復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

破局に至った理由について分析をしていると、お相手様からのメール・ラインなどのメッセージの本意を読み取れていない方がいらっしゃいます。
《メッセージの本意が読み解く》というのはつまり、《読解力が無い》ということです。
そのせいで、お相手様が本当に伝えたい内容を読み取ることが出来ず、頓珍漢な返事をしてしまい、お相手様の怒りに繋がったりがっかりをされたりしたことはありませんか?
日本人の読解力の低下は大きな問題となっており、お客様とお相手様のやりとりを拝見させていただいても、その一端を実感することが多くあります。

例えばとあるお客様に対し、お相手様が「明日遊びに行く予定のことなんだけど、実はちょっと風邪を引いちゃって・・・」とメッセージを送ったとします。
その場合の正解は、「大丈夫?遊びに行く予定はまた別の日にずらせばいいから、ゆっくり休んだほうがいいよ」など、予定の先送りをする旨の内容と、体を思い遣る言葉を投げかけることです。
お相手様が何を伝えたいと思ったからその文章にしたか?》を考え、上記のお相手様のメッセージから「体調が良くないから明日のデートに行きたくない」との気持ちを読み解く必要があるのです。
察する能力とも言えますが、正しく文章を読んで理解をすることさえ出来れば、そう難しいことではありません。

しかし、読解力のないお客様の場合、「そうなんだ、早く治るといいね!遊びに行く予定だけど、前に言っていたみたいに水族館に行くってことで大丈夫だよね?楽しみ!!」なんて返してしまったり、「薬飲んだ?病院行った?」なんて返してしまったりをします。
前者はお相手様の行きたくない気持ちを全く読み解くことができていないものであり、後者はお相手様が話したいデートについての内容ではないもの=お相手様が展開したい会話の方向性を無視した返事です。
どちらも読解力のない返答と言えます。
このように、お相手様が伝えたいことを理解しないままで返事をしてしまうと、お客様にそのつもりはなくとも、お相手様から「優しくない、こちらのことを考えてくれない」との印象を持たれ、破局に繋がるのです。
そしてその問題が改善されないままで復縁に取り組んだとしても、お相手様とのコミュニケーションがうまくいかず、復縁できないままに関係の悪化を招いてしまい、最悪の場合は一切を拒絶されてしまいます。

読解力とは、冒頭に示したように、メッセージの本意を読み解く力のことです。
メッセージ=文章を読み解くためには、

1:文章を読んで
2:文章を理解して
3:文章を解釈する(=文章で伝えたい内容を察する)

とのスリーステップを必要とします。
先ほどの例文で言うと、

1:「明日遊びに行く予定のことなんだけど、実はちょっと風邪を引いちゃって・・・」との文章を読み
2:「遊びに行く予定だったが、体調を壊してしまった」と理解をし、
3:「体調を壊してしまったために、遊びに行くのが辛いと言いたいのではないか?」と解釈する(察する)

このスリーステップを展開することで、「大丈夫?遊びに行く予定はまた別の日にずらせばいいから、ゆっくり休んだほうがいいよ」と言うことができるのです。

読解力を身に着ける方法として、上記のスリーステップ以外にも様々なものがあります。
例えば文章を音読し、ただ目で読むだけでなく発声、そして自分の声を耳で聞くことでより深く理解をできるようにしたり、文章をたくさん読んで理解力自体を鍛える方法などがそれです。
そのような方法も併用をしながら読解力を鍛えることが出来れば、復縁のためのアクションをとる際に、頓珍漢なことして失敗してしまうリスクを無くすことができ、復縁への歩みは今までよりもスムーズになるのではないでしょうか。

インド独立の父であるガンジーの言葉に、このようなものがあります。

【人は自分の思考の産物に過ぎない。自分が考えた通りの自分になる】

人は「変わりたい」と思えば、いつでも変わることができます。
「変わりたい」と思って一歩踏み出したとき、既に変わっているのです。
あとはその歩みを止めることなく続けることができるか、です。

きちんとお相手様からのメッセージを読み解くことができるように努力をし、コミュニケーションの質を高め、お相手様との復縁を成就させましょう。
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは、「復縁したい!」と強く思い、変わるための歩みを続けるお客様の味方です。

■⇒復縁工作の理解

■⇒東京で復縁工作に頼って復縁