離婚した相手との復縁に向けてのアドバイス

離婚した相手との復縁を考えられる方は沢山いらっしゃるかと思います。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは夫婦間の復縁についての復縁工作や復縁アドバイスも承っています。

  • 夫婦間の問題がこじれてしまった…
  • 関係を取り戻すのは難しいんじゃないか…?

とお考えの方はお気軽にご相談下さい。

復縁のお悩み解決は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

本人達の愛情以外が要因で離婚した場合の復縁

一般的に夫婦が離婚した場合に、後で復縁したいと考えるケースは多いとされています。

これは離婚の原因の中に相手が嫌いで別れたわけではないと言う物が多く、例えば経済的な理由や親族トラブルなど本人達の愛情以外の要因で離婚した場合によく見られます。

しかし元夫との復縁には障害になっている物が多く、それによっては復縁の可能性は絶望的なケースもあります。

まず最も可能性が高いのが勢いで離婚した場合で、これは比較的若い夫婦に見られます。

人間的な未熟さや判断の甘さなどが原因で、その場の勢いで離婚を申し出てそれに応じてしまうと言うケースがあります。

この場合は復縁の可能性は極めて高く、障害と呼べるようなものはほとんどありません。

強いて挙げるならば親や友人の反対くらいで、それも強硬なものではなく心配に近いものになっています。

次に、仕事が忙しいなどのすれ違いで離婚した場合も可能性は高くなります。

共働きなどの場合は一緒に過ごす時間が少なくなりがちで、すれ違いを感じる事が多くなります。

そうなると寂しさから離婚を決める場合がありますが、この場合もお互いに相手に好意を持っていますので復縁の可能性は高くなると言えます。

また、離婚した後にも連絡を取り合っていたり円満に離婚したなどの場合も希望すれば復縁に応じる可能性は高くなっています。

反対に可能性が低いケースとしては、女性の浮気などが原因で別れた場合になります。

女性の浮気は男性のプライドを著しく傷つけますので復縁に応じる可能性はゼロに近くなります。

また、仮に応じた場合でも以前と同じ生活が送れると言うケースは極めて稀になります。

そして、離婚後の生活が充実している場合も可能性はほとんど無いと言えます。

例えば、離婚後に独身生活を謳歌している男性はもう一度結婚生活を送る事に強い抵抗を感じ、金銭的な問題もありますが、仕事や女性関係などの自由度が減る事を嫌います。

なので、離婚した後の生活が充実していればしているほど復縁に応じる可能性は低くなります。

また、最大の障害としては新しいパートナーの存在が挙げられます。

これは非常に大きな障害で、基本的には新しいパートナーがいる場合には可能性は無いとされています。

ただし、再婚ではなく恋人関係だった場合は多少の希望はあります。

再婚の場合は既に二人の生活が完成していると言えますし、場合によっては子供の存在もあります。なので、やり直しを考える男性は非常に少なくなっています。

しかし、恋人関係の場合は元妻が入り込む余地があります。

基本的に恋人関係と言う物は本人の復縁したい意思によって関係が維持されていますなので、本人以外の人間が口出しすると言う事はほとんどありません。

したがって、元妻が恋人のいる元夫に復縁を迫っても周囲が反対すると言うケースは少なくなっています。

しかし恋人関係であっても婚約している場合などはほぼ再婚していると見なされますので、この場合は可能性はほとんど無いと言えます。

万が一少しでも復縁の可能性を感じるなら復縁屋の復縁工作を強くお勧めいたします。

離婚した相手との事を復縁屋に相談して解決

離婚した相手との事を復縁屋に相談して解決に向けたアドバイス等を掲載させていただいています。

復縁屋の復縁工作での比較的簡単アプローチで関係改善

単に「復縁したい」と言う希望を持っている男女と言うことであればそれほど問題はありませんが、それが「離婚」という大きなイベントを経てきた結果なのであれば状況は違ってきます。

例えば、恋人関係だった男女が復縁すると言うのはそれほど難しいことではありません。

もちろん簡単なことでは無いのは間違いありませんが、少なくとも絶対に復縁が不可能な状態になるようなことはほとんど無いだけでなく復縁屋の復縁工作など比較的簡単なアプローチで関係を修復することが期待できます。

しかし、結婚そして離婚と言う人生における非常に大きなイベントを経験した相手との復縁したいとなると、そのハードルは恋愛の復縁とは比べ物にならない程高くなってしまいます。

