詐欺集団は復縁したいという気持ちに付け込み、あらゆる手段を用いて復縁したい人を騙しに掛かります。

会社の法人化等は当然、誰にでも取得出来、早い者勝ちのドメインの取得に関しても自分達は「正当である」と復縁したい人を騙す為に必死になり、調査や工作に関して何もせず、一回きりの調査で何度も調査をしている様に見せかけ、やってもいない事を平然とやっていると見せかける為に詐欺集団は必死になります。

その為、探偵業法に則った契約書の作成ではなく、自分達に都合の良い事ばかりを並べたお客様が不利になる様な契約書に関しても長ければ長い程、信用度が増す等とお客様に錯誤させ金銭を詐取する為に必死に自らに都合の良い契約書を作成しているにも関わらず、それが正当であると主張します。

ホームページに探偵の認可に関して明記しているのは復縁屋であれば当然ですが、詐欺会社は公安委員会の「許可」を得ているとあたかも公安委員会から許しを得て活動を行っている会社だとお客様へ誤解を招く様な掲載の仕方をしている復縁屋もありますが、公安委員会への届け出は「認可」であり、「許可」ではありません。

こういった違いもお客様へ錯誤させる1つの要因で、探偵業法をシッカリと理解し、警察への確認を怠っていない復縁屋であれば、誤解を招くであろう部分を正しくお客様へお伝えする為にホームページ上で説明がなされていますが、詐欺集団は如何にお客様から金銭を詐取する事が出来るか?といった事ばかりを考えている為、こういったお客様に対して誤解を招く様な使い方を平気でしてきます。

探偵という業種は、元々グレーな部分があるからこそジースタイルではシッカリとお客様に対して説明してご理解をいただく様に努めますが、お客様を騙す事だけを主とした復縁屋もどきの存在に弊社ではご相談いただきましたお客様に対して警鐘を鳴らしています。

お客様から騙して金銭を取得する事ばかりを考える詐欺会社であれば当然復縁に対しての知識等もなく、心理療法士等の資格に関しては、特別非営利活動法人 日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)が実施する認定試験に合格する事、また認定臨床心理カウンセラーの資格を持っている事が条件になりますが、こういった資格を有している様にホームページ上に掲載しているモノの以前では「心理療法(≒心理カウンセリング)をする人」という意味で使われる事から、お客様の誤解を招く為の道具として有している様に見せかけているという詐欺会社の存在もあります。

復縁というものは恋愛の一種であり、異性から好意を持たれた経験がなければ、少なくとも異性の気持ちは分かりません。

異性の気持ちを理解しようとしても理解しづらいものがありますが、恋愛経験が多少なりともあれば異性の気持ちを理解する事も多少は出来ますが、お客様から詐欺会社の相談をされる際、外見ばかりを取り繕い、異性から好意を持たれた経験が全くない人物が詐欺会社と面談をした際に会った印象です。と言われる事があります。

お客様と面談をする際はスーツ姿でなければならない。といった事や、契約書に関しての事など、復縁とは全く関係のない話題を永遠とし、いざ復縁の話しになると的外れな復縁調査、復縁工作をすすめられ、どこをどう進めばそれで復縁出来るのか?と疑問に思っていた所、出て来た言葉は「我々はプロなので」という言葉だったというお客様からのご相談もいただきます。

復縁屋であれば、復縁成功率を上げる為にお客様に自分達が出来る事を説明し、お客様の復縁成功率を上げる為に何が出来るのか?といった事をプランとして提案出来なければなりませんが、詐欺会社の場合は復縁成功率を上げる為の手段ではなく、如何に自分達は凄いか!!!という事に躍起になり、お客様の復縁とは全く異なる話しや詐欺会社であるにも関わらず復縁屋をけなします。

異性との交遊に関しても、「如何に自分は凄いか!」という事ばかりを述べれば異性からは当然の事ながら好意を持たれる事はありませんが、そういった経験が少ないからこそ自分の自慢ばかりをしてしまい、恋愛の「」の字も知らない詐欺会社が復縁屋を名乗っている事もあります。

復縁したいお客様にはそういった詐欺会社に引っかからず、「復縁屋」に相談に行かれる事を切に願います。

もしもお客様が詐欺会社に引っかかり、「後少しで復縁出来るから!!」と言われ、契約時以外に料金の請求をされるようでしたらくれぐれもお気を付け下さい。