復縁屋ジースタイルに依頼されるお客様も同様ではあるのですが、復縁する為にやらなければならない事をしっかり理解している方は少ないようです。

本気で復縁したいと望む方や、復縁したいが、復縁する為に、自分では何に取り組んでいいのかがわからず戸惑っていたり悩んでいる方は多いかと思いますが、復縁する為の努力をしたくないと言う事ではなく、復縁したい相手とは何故このような結果を招く事になったのかの事実を正しく理解せずにいる為、方向性を見失い踏み出すことが出来ずにいると言ったほうが適切かと思います。

しかし、現実や事実さえ正しく把握さえすれば復縁することは可能になるかという問いには、不可能ではありませんが・・・という答えになります。

復縁したいが、復縁するには・・・の行動が理解できないということは、好きだった相手(復縁したい相手)との関係性について真摯に考えていなかった結果となります。

全ての方がこれに当てはまるわけではありませんが、付き合い当初は、お互いが同じ熱量で好きなわけですので相手の為に精一杯の愛情を見せるわけですが、一緒にいることで、相手の悪い所は、嫌な部分に変化してきます。

別れる理由として、自覚なしに、普段から「絶対~だ!」と断定して、ものごとを伝えたり、振舞ったりという方が多いのも特徴です。

ということは、自覚なしに、他人の意見をすぐに否定しているということになりませんか?これは自覚なしにやっている言動ですので悪気がないことが始末が悪いということが理解する事は難しいのではないのでしょうか。

そのように振舞うことになっている根底には「自分が正しい」と信じて疑わない傲慢さがあるのではないかと思います。

言い換えると、相手からも学ぼうという「謙虚さ」が欠落していると言う事です。

また、自覚がなかったとしても「自分が正しい」と思い込んでいるからこそ、自分とは違う振る舞いや言動をする人を見ると、その人が間違っているように見え、批判することにもなるんでしょう。

なぜなら、自分の振る舞いが正しい!ということは、それ以外の振る舞いは間違っていることを意味するわけですから。

実際に復縁したい相手にこのような振る舞いをおこなっていたとしたら、破局という最悪の結果になるのは決まり切った結果であり、復縁したいのであればこれらの無自覚でとっている言動、行動の改善が必要不可欠であることは明白ですよね。

復縁屋ジースタイルで依頼されているお客様からも「謙虚さが欠如しているという自覚が全くなかった」と述べられるお客様も少なくありません。

正直復縁したいと望む人はこのような問題点においての考えが欠如していると感じます。

しかし、大人になって謙虚さが少し欠如しているのでは?などとは、誰も注意してくれなくなることも頷けますが、だからこそ、復縁したい相手から突きつけられていた問題点をしっかり理解する必要があったわけです。

本気で復縁したいと望む人はこの点についてしっかり熟考しなければなりません。

復縁する取り組みを行う前の段階として、事実や現実の把握も必要になり、そこには断固たる覚悟と努力が必要不可欠になります。復縁には何一つ欠けることがあってはいけません。本気で復縁したいと望むのであれば、本気で臨む姿勢が必要になってくるのです。

弊社、復縁屋ジースタイルでは、復縁したい方の自己改善もしっかり協力、サポートさせて頂きます。

復縁したいと真剣に考えているのであれば、今後同様な失敗を繰り返さない為にも、真摯にこの問題点に取り組み、改善を図っていただきたいと思います。

復縁工作の心理誘導で復縁出来るの嘘

この言動、身に憶えがありませんか?④