お互いの間に子供がいる場合、子供との接見と言う名目で元夫・元妻と会う機会が得られます。

復縁をするに当たって大切なことは「相手に忘れられないこと」です。

すっかり忘れられてしまったのでは復縁は非常に難しくなってしまいますが、一定程度の関係を継続していれば可能性も生まれてきます。

となると、半強制的に接触できる理由があると言うのは非常に大きなメリットになり復縁工作を行ううえで比較的安心材料になります。

非常に関係が悪くなってしまっているとしても、子供の親は間違いなく二人である以上、子供に関することであれば一定以上のコミュニケーションを取りやすいと言うメリットを生かし、少しずつお互いの信頼関係を取り戻していくように努めましょう。

結局のところ、離婚を経て復縁を目指す関係の場合は「関係が悪化しないようにする」と言うのが非常に大切です。

元夫・元妻と言う関係は元カレ・元カノとは違い一定以上の価値を持ちます。

法的に認められた特別な関係を経験しているからこそ分かるお互いへの理解があると言うことを意識すると、復縁の可能性はより一層高くなっていきます。

まずは離婚に至った原因をしっかりと分析、解決して相手に対して復縁のアピールをしていくようにしましょう。問題が片付いている状況であれば復縁の可能性も十分にあり得ます。

離婚が原因で寂しさを感じ復縁を望む傾向

夫婦が離婚する理由には様々な物がありますが、離婚したことを後悔し復縁したい方は大勢いらっしゃいます。

また、それは男性の方が多い傾向が見られ、元妻と復縁を考える方は多くなります。

実際に復縁屋を通じて復縁工作を行い復縁したケースもよく見受けられます。

なのである程度は現実味のある話になりますが、復縁の際に元妻に絶対に言ってはいけない言葉とがあります。

まず「○○してあげる」と言う言葉についてですが、これは例えば元妻の育児放棄などが原因で離婚した場合などによく見ます。

なので「許してあげるからやり直そう」などの言葉を言ってしまう事がありますが、この言葉は男性が優位に立っている言葉になります。

もちろん育児放棄などは元妻にも落ち度はありますが、基本的に夫への不満などが重なった結果であるケースが多くなります。

したがって、元妻だけが悪いのではなく、双方に責任があると言えます。

にもかかわらず男性が優位に立った言葉を言ってしまう事は女性に敵対心を持たせてしまいますし、復縁に応じる可能性を自分で潰してしまう事になります。

次に挙げられるのが「一応」と言う言葉になります。

この一応と言う言葉は真剣さで言えば非常に低い言葉になります。

「一応分かっている」や「一応反省している」などの言葉では真剣さが伝わりませんし、どこか不確実な印象を与えてしまいます。

なのでできる限り一応と言う言葉は使わずに「反省している」「自分が悪かったと思っている」などの断言する言葉を使った方が良いと言えます。

そして「どうして分かってくれないのか」と言う言葉も避けるべき言葉になります。

そもそも、復縁を希望する場合に最も重要になるのが元妻の気持ちになります。

自分が復縁したいと望んでいても相手もそうだとは限りませんので、何よりも相手の気持ちを考える事が大切になります。

なので自分の気持ちを押し付けるような「何で分かってくれないのか」や「どうして理解できないんだ」などの言葉は使ってはいけない言葉になります。

基本的に、上記のように別れた夫に対して気持ちを理解する義務は妻にはありません。

なので、そのような事を言われても女性は困ってしまいますし、復縁する可能性は低くなる一方だと言えます。

また「どうせ○○なんだろう」と言う言葉は最も使ってはいけない言葉になります。

確かに離婚した事で寂しさを感じたり生活的に困窮する女性は大勢いらっしゃいます。

なので元夫とやり直す事を考える女性も多くなりますが、その時に男性からこのような言葉を言われると無意識的に反発します。

と言うのも「どうせ」と言う言葉には相手を否定したり自分より低く見ていると言う意味があります。

なので、この言葉を言われた場合にはどれだけ生活が困窮していてもやり直しに応じる可能性はゼロに近くなります。

 

