復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋ジースタイルでは日々沢山の復縁相談メールをいただきます。復縁に向けてのご相談はライン@でも受け付けていますので、復縁問題で悩まれている様であればお気軽にご相談いただければと思います。

そして弊社にいただくメールやラインでのご相談時に復縁屋ジースタイルの相談員が悩む事があります。

それはお客様の伝えたい事や言わんとしている事、それらを汲み取る事が出来ますが、それらは私達が日々復縁相談を受けているからであって、こういった伝え方をされている状態で復縁したい相手に想いを伝える事が出来るのだろうか?という問題です。

復縁したいという状況は以前の自分とは違う自分をアピールし、復縁を考えてもらうという形をとります。

しかし、伝え方が下手な人は復縁したいという想いを相手に上手く伝える事が出来ません。

弊社では沢山の復縁相談をいただきますが、私達がお客様の状況を理解しているかの様にご相談メールをいただく事があります。

「復縁したいんです」
「〇〇の事が本当に好きで~~なので復縁出来ますか?」
「相手とは〇〇なので別れてしまいました。復縁出来ますか?」

…etc

こういったご相談は大変多くいただきますが、私達はそういったご相談をいただく内容の前に、まずはお客様と復縁したい相手との状況すらも分からない状態です。

友人・知人であれば今までの経緯を知っているでしょうから、その上で判断をして下さるかと思いますが、私達復縁屋ジースタイルは復縁メール相談をいただいた時点でお客様の存在を知った程度の事しか分かりません。

その全く状況が分からない相手に対して「復縁したいんです」と一言送る事で何かを理解し、「復縁出来ますよ!!」という言葉を聞けたとして、本当に復縁出来ると思われるでしょうか?

こういったご相談をいただく際は、相手の事を全く考えずに自分の気持ちだけを「とりあえず送り付ける人」=復縁したい相手にも同様の事をされるので、結局今のままでは復縁する事は難しいだろう…という判断にしかなりません。

第三者に今の状況を伝える際に言葉足らずであれば、復縁したい相手にも同様の事をしてしまいます。

特別な相手にそんな事はしない!!と思われるかもしれませんが、そういった癖が身に染みて染み付いているので私達にも言葉足らずな内容で分かってもらえるだろう…という甘えが出ているのです。

自分の復縁したい気持ちは変わらない。相手には何故か伝わらない。

何故か伝わらないのではなく、伝わらないのは必然だと考えなければなりません。

お客様が復縁したいという事を伝えたとしても、復縁したい相手はお客様と復縁しても良いという復縁したい相手の立場で考えた時のメリットが何もありません。

言葉足らずな人の改善しなければならない部分や改善方法はもっと相手の身になって物事を考え、その言葉で伝わるのか?その言葉で理解してもらえるのか?自分の気持ちは届いているのか?という部分を考えなければなりません。

復縁屋は復縁工作という手段で復縁したい相手にもう一度お客様とのお付き合いを意識してもらえる様に接触し、心理誘導をしますが、最終的に復縁出来るかどうかはお客様が復縁したい相手に復縁したいという気持ちを伝える事が出来て初めて復縁を意識してくれるものです。

お客様が復縁を意識してもらえる様に最終的には自分の言葉で復縁したいと伝えなけばならないにも関わらず、その気持ちを伝える事が出来なければ復縁を考えてくれる事はありません。

言葉足らずのまま復縁屋ジースタイルに相談する前に誰かに理解してもらいたい気持ちの伝え方というものを学んでいただかなければ復縁屋の立場としても対応する事ができなくなりますので、今一度復縁に向けて真剣に考えるのであれば他人の身になって物事を考えるという事を意識していただく事をおススメします。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

復縁したい人と復縁したくない人

自分は頑張っているという人