気で頑張るようになったら、いつのまにか選手に選ばれていました。

いろいろと努力をしたらどんどん成果が出てきました。本当にうれしかったです。

学校での試験も10番以内には当たり前に入るようになりました。

私はあっという間に学校ですごく目立つ存在になっていました。

同じ高校にいた元カレも私の活躍に驚いていると友達が教えてくれました。

部活でも勉強面でも目立っていたので、いろいろな男子に告白されるようになりました。

雑誌などを読んで美容の面も努力をしていたので、いつの間にか美人だと噂されるようにもなりました。

そんなある日、元カレが私と復縁したいといってくれました。かなり突然で驚いてしまいました。

こんなに急に言われると思っていなかったので心の準備ができていませんでした。

でも素直にうれしかったです。私はすぐに元カレと復縁できました。

この復縁体験談は思い出すとすごく幸せです。彼と元の関係に戻ることができてから毎日本当に幸せで仕方がないです。

努力をして本当によかったと思っています。

遠距離で一度別れたけど最後は結婚まで行きました

PN L.K 静岡県

私は、遠距離恋愛だった彼氏と復縁して、さらに結婚した体験談があります。

彼氏とは、大学生の頃から付き合い始めました。

同じ学部で、ゼミが一緒になったことがきっかけで出会いました。

それから話す機会が多くなり、彼のことが気になりました。

そして、私から告白をしてOKをもらったのです。

付き合っているときは本当に楽しく、幸せでした。大学生活が楽しく感じられたのは、彼氏のおかげだと思っています。

そして、就職活動をする時期になりました。私は、地元の企業を志望しました。

そして、彼氏は全国的に有名な企業を志望したのです。

そして、めでたく二人とも第一志望の企業に就職が決まりました。

とても喜び、二人でお互いを称え合ったのです。

しかし、彼氏の配属先はここから離れた支社に決まりました。

そのため、私たちは遠距離恋愛になりました。遠距離恋愛だと会える回数も限られてしまいます。

しかし、毎日電話やメールをして、寂しさを感じないようにしました。

しかし、会えないというのはとても辛いです。仕事が忙しくなってくると、電話やメールをする回数が減ってしまいました。

そして、彼氏から衝撃的なことを言われたのです。「別れてくれ」と。

頭が真っ白になりました。嫌だと言ったのですが、限界だと言われてしまったのです。

その後は、社内の人と付き合いました。

しかし、彼氏と比べてしまって、すぐに別れることになってしまったのです。

彼氏の連絡先は残してあるので、何度も連絡しようと思っていました。

しかし、向こうに新しい彼女ができていたら迷惑だと感じ、なかなか連絡する勇気が出なかったのです。

そして思い切って、夏休みに彼氏のところまでいく決意をしました。

宿の手配などもし、住所を頼りに行ってみました。そこで運良く彼と再会できたのです。

そして話もできました。実は彼氏は、私と別れて後悔していたそうです。

そして、「許してくれるなら、もう一度付き合って欲しい」と言われました。

そして私はその二年後に会社を退社して、彼のもとへ行き、結婚をすることになりました。

あの時、勇気を出して彼氏に会いに行って良かったです。

彼に怒りをぶつけて別れ後悔して心から謝り復縁

PN K.R 東京

私は看護師をしていて、彼氏は世界を飛び回る商社マンでした。

会える時間は少なかったのですが、お互いに仕事が好きなタイプの人間同士でしたので、気が合いました。

束縛が苦手という私のことを理解してくれて、比較的自由にさせてくれる彼の包容力の大きさに惚れていたのだと思います。

会える機会が少なくて、時間も短いという状態に寂しさをまったく感じないということはありませんでしたが、その分デートの時間が濃密で、ホテルでの交わりも満足のいくものでした。

