世間には、人物を表す形容詞が多く存在します。

繊細、おおらか、面白い。

しかし、これらは状況や頻度、そして見方が変われば印象ががらりと変わります。

繊細は細かい、精神が細い。おおらかは何も考えていない、後先を考えない。

面白いはすぐに笑いに走る、真面目に話せない人。

弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイル復縁の依頼をくださる方の中にも、最初の印象と後の印象が大きく変わる方は多くいらっしゃいます。

それは、「最初に言っていた状況が嘘であった」り、「お客様自身の認識が、世間一般の感覚とはかなり乖離をしている」場合などで、起こりやすいです。

相手に自分を理解してもらるように強く求めすぎた」と仰っていたからそれを信じていたら、実は強く求めるどころか、脅迫に近い形で理解を迫っていたことが原因で関係が破綻した、というのも、非常に多くあります。

確かに主観的な視点で見えるものと、お相手様の視点で見えるものに差異が生まれることは、仕方がないことではあります。

SMAPの曲ではありませんが、「育ってきた環境が違うから」、物事の受け取り方や考え方が違うのは当たり前です。

しかし、「お相手様がどう感じたか?」を考えること以前に、「その行為が社会の一般常識に照らし合わせたときにどう思われる行動か?」という考えまで欠如しているというのは、視点の問題ではなく人間性の問題と言えます。

勿論2人の関係が良好であれば、同じ言葉であってもその言葉の印象が違うために、許される場合だってあります。

例えば何度も何度も何度も何度もお相手様に電話をしたとしましょう。

関係が良好なときであれば、”心配したから”との理由で許されるときもあります。(あくまで”とき”です)(基本的には鬼電は「気持ち悪い」と思われます)

しかし良好でないとき、喧嘩の最中などでは、何度も電話をされたらお相手様は追い詰められている印象になりますし、それだけで恐怖を感じるでしょう。

同じ行動であっても、状況が違えば印象も違うのです。

その”状況が違う”ことを無視して、「今までは許してくれていた行為だから」と甘えて非常識な行動をとっては、お相手様の印象が最悪になるのは仕方がありません。

復縁したいと思ったとき、そして思っている最中。

もう一度、ご自身がした行動を思い返してください。

その行動をお相手様にしたものとしてではなく、例えば会社の取引先にしたと仮定してみてください。

何度も電話をしたり、何度もLINEやメールをしたり、行動を制限したり、感情的な言動で追い詰めたり、「○○してくれなかったら死んでやる」と言ったり・・・。

取引先にそのような態度をとったら、どうなるでしょうか?

非常識だ」「普通じゃない」「怖い」「気味が悪い」、そう評価され、取引は中止されるでしょう。

「恋人は取引先じゃない」との反論は意味がありません。

恋愛だって、自分をプレゼンして気に入ってもらって購入=付き合ってもらうという意味では、ビジネスと何ら差はありません。

そもそも「恋人は取引先じゃない」と、例え話の真意を理解せずに考えるところが、既に文脈を理解する読解力に欠けているとの証左となってしまいます。

だからといって、復縁ができないという話ではありません。

大切なことは、「自分がどれだけ非常識なことをし、お相手様に最悪の印象を与えたか」を認識することです。

その認識があって初めてきちんと反省ができ、客観性を持つことが出来るのです。

繊細は細かい、精神が細い。

おおらかは何も考えていない、後先を考えない。

面白いはすぐに笑いに走る、真面目に話せない人。

形容詞ですら、見方を変えれば印象ががらりと変わるのです。

ご自身がなさったことを、あえて悪いほうに考えてみてください。

自分はちゃんと反省できる」「未来を変える力がある」との本当の意味での良いポジティブなら問題はありませんが、過去の行いに対して「これくらいのこと」「自分がしたことは大したことじゃない」と間違ったポジティブな見方でご自身の言動を思い返しているようでは、いつまで経っても反省はできず、復縁はできなくなってしまいます

悪いほうに考えることで、ネガティブな面をしっかり認識すれば、それが反省に繋がりますし、反省をきちんとするから、復縁するために必要な伝えるべき言葉が見つかるのです。

「お客様自身の認識が、世間一般の感覚とはかなり乖離をしている」との言葉を出しましたが、これを修正したり認識するのは、1人ではなかなか難しいでしょう。

何故なら世間一般の感覚=常識は、数の多寡で決まるもので、明確な物差しがないからです。

しかし、明らかに嫌悪されるほどに嫌われてしまっている場合、それらの”常識”とは大きく乖離した行動をとってしまっていることが、復縁屋としての経験上多くあります。

信用できるご友人がいらっしゃれば、細かく事実を開示して、他者の意見を募るのは悪いことではありません。

「最悪だね」「そのまま別れたままのほうがいいよ」と言われる可能性もありますが、「そう判断されるくらいに最低なことをした」との認識を得ることができれば、それもまた復縁に活かせるでしょう。

弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談くださっても良いでしょう。

とにかく他者の意見を聞くこと、数の多寡の多寡を集め、主観的ではない情報を入れる努力をしてください。

そうやって反省の材料を集めることこそ、復縁のための本当の意味での材料を集める行動、つまり、復縁のための行動に繋がります。

復縁相談で自分勝手な人はすぐわかる

外見の自己改善って必要ですか?