復縁を強く希望している場合の注意点

元妻との復縁を求めてる人は考えさせられると思います。

今の日本では、結婚したカップルのうち3組に1組は離婚すると言われています。

2分に1組が離婚しているとも言われており、どんなに最初は仲が良かった夫婦でも決して他人事とは言えないのです。

一般的に、男女が分かれると男性は未練を感じ、女性はきれいさっぱり忘れてしまうことが多いなどとも言われています。

離婚をしたものの、離れて冷静になってみると元妻のことがやはり忘れられない復縁したいという男性も少なくありません。

もし離婚してしまった元妻と復縁したいと思った場合、電話やメールで何とか連絡を取って話し合いをしたいと考える男性がほとんどです。

相手がどう思っているかはともかく話せば何とか復縁できるだろうなどと楽観視している男性が多いのですが、実際はそううまくはいきません。

女性の場合はとことん嫌いになってから別れることが多いので、ちょっとやそっと優しい言葉をかけたくらいでは簡単に復縁してもらえません。

しかも、男性は悪気無く女性を怒らせてしまう一言を言ってしまうこともあるので、復縁したい場合はできるだけ相手を怒らせないよう発言には注意する必要があります。

元妻を怒らせてしまうセリフとしてまず挙げられるのが、「あの時はお互いに悪い所があったな」というものです。

離婚の理由は、浮気やギャンブルなど明らかにどちらかが悪かった場合ばかりではありません。

価値観の違いや誤解などがこじれて離婚することもありますが、それを蒸し返してお前も悪い所があったなど今更伝えることに何の意味もありません。

元妻を不愉快な気持ちにしてしまう可能性も高く、気持を取りもどすどころかますます嫌われてしまうこともあり得るので注意しておきましょう。

また、「俺がこんなに謝っているのに」というセリフも厳禁です。

復縁を望むあまりに何度も元妻と話したり、また好きになってもらえるように努力を続けていると、時間が経てば経つほど焦りやイライラが募ってしまいがちです。

ぽろっと言ってしまったとしても、このセリフでは相手を責めているばかりか偉そうな印象を与えてしまうので、元妻に愛情を復活させることなど夢のまた夢になってしまいます。

このように、復縁を希望している場合は注意しなければならないセリフというものがあります。

これらはあくまでも一例で、実際はそのカップルや相手によってタブーとなり得るセリフは異なります。

例えば、嫁姑問題が悪化して離婚にまで発展してしまった場合は、「親も待ってるから復縁しよう」等とは絶対に行ってはいけません。

何をいまさらと思われるだけでなく、再婚してもまたあの姑と付き合わなければならないのかとゲンナリされてしまうでしょう。

このような場合は、次は絶対にお前の味方をする、という言葉や親とは付き合わなくていいなど、離婚原因を遠ざけるセリフを伝えると考えなおしてもらえる可能性が高まります。

このように、相手に伝えるセリフは相手の気持ちを考え、適切なものを選ぶようにしましょう。

離婚した相手との復縁体験談

離婚した相手との復縁体験談が掲載されていますので、ご参考にして下さい。

復縁までに時間を要しましたが妻との復縁が現実に

妻と出会ってから結婚に至るまでには長い年月を費やしやっと結婚に至ったと言う経緯があり、入籍してカラ10年以上家庭を大事にしてきたつもりでしたが、妻からすれば子育てに苦しむ悩みを聞いてくれずに寂しい気持ちにさせて居たのかもしれません。

確かに私は家庭を守るにはお金が大事だと思うようになり、人より早く昇進して経済的に豊かになれば妻も喜ぶと勝手に思い込んで居た所がありました。

妻はある日子供を連れて実家へ帰ってしまいいきなり離婚届けが送られて来た時は私としてはどうして良いのか解らない程混乱してしまいました。

直ぐに復縁工作を専門に扱っている復縁屋に電話をして相談してみた所、夜中にも拘らず丁寧な受け答えで動揺している私の7話をじっくり聞いてくれました。

復縁には長い時間が掛かっても構わないと言う意向を伝えると、妻側からの離婚はかなり固い決心がある事が多いので解決までには時間を要するかもしれないと言われました。

私は時間をお金がどんなに負担になっても共に人生をと選んだ妻を手放す事など出来ないのし、是が非でも復縁を望んでいるので直接話を聞いてくれる事をお願いしました。

数日後復縁屋で幾つかの提案を作成してくれて、感情的になってしまうので今は妻をそっとして置く事と、私の今までの生活ぶりを聞かれましたので昇進を願うばかりに妻を労う言葉の一つも掛けて居なかった自分に気が付きました。