あるとき、奇跡的に休暇が重なって初めて2泊3日で国内旅行にいくことになりました。

いつも短時間で別れていたからでしょう。

はじめて長く過ごすことになった時間が、最初は良かったのですが、なぜか窮屈に感じてしまいました。

男性としては当然の行動も、なぜか私は縛られているような気がして不機嫌さが増してしまいました。

そして2日目の夜に大げんかをしてしまいました。普段では絶対に怒ったりしない些細なことです。

彼はタバコを吸うのですが、その灰を料理の上に落としてしまったのです。

わざとやったことではないことは分かっていましたし、いつも食事は共にしていましたので、そういう品のない男ではないことは知っていました。

うっかりそのようなことが怒ってしまっただけのことなのに、それを口実にして怒りたかったのかもしれません。

私は「いつも私をほったらかしにして」などと、思ってもいないような言葉を彼にぶつけてしまいました。

面食らったような表情の彼は、静かに「じゃあ別れよう」と言いました。家に帰って、なぜあんなことを言ってしまったのか、後悔で涙が止まりませんでした。

泣きつかれて冷静になったとき、自分の取った行動が、ただ彼に甘えたかっただけなのだと分かりました。

自由が好きな私ですが、久しぶりに長い時間を過ごせる彼に、思いっきり甘えたかったのです。

その表現の仕方が不器用で、あのような形になってしまったのです。

そのことを正直に打ち明けたら優しい彼は理解してくれて、復縁できることになりました。

涙の復縁体験談です。

私の手料理がきっかけで復縁できた復縁体験談

PN J.S 千葉県

弁当屋につとめる私の体験談は、まさに芸は身を助けるということわざが実証された例だと思います。

毎朝早くから仕込みをして、会社に行くサラリーマンたちに朝ごはんやランチの弁当を店頭で販売していました。

大きく儲かっているわけではありませんが、ひとつひとつのお弁当に愛情を込めて販売をしていましたので、おかげさまで評判の高い口コミを得られることができました。

インターネットの力はすごく、評価が上がれば上がるほどお客様の数は増えて、忙しい日々に嬉しい悲鳴をあげていたところです。

仕事が充実していたのはとても良いことなのですが、それと比例して身体の疲労も蓄積されてしまいます。

数を捌かなければならないプレッシャーに追われて、誰かに頼りたい気持ちになってしまいました。

まるでそんな私の気持ちを知っていたかのように、お客様のひとりが私に気持ちを打ち明けてくれました。

毎日のように私のお店に来てくれていたので、なんとなくそんな気もしていました。

覚悟はできていたので、彼の恋人になることに決めました。彼もサラリーマンですので仕事があるにもかかわらず、出勤前に仕込みを手伝ってくれたりする優しい人でした。

結婚も視野に考え始めたとき、私達の仲を引き裂いてしまう出来事がおきました。

店の評判を聞きつけた、大手飲食店の会社がフランチャイズ展開の案を提案してきたのです。

有頂天になったのは彼の方でした。

もし、私がオーナーになってお店の規模が大きくなったら、自分も会社を辞めて手伝うと言い出したのです。

私はお金儲けをしたかったわけではありません。

その話を断ると、喧嘩になってしまい、別れることになってしまいました。

しばらく別々に暮らしていましたが、ある日ふと私のアパートに帰ってきました。

首を傾げて「どうしたの?」と聞くと「君のご飯が食べたくて」と、彼は答えました。

舌と胃袋で成功した私の復縁話です。

それ以来、私の仕事における考え方にも理解を示してくれています。

