日本人なら日本語、英語圏なら英語、中国語圏なら中国語と世界には沢山の言葉があります。

その中でも日本語は細かく表現する事が出来、相手に細かく気持ちを伝える事や思った事を詳細に伝える事が出来る言語だと言われています。

そんな日本語を生まれて間もない頃から学んでいる日本人ですが、実際に言葉を正確に使える人は多いとは言えません。

そして言葉を詳細に使える事が出来る言語だからこそ相手に気持ちを詳細に伝える事に対して気恥ずかしさ等が伴い気持ちを上手に使えない人も多くいます。

義務教育がある日本で言葉を理解出来ない人が何人いるか?日本人であれば言葉の理解を出来る人は100%だと思いたいのですが、中には言葉の意味は分かるけれど、単語の意味に捉われてしまい言葉をシッカリと理解出来ない人は大変多くいらっしゃいます。

弊社は復縁屋ですから復縁を望む際に言葉を理解出来ない人について書いてみたいと思います。

まず、この記事に関しまして、日本語の意味が分からない人という事を指して言葉を理解出来ない人とタイトルをつけたのではありません。

日本語の意味に関してはインターネットで調べればスグに検索に出てきますし、辞書等を用いて意味を検索すれば分からない単語の意味も分かるかと思います。

ここでの言葉の意味を理解出来ない人というのは自分ではない他の誰かが発する言葉を、その人の意図とは全く異なって受け止めてしまう人という意味になります。

本当はAと伝えたいモノが受け取り手の解釈でBと伝わってしまい、話しが噛み合わず会話自体が出来なければ話しが一向に進みません。

話し手がAと伝えたい時にそこに言葉を付け足してあげる事でAという言葉をより分かり易く伝えようとする姿勢をとっても、最初からAではないと決めつけて話しを聞いているつもりであっても全く別のBという理解でしか理解する姿勢がない人は会話自体が成立しません。

その会話をするのはAを伝えたいとする人からしてみれば不毛な会話になってしまい、結論だけを相手に伝えようとします。

この流れ、どうして復縁と繋がるの?と思うかもしれませんから復縁についての例え話で説明してみましょう。

CさんとDさんというカップルがいます。

CさんはDさんとの関係に考え方の違いからすれ違っていると感じてDさんに「別れ話」をしようと決意します。

しかし、付き合っていた期間や嫌いになった訳ではない為に、今後も友達としてやっていきたい…と考えた為に単刀直入に別れ話を切り出せません。

その為、Cさんは少しづつDさんに自分が嫌だと思う所を伝えていきます。

Cさんの〇〇が嫌だな…

ここでDさんはCさんが自分と別れようと考えているとは考えずに嫌な所は直すよ!と気軽に答えます。

しかし自覚のないDさんは嫌だな…と言われた事に対して何も気に留めず直そうともしません。

そしてCさんは又すれ違いを感じてしまいます。

Cさんは今度はDさんの違う部分が嫌だな…と伝えます。

相変わらずDさんは相手が別れ話をしようとしている事に気付きませんからDさんは分かった!!直すよ!!という言葉を安易に出します。

しかし現状は何も改善しようとしません。

そうなってくるとCさんは間接的に伝えても分からない…直接言うしかないのか…とDさんへ「別れ話」をします。

しかしDさんはこれが本気だと考えず、自分の事を好きなCさんが別れ話なんてする訳ないと考え、Cさんの話しを冗談と受け止めます。

Cさんが本当に考えて考え抜いて嫌いではないのにも関わらず直そうという意思もなく自分との関係に不安を覚え、伝えていたにも関わらず何も気にせず直そうともしないDさんに対して言いたくない言葉を発したにも関わらず、それすらも理解してもらえない。

言葉を理解してもらえない為に行動に起こします。

連絡してこないで欲しい、ラインをブロックする。これらは言葉の意味を理解出来ないDさんが原因を作っているにも関わらず、Dさんは自分は悪くないと思いこみます。

言葉を理解出来ない人がいくら復縁目指して頑張っています!!!と仰っても何をどう頑張れば良いのか?が分かりません。

しかし復縁したいと思う人の大半が自己改善を頑張っている。復縁に向けて自分は努力をしている。と仰います。

原因を全く理解していない人が何をどう頑張っているのでしょうか?そしてこういった方に対して誰かがアドバイスをしてどうにかなる問題なのでしょうか?

言葉の意味を分からない人に「言葉の意味を理解出来る人になりましょう」というアドバイスも自分の都合で勝手な解釈をしてしまえば意味を成しません。

アドバイスを求める立場の人が自分都合でしか解釈出来ないのであればアドバイスをしてくれる人も次第にいなくなります。

復縁したいけれど、復縁出来ない人の多くが言葉を理解する事が出来ない人である事が大変多く、それが出来なければ仮に復縁出来たとしても同じ事を繰り返してしまうという事にも気付きません。

同じ事を繰り返してしまえば相手に嫌な思いをさせるだけでなく、反省も何もありません。

そしてそういった人は復縁が叶わず諦める方向に進んでしまうのも当然ですが、では新しい恋人と付き合った時にどうなるのか?

また同じ事を繰り返します。

相手が悪かったから上手くいかなかっただけだ。復縁したかったけど出来なかったから違う人となら上手くいく。

自分には何も問題ないと考えるこの考えが直されない限り、その人に幸せが訪れるのかどうかは定かではありません。

言葉を理解出来ない人は言葉を理解出来ていないだけではなく自分勝手に物事を考えてしまいます。

たった一つの小さな事かもしれませんが、その小さな事が実は大きな原因となって他人との繋がりが上手くいきません。

言葉を理解出来ない事の一つをとっても気付く事はあったのはないでしょうか?

・⇒復縁屋は外見を気にする?

・⇒アドバイスの意味を理解しない人