復縁したい人の多くは自分が変わらなければ復縁出来ないと考えます。

別れた相手から別れ際に別れの原因を聞き、その話しを元に思いつく事の多くは自己改善であり、自己改善する事で復縁に繋がるのではないか?と淡い期待をし、自己改善に励みます。

しかし、ここで分からない事が一つあります。

今までお付き合いしていた間に直して欲しいと言われても「やらなかった」「出来なかった」人が、何故別れた後に自分で考えた自己改善が出来ると考えられるのでしょう?

悪い所が分かっていれば自分で直す事が出来る。

今迄はやる気がなかっただけだ。

自分は本気になったら出来る。

そんな話しはありません。

今迄に出来なかった人が決意を固めたから突然出来る様になる。という事はありません。

今までどれだけ言われても直す事が出来なかったので別れに至ったのですから思い立った瞬間から出来るという事はないのです。

自分が気付かぬ内に相手に不快な想いをさせてしまっている。というケースが多く、自分で気付いた所で直そうとしても自分では悪いと思って行っていた行動ではない為に気付く事すら出来ないケースも多く、その為、気付いたと思い込んで直した所は実は見当違いの部分であったり、具体的な一部分を直した体で自分は変わったという人が多いのですが、たった一部分を直した所で誰がそこに気付いてくれるのか?という問題があり、復縁に至らないケースが多くあります。

自分は本気になったら出来る人は本気にならなくても出来ます。

本気になって出来たつもりになっているのは見当違いの部分に気付いた事で自己満足し、これなら復縁出来るのではないか?と思い込み、復縁したいと相手に伝えますが見事に玉砕します。

何度注意されても直せなかった人が自分で気付く事はなく、何度言われても直せなかったから別れに至った以上、誰かに頼らなくてはなりません。

誰かに頼るという事は今まで注意されていた部分をその誰かに見てもらい、直してもらうまで注意してもらう事や改善する為にプランを立ててもらうという事です。

復縁したいから自分を変えたい。その為に客観的な視点で自分の状況を見てもらう事は見当違いになりがちな復縁を正しい自己改善に導いてくれるという事にもなります。

復縁したいから…その言葉を本当に叶えたいと思うのであれば自分一人で出来ない事をまずは認めなければなりません。

「自己改善」という言葉はたった一言です。

たった一言の言葉だから誰にでも出来る事のように感じるかもしれませんが、たった一言の言葉を自分で出来なかったから今がある。

復縁を考える人は相手の事を考えるという人間関係の基本を忘れて自分に都合の良い様に考えてしまいがちです。

相手に好かれる事をしたから付き合いが始まるのであって、自分が良いと思う事を押し付けるから人間関係が始まる訳ではありません。

見当違いの自己改善をするという事は自分が良いと思う事を相手に押し付けて自分は変わったでしょ?自分はすごいでしょ?と押し付ける自己満足以外の何ものでもありません。

自己満足を他人に押し付けて、その他人は喜びますか?

相手を喜ばせようと行動するから、その人は喜びませんか?

あなたの自己改善は本当に正しい自己改善をしているのでしょうか?見当違いの自己改善をしている方は復縁したい人の中には沢山いらっしゃいます。

今、自分が行っている事に疑問を持ってみるのも復縁に繋がるキッカケになるかもしれません。

■⇒「想い」が「重い」

■⇒お相手様のを傷付けた、ということ