一度別れたけど共通のアイドルグループで復縁しました

PN J.J 千葉県

私の情けない嫉妬が招いた別れ話と、考え方を変えることで成功した復縁の体験談です。

私と彼女は学生時代からの付き合いで、社会人になった段階ではお互いのことを知り尽くしたつもりでいました。

刺激もありませんが、一緒にいると落ち着くという空気のような存在になっていました。

でも、多くの人の意見を聞く限り「そういう関係性が一番長続きする」と言われていましたので、比較的満足はしていたのです。

ところが、変化は彼女の方に起こりました。

今までまったく興味がなかったはずなのに、突然男性アイドルグループの追っかけをはじめたのです。

どちらかといえばインドア派だった彼女とのデートは、家でだらだら過ごすか、外に出たとしても近所の百貨店をうろうろするくらいのものでした。

しかし、追っかけをはじめた彼女は突然アグレッシブになって、アイドルのツアーに合わせて全国を飛び回るようになりました。私も一緒に連れ回されました。

正直、私は男性アイドルグループには興味がなく、楽しくないだけでなく妙な嫉妬まで抱いてしまったのです。

たしかに顔立ちも私よりはるかに良いですし、収入もきっとあるでしょう。

自分の存在感が彼女の中から消え失せてしまうようで、悲しい気持ちになりました。

ある日、またツアーの予定をたてていた彼女に「アイドルと俺とどっちが大事なんだよ」と、言ってしまいました。

長く一緒にいましたが、そのときの彼女が浮かべた悲しい表情は始めて見るものでした。

それでも私は意地を張ってしまい、別れることになりました。

その後、私も女子アイドルグループに興味を抱く機会に恵まれて、アイドルを応援する人の気持ちを遅れて理解することができました。

その気持は恋人に抱くものとはまったく異なっていたのです。

あのときの言動をきちんと謝罪して、復縁できました。

今ではお互いが応援するアイドルのコンサートに、交互で行ったりして仲良く追っかけをやっています。

お似合いのカップルだと周りの人からは言われます。

ダイエットして私を振った彼氏を見返ししてやりました

PN H.I 東京

大学に入って、周りの女の子に次々と彼氏ができていくので、正直あせっていました。

しかし、そんな私にもやさしい彼氏ができました。最初は、もう本当にうれしくて、とにかく毎日が幸せでした。

しかし、彼氏がやさしいのをいいことに、だんだんわがままが出始めました。

それでも、まだやさしくしてくれていたので、今度は彼氏の前で女性でいることを放棄するようになりました。

おしゃれしてきれいな自分でいよう、きれいな言葉遣いをしよう、きれいな体型を保っていよう、と付き合い始めた当初に心がけていたことは、すべてしなくなっていました。

最初のうちは、ご飯を作って食べにきてもらったり、お弁当を作ってお花見などにも行っていましたが、いつの間にかご飯はファーストフードになったり、コンビニのお弁当になったりしました。

そんなある日「もう無理だから、別れるよ」と言われました。

原因ははっきり自分にあるのだとわかっていましたが、その時は「次の彼氏を作ればいいから」くらいに思っていました。

しかし、別れて日がたつにつれて、彼のことを忘れられない自分に気がつきました。

失ってから初めて気づくとはよく言われますが、まったくその通りの展開になってしまいました。

私はもう一度彼と付き合いたい、復縁したいと思ったので、とにかく一人の人間としてはずかしくない女性になろう、ダイエットして体型も元に戻そうということを心がけて、日々を暮らしていくことにしました。

