復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

夫・妻から「離婚したいです」という言葉をかけられ動揺している状態で今何をしていますか?

夫・妻から離婚を突きつけられ、その言葉を突きつけられる前に注意されていた事をやらない様にしている…これを続けていれば離婚しなくて済むのではないか…?と考えていませんか?

「離婚したいです」という言葉は決意の言葉です。

その言葉を突きつけられる前に注意されていた事をやらなくなった所で延命処置にはなりません。

夫・妻はあなたが変わってくれる事を我慢して待っていましたが、その我慢が限界に達したので「離婚したいです」という言葉を出してきています。

離婚したいという決意の言葉を出されてしまったという事はその前に注意されていた事を直した所で「そこまで言わなきゃ直そうとしてくれないなら、この先一緒にいても疲れてしまう…」と考えてしまい、「何かあったらまた離婚を匂わせなきゃいけないのか…」という想いから更に離婚を決意してしまいます。

離婚をしたくない側は注意されていた事を直せば延命処置をして、その間に「きっと考えが変わってくれるだろう」「話せば理解してくれるだろう」と自分に都合良く考えますが、注意されていても直そうとしなかった事や話せば分かってくれるだろう…と自分に都合良く考える事で相手にしてみれば「この人はないな…」という決意を更に固め、「復縁はない」という決意が固まっていきます。

本来なら「復縁はない」と思われてしまう事に気付くのですが、夫・妻の事を考えず、自分の都合や子供の都合など、自分に都合の良い事しか考えられなくなってしまっている為に「どうにかやり直す為に頑張ろう!!!」と相手の都合そっちのけで考えてしまいます。

この時点で一人で復縁を考えた所で無理な状態に陥っているにも関わらず、一人で復縁に向けて頑張っている自分に酔いしれてしまい挙句の果てには悲劇のヒロイン化をしてしまいます。

自分は頑張っているのに何故分かってくれない?

分かってくれないのは当然であって、最初に夫・妻の気持ちを分かってあげていないのは自分なのです。

自分に原因があるにも関わらず自分は頑張っていると悲劇のヒロイン化をして辛い…辛い…と思い込むのですが、本当に辛いのは決断をさせてしまった夫・妻なのです。

よりを戻したいと考えるなら根本的な考え方を改めなければならず、根本的な部分が間違っていれば延命処置にもならず、別れる決意を加速させます。

夫・妻があなたの事をスグに見離したのでしょうか?
夫・妻はあなたに何のサインも送っていなかったのでしょうか?
夫・妻はあなたとの暮らしを最初から拒否していましたか?

別れを決意させてしまった全ての原因は自分にありますが、その原因を作ってしまった自分に対して自己採点を甘くしたり、自分に甘い考えをしていれば復縁が近付く所か絶対に復縁出来ることはありません。

離婚したいです…と言われた瞬間、その前から自分がしてきた事を振り返ってみて下さい。

離婚したくない…と思っているなら何がいけないのか?を真剣に考えなければなりません。

真剣に考えて、本気で自分の非を認めるから見えてくるものがあります。

離婚したいです…と言わせてしまった自分をもう一度振り返り、それでも離婚したくない…とお考えの際は復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

離婚した後に復縁したいと考えるよりも離婚前であれば修正出来る可能性は高まります。

離婚したくない…と落ち込んでいる時間はありません。離婚したくない…と落ち込んでいる時間を有効活用する為に何をしなければならないのか?弊社でサポート出来る事は本気で離婚をしたくないのであればご協力させていただきます。

■⇒別れる前にご相談下さい。

■⇒明日復縁出来ますか?