復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋ジースタイルの相談員の山下です。

先日、復縁屋に復縁相談さえすれば復縁できると考えている人がいらっしゃると書きましたが、復縁の相談をするだけでは復縁に繋がる可能性は殆どないということをブログを書かせていただきましたが、ヒヤリングは、あくまで復縁したいと望む方のこれまでの過程や状況把握にすぎないということをしっかり理解していただきたいとお伝えしました。

弊社、復縁屋ジースタイルは復縁したいと本気で望んでいる方々のヒヤリングを行い別れた原因を究明し、復縁するにはどういう手法で取り組めば効率的なのかを追求し、最終的には、望まれる復縁までサポートしていくわけです。もちろん絶対に復縁出来るという訳ではありませんが、復縁の可能性が残っているのであれば、その可能性を少しでもあげていく為のサポートになります。

先般のブログの続きにはなるのですが、病気を発症した場合は病院にお世話になります。先生である医師の役割って、人々の心と体の健康を支えてくれる方です。

医師は、人々が健やかに生まれ、長く元気に生きていくために欠かすことができない役割を果たしていると思います。

このように考えると、医師の役割は決して「病気を治すこと」だけではなく、「病気になるのを未然に防ぐこと」もとても大切なことだとわかります。人々が元気に暮らせるよう、病気の予防やアフターケアに尽力するのが、医師の仕事なのです。

同じ様に復縁屋では復縁の可能性を見極めたうえ、復縁する為のプロセスを踏んでいくわけです。ヒヤリングから始まり、「復縁調査」、「復縁工作」、「復縁アドバイス」を経て復縁までお手伝いしていくんですね。

復縁したい方にとっての復縁屋の役割とは、復縁を目的としている方の為に、復縁までのサポートを全力で行う会社です。

病であればすぐに病院に行きますが、復縁を望む方の医師となる場所が分かり易く言えば復縁屋だとお伝えしました。

病院では医師の診察、何処が悪いのかの検査をします。検査は病気の原因となるものを発見する為に行います。病名が判明したらその病気を治療する為の薬を処方しますよね。

復縁屋としてその大事な病気の原因をさぐる役割にあたるのが、「復縁調査」になります。

復縁調査」とは、復縁したい相手に対しての状況調査や復縁する為の必要になる大事な情報を収集するのが目的なんですね。すなわち、病気の原因をみつけるための大切な検査だと思ってもらって結構です。

病気も原因がわからないと治療ができません。実際、ただの風邪としか考えていなかったんだが、検査の結果、全く違った病気であることもよく耳にすることがあります。それと同様に復縁調査で知り得た事実が、ヒヤリングで得た情報とは異なる事がかなり多く存在する事があるのです。

復縁調査を省く事でどれほど復縁の可能性を低下させる原因で障害になるかは復縁屋の立場で言わせていただくと一目瞭然です。

風邪だと思って風邪薬を飲んでいてもちっともよくなることはならない、何故か?実は風邪ではなく全く別の病気が原因だったんですから。

復縁屋での役割というのはヒヤリングを行った後、冷静に状況を分析し、問題を解決する為の糸口を見つけなければなりませんし、正しい状況分析を行なう事で、復縁の糸口が見えてくる事があるんですが、相談の段階では復縁の可能性が低いという現実は認識する必要はあるのです。

復縁はしたいが、どうすれば復縁へ近付けるのか全くわからない、復縁するには何から始めればいいのかも全く見当つかない方が復縁屋へ復縁相談をされるのは、復縁する為の1番の近道であることは間違いありません。

ただし、復縁の相談だけで話を終えるということは、物事の根本的な原因を発見する事が出来ない為、復縁できる可能性がどれだけあるのか?と言われれば主観的な情報だけでは真実を見ることが出来ない以上、判断は難しいという事になります。

病気の人が医師の診断を受ける事が出来れば病名が分かり、民間でも対処法のある治療の仕方もあるかもしれませんが、病気の人が病院に電話で病状を説明した所で病名が分かる事もなく、仮に病名らしいものが分かった所で病名だけ聞いて治療しない人なんていませんよね?病名を判明させ、その病気を治療し完治するまでその病気と向き合います。

復縁も、復縁したいと漠然と思っているだけでは叶う事はありませんし、復縁したいのであれば、復縁したい相手の事を真剣に考え、最後まで相手と向き合う事が大切だということをしっかり自分に言い聞かせていただければと考えます。

復縁屋への復縁相談はあくまで状況を把握するヒヤリングにすぎません。

復縁したいと考え望むなら、物事に向き合っていただく決意を忘れないようにしていただきたいと思います。

復縁した後の事考えてますか?

電話相談後、その先が重要 その①