無理なことではありますが、できるだけ心おだやかに過ごせるようにしていきました。

お互い専門課程に別れてしまって、彼にも会うことがなくなってしまったのですが、1年くらいたってからバッタリと構内で出会いました。

彼は正直私を見てびっくりしたような感じでした。

その時は気にもかけなかったのですが、それから2度目に会った時に、「もう一度付き合ってもらえないか」と言われました。

「以前とは、まったく雰囲気が違っていて、きれいな落ち着いた女性になっていてびっくりした」とも言われました。

体験談として書きながら思ったのは「親しき仲にも礼儀あり」が大事かなということです。慣れに甘えてはいけないのですね。

彼の浮気で別れたけど彼が何度も謝るので許しました

PN B.I 東京

多くのカップルがどのような理由で別れているのか、知る由もありませんが一番ポピュラーなのは浮気ではないでしょうか。

私達の場合も浮気でした。まずは私を心底怒らせた体験談から紹介します。職場の同僚だった彼は、始めて出会った時からアプローチがすごかったです。

言葉にしていないだけで私に気持ちがあることはひしひしと伝わってきましたし、一歩間違えばセクハラではないかと思うような行動もありました。

私の方はまったく興味がありませんでしたが、人に愛されるということは決して気分の悪いことではないので、度が過ぎなければいいだろうと大目に見ていたのです。

でも、告白をされたら断ろうと思っていました。

その時点で恋人がいたわけではありませんが、そんなに彼に惹かれないという理由と、何より職場内での恋愛はリスクが大きいと感じていたからです。

結果、やがて彼からは案の定告白されることになるのですが、断りました。諦めてくれるだろうと思っていましたが、彼は土下座までして気持ちを打ち明けてきました。

社内恋愛はリスクが高いからできないというと、彼はなんと自分の気持を周知の事実にしてしまったのです。

空気が悪くなるどころか、社員たちや上司までもが彼の恋愛を応援するような雰囲気になりまして、私はしぶしぶ彼の気持ちを受け入れることになりました。

そんな経緯もあって、私から告白したわけでもない彼が浮気をしたと知ったときは腸が煮えくり返る思いでした。

当然別れようと思ったのですが、ただ別れるだけでは許せないので、彼がやったように浮気のことを周知の事実にしたのです。

私との恋愛をみんなから応援された分、その風当たりは予想以上のものになりました。

一度別れることになったのですが、その批判がかなり辛かったのでしょう。

彼は告白してきたとき以上の土下座と謝罪を私の前で行って、会社の中でも応援してくれた社員たちに頭を下げました。

彼はもう私には頭が上がらず、自分にとって優位性のある復縁となりました。

彼と復縁したのは正義感を出したオマケだった

PN F.F 東京

私の復縁話はちょっとスリリングな体験談です。

私は昔から根暗なタイプで、華のないような男が好きでした。

私は女でありながら支配欲が強いらしく、なんでも言うことを聞いてくれる優男でないと、恋人にすることはできませんでした。いじわるやイタズラをして、彼のびっくりしたり怯えたりする表情を見るのが大好きで、よく困らせていました。

もちろん、そういうことばかりをしていたら愛想を尽かされてしまうので、優しいところは精一杯優しく、甘えるところは甘えて、ときどきは男としての彼をたてていたつもりです。

そんな楽しい日々が崩壊に向かっていったのは、彼が変なセミナーに通い始めたことがきっかけです。もともと自分に自信のない彼でしたので、他人の言うことをすぐに信じてしまいます。

あきらかに怪しい自己啓発セミナーだったのですが、彼はみるみるうちに自分の貯金を費やして通いつめました。私のお金を使っているわけではないので、最初のうちはほったらかしにしていましたが、さすがにやばいと思い始めたので退会するように促したのです。

そのときの激怒した彼はまるで今までとは別人でした。

今まで私に逆らったことすらなかったにもかかわらず、ものすごい形相で怒鳴りつけてきました。プライドを傷つけられた私は、部屋を飛び出し、それから会わなくなりました。それでも私は煮え切らない思いでした。

彼のことがまだ好きだったというよりも、負けてしまったことが許せなかったのです。そこでこっそり彼のあとをつけて、セミナーの実態を把握し、弁護士と相談して訴えれば勝てるだけの素材を集めました。

そして、セミナー会場に乗り込んで悪質な実態をマイクで叫んだのです。会員たちはおどろいていましたが、おかげで目が覚めたようです。セミナーよりも強かった私に、彼は再び服従するようになりました。