相談員の方は女性が応対してくれて妻側の視点に立ってくれたので、女性ならではのアドバイスが沢山頂く事が出来ました。

相談員の方が時間を掛けて妻側の意見を聞く事が出来る復縁工作を仕掛けてくれて、別居中の旦那さんをどう思って居るかを世間話を交えてしてくれたので、妻の本音を相談員の方を通して聞く事が出来ました。

妻は家庭の事を全てこなし子育ても完璧にやって居たつもりだったのに、主人はお金や昇進の話ばかりしてきて本当に嫌気が差したと言う事を聞きました。

相談員の方のアドバイスで直接妻と接するのではなく、まずは今自分がどれだけ妻がしてきた事に有難さを感じて居るかを書いて手紙で送ってみる事を提案されましたので、早速自分の反省する言葉を読みやすい様に数枚に纏めて妻に手紙を出しました。

最初は全く返事はありませんでしたが最近は返事が来るようになり、まるで文通を始めたような感じになって居ます。

今度子供と共に食事をする約束にまで漕ぎ付ける事が出来たのは復縁工作のお陰だと思って居ます。

復縁屋に相談でき、復縁まで至ったことが私にとってのターニングポイントになったのはいうまでもありません。

私も縁あって妻と結婚したので未練はありました

わたしは別れた妻と復縁をしました。

元妻とは10年程前に離婚していましたが子供が二人居た事もあって一年に一回ほど交流がありました。

勿論子供の事や養育費の事を話す事と子供の成長を見届ける為と言う事もありました。

離婚した原因は妻のだらしなさと子供を置いて飲みに行ってしまう事が頻繁にあった事です。

朝帰りも珍しい事では無く布団の中から行ってらっしゃいと言われる事が毎日続き心底家庭を守って行き事が嫌になったからです。

子供が小学生と言う事もあり何とか我慢を重ねて居ましたが、妻の借金も発覚した事をきっかけに私は調停に持ち込み、結婚と同時に購入したマンションのローンを払い続ける事と養育費を私が払うと言う事で離婚は成立しました。

私も縁あって妻と結婚したので未練はありましたが妻側からすると、余りにしっかりし過ぎる私に付いて行く事が出来なかったと言う事でした。

当時はそのことの意味が良く理解出来ず妻のだらしなさばかりを攻め立ててしまい、妻の良さにも気が付いてやる事も出来ず妻を精神的の追い詰めてしまったのだと思います。

私は長男として育ってきたせいか完璧主義な所があり、少しのだらしなさも許せないと言う気風が身に付いて居ました。

考えてみれば妻に自分の理想を押しつけて居ただけだったと妻と離れてから思うようになりました。

復縁したいと考えるようになったのは時々会う妻が私が居ない事によって自立してしっかりと子育てをしている姿に心を打たれたからです。

母一人でも元旦那の私の悪口を全く言わず、寧ろ養育費やマンションのローンに感謝していると言う事を時折手紙で送ってくる時もありました。

養育費の負担を減らす為にパートの時間をやりくりして一生懸命生活して居る妻に昔の笑顔を見た瞬間、昔の感情が蘇って来ました。

だらしなさばかりを見て居た私ですが妻は非常に大らかで優しい気性の持ち主でした。

それを私は忘れて毎日毎日妻のだらしなさばかりを責め立てて居た事を深く反省しました。

その事を妻に告げると妻はそんな事は無いし、離婚になったのは全て渡しの落ち度だと泣き始めるのです。

この姿に私は胸を打たれもう一度復縁したい結婚して欲しいと再度のプロポーズをしました。

恥ずかしい気持ちはありましたが、この人とならもう一度違う形で復縁できると確信したのです。

この再婚には大学生になって居た子供達も大喜びで晴れて結婚生活が再開される事になりました。

今は妻に接する時には有難うと言う感謝の心で接するようになっています。

復縁は私の経験上距離感を保つことが必要と認識

浮気をしてしまい主人と別れたのですが復縁できた話です。

子供が帰宅するまでの間、近くのファミリーレストランでウェイトレスとして、週に三回4時間ほど働き家計の足しにしていたのです。

働いている仲間は主婦の方が多いのですが、中には大学生もいて、何度か勤務時間が重なるうちに話すようになり、勤務後にはカフェでお茶をしたりするような仲になりました。

その後、半年くらい友人関係のようなものを続けていたのですが、バイト先の忘年会があり二人で「飲みなおそう」と二次会に行った際に、酔っていたこともあり年甲斐もなく大学生の子と肉体関係になってしまい、浮気してしまったのです。