方法は多少乱暴でしたが多くの人を助け、彼も取り戻すことができたという、正義の復縁だと自分でも満足しています。

あの時、復縁したいっていう気持ちや彼のことを想っていなかったらきっとこんな経験は出来なかったと思います。

そういった意味でも復縁したいって思って良かったな…って今でも思います。

別れた事で私の大切さを知って復縁したいと告げられた

PN L.F 東京

普段は温厚な彼なんですが唯一、車に乗るときだけは人が変わったようになります。

他に何の趣味もない人ですから、ある程度のことは大目に見てあげていました。

でも、私を助手席に乗せてドライブに行ったとき、彼は仕事でのイライラが募っていたのかスピード狂になってしまいました。

この復縁話は命に関わる体験談です。峠道をまるでゲームセンターでカーレースでもしているかのようなハンドル捌きで走りました。

私は横で悲鳴をあげつづけていました。

一歩間違えば崖から転落しますし、対向車にぶつかる可能性だってありました。

私は激怒して彼の顔を張り倒しました。それでも彼のハンドルを持ったら人が変わってしまう性格はなかなか改善されませんでした。

身の危険を感じた私は、別れることに決めました。

私は彼の事が忘れられず連絡も取れない状態なんで復縁屋に依頼すると決めました。

依頼は彼は、今どこで何をしてるのか調査しほしいと言いました。

それから3ヶ月後に復縁屋から連絡が来ました。

報告内容は交通事故で入院してると、彼は彼女の事を忘れてないと復縁したいと言うことでした。

彼は交通事故にあったという事で病院の住所を聞いて病院にいく事にしました。

別れた人のことですから知らないふりもできたのですが、彼が身寄りの無い天涯孤独な男であることも知っていました。

とりあえず様子だけ見て上げようと病院に足を運びました。

私の注意を聞かなかったことをここぞとばかりに説教してあげようとも思っていました。

幸い命に別状はなくむち打ちと、腕の骨折だけで済んでいるということでした。

病室を開けて私の顔を見た途端、何かを言葉をかける前に彼は号泣してしまいました。

説教する気力も失せて、私はため息をついてとなりに座ってあげました。

彼は嗚咽を漏らしながら、事故をしたときの状況を説明してくれました。

私と別れたショックによって彼は失恋の悲しみを忘れるために再び車をかなりのスピードで飛ばしていたようです。

そのときに私の声が頭のなかで「スピードを落とせ」と聞こえたそうです。

アクセルをゆるめた瞬間にカーブを曲がりきれずガードレールにぶつかってしまったというのです。

私の声が聞こえていなかったらあのまま突っ込んで崖下に落ちていただろうということでした。

命の恩人だと感謝され、安全運転を誓ってくれたので復縁することになりました。

遠距離恋愛だけど彼から結婚しようと言われました

PN A.A 東京

私は、先日素敵な元カレと無事に復縁することができました。

そのときの体験談は、私にとって最高の思い出になっています。

彼と出会ったのは職場です。

大学を卒業してすぐに就職をしたのですが、その就職先にいたのが彼でした。

彼は私よりも5歳年上で、社会人としても男性としてもすごく尊敬できる人でした。

5歳しか離れていないのに、とても大人でした。

仕事を教えてくれるときもすごく丁寧だし、笑顔が優しくてすぐに好きになってしまいました。

自分の気持ちを抑えきれなくなったので、私は彼に告白をしました。

すると、すんなりとOKの返事をもらうことができました。

本当にうれしかったです。私たちはすぐにお付き合いをスタートさせました。

付き合っている間は楽しかったのですが、すぐに彼の転勤が決まりました。

彼は県外の事務所に配属になってしまいました。

彼は私が寂しい思いをすると思ったようで、別れようといってきました。

遠距離をするにも遠すぎて、とてもうまくいくとは思えなかったようです。

寂しかったですが、彼がそういう気持ちなら仕方がないと思って別れました。

でも別れてからも私は彼のことを忘れることができませんでした。

彼が転勤をしていなくなってからも、彼のことを何度も思い出してしまうのです。

私は絶対に彼と復縁したいと強く思うようになりました。

私には復縁するのにどんなやり方をしていいのかまったくわかんないのでネットで調べて復縁屋がある事をしりました。

私の依頼内容を復縁屋が聞いて復縁可能ですと言われ、ぜひお願いします。

調査の結果、彼の周りにも怪しい女性もいませんし復縁工作員を彼に近づけて彼は彼女の事をどう思ってるのか彼から直接聞いてみた結果は、別れたくはなかったけど遠距離で彼女を寂しい思いをさせたくなかったと復縁屋は聞いたと報告がありました。

復縁屋が彼は私と話をしたいと復縁工作員に言われたみたいなんで復縁屋の許可をもらい

私は、彼に電話をしました。

彼の声を聞くと懐かしくて涙が自然とあふれてしまいました。

彼に、遠距離でもいいから復縁したいといいました。

すると彼もそう思ってくれていたようですぐにOKの返事がきました。

本当にうれしかったです。距離が離れていたのですが、毎日電話をして私たちはお付き合いをまた再開しました。

すごく幸せでした。

彼とお付き合いをスタートして数か月後、彼はまた別の場所に転勤になりました。

そこも離れているのですが、もう結婚をしようといってくれました。

すごくうれしかったです。

この体験談は忘れません。

復縁屋に寄せられた復縁体験談の数々

復縁屋が考える復縁出来ない人