夫に浮気がばれてしまったのは、バイト仲間からの密告でした。

私がいない間に自宅に「奥さんが大学生と浮気している」と電話があったのです。

当然のごとく夫は怒り話し合いもままならないまま「離婚」することになりました。

離婚だけは避けたかったのですが、どれだけ謝っても夫は許してはくれなかったのです。

私は何より、子供と別れるのがショックで「どうにか復縁したい」という思いがありました。

しかし、夫の怒りは日がたってもおさまることができず、何度も「子供に会わせてほしい」と電話する私の態度を「しつこい」という風にとらえるようになっていました。

復縁を望む私としては、一日に一回、彼の仕事が落ち着いた時間を見計らって電話をしたのですが、気持ちは伝わりませんでした。

早く復縁したい」と願うことがかえって夫の機嫌を損ねることになったのです。
そこで、こちらから連絡するのは一切やめました。

気持ちが落ち着くまでは、私の声を聞くのも腹立たしいと思うし、接触すればするほどマイナス効果になると感じたからです。

もちろん、この期間は本当につらい思いもしましたが、間違いを起こしたのは自分自身ですので反省もしました。改めて一人になると「なんて馬鹿なことをしたんだ」と自分でも思いました。

その後、半年ほどして夫から連絡があり、月に一回は子供に会わせてくれると言ってくれました。子供と会うときには夫と少しの間ですが会話もできるようにもなり、少しずつですが改善されてきています。

復縁したいと思う相手には、距離感を保つことが大切だと思います。

焦るあまり、連絡を取りたくなりますが、相手が考える時間を与える必要があります。

私の経験から、復縁するには「そっとしておく」ことで相手の気持ちも少しずつですが変わっていくような気がしています。

しっかりと話し合うことが大事なんだと思い、隠し事をしないように心がけています。

離婚した旦那と復縁した体験です。

私の旦那は、パチンコ屋に入り浸り、とうとう家計のお金までも使ってしまう始末で、喧嘩が絶えない毎日が続きました。生活が苦しく、もうこれ以上はこの人とは生活することが難しいと考え離婚を決意しました。

本当は旦那のことが嫌いになったわけではなく、根はとても優しくて思いやりを持ってる人なんです。ですので本当は離婚したいわけではありませんでした。なぜこんなに生活が苦しいのか旦那にも真剣に考えてもらいたかったんです。

にもかかわらず、趣味とはいえ賭け事に大事な2人のお金を消費されることがどうしても許せませんでした

離婚した後は、一人住まいで平穏な生活を送っていたはずですが、ふとした瞬間、一人でいる自分が寂しく思ってしまう日々が続きました。さらに周囲を見わたすと、みんな幸せそうに見えてしまい孤独感を味わうようになりました。

結婚して一緒に生活している時は、お互いを思い合っていなかったのかなと、今さらながらに気がつきました。

パチンコをやってしまう旦那ばかりを責めてばかりで旦那と話しあうこともせずに離婚してしまったことを後悔するようになりました。

相手がいなくなってみて初めて大切な人だったんだということを思い知らされ、できれば復縁したいと感じるようになりました。

次第に復縁できたらという気持ちが強くなってきましたが、旦那が私のことをどう思っているのかもわからず、どうしていいのかわからず悩んでいました。

思い切って共通の友人に連絡してみると、旦那は別れたことを心から後悔している復縁できればと思ってるという事実を知ることが出来たのです。

一日でも早く私の口から、復縁したいと伝えたいと思い、友人に頼み会う約束をとりつけました。

旦那には復縁したい気持ちが大きいことを伝え、ただ、あなたも変わって欲しいと自分の素直な気持ちもあわせて伝えたところ、旦那も了承してくれて無事、復縁することが出来ました。

離婚という辛い体験をしましたが、以前よりもお互いのことを信じられるようになったと思います。

自分の運命の相手はこの人しかいないと思ったなら、周囲のことなど気にせずに迷うことなく復縁をした方が良いと実感しています。

復縁屋のおかげで復縁出来た体験談

復縁に向かって努力して大切な人を取り戻した話しの数々