Pocket

風俗嬢との復縁といえばお客さんと風俗嬢を考えるかもしれませんが、このケースは風俗嬢と実際に付き合った方の場合の復縁工作が成功したケースになります。

元々どこのお店に通っていたかは依頼者からの情報で知っていた為、風俗店Aへの潜入のみを求められていました。

お店での接触をメインとし、調査等も省いて欲しいとの事でしたのでお店に潜入し、対象者と接触をします。

風俗といえば性的なサービスを受けるお店であり、工作員がお客さんとして潜入しても相手は工作員だと気付かない為に性的なサービスを行おうとします。

これを依頼者の要望の為に回避しなければなりませんが、不自然にならない様に回避する為にはある程度の話術が必要で、性的サービスを行う前に時間が来てしまった…という状況に持って行く必要があります。

もちろん風俗嬢にしてみればサービスを行わないで時間が来てしまったので工作員に対して申し訳ない。という態度を見せてきますが、申し訳ないという印象を与えるお客さんはあまり他に居ない為にファーストコンタクトの段階で相当な印象を残す事が出来ます。

そして次にまたお店に行く際に目当ての風俗嬢を指名し入店すれば前回何もしなかった負い目を持っている風俗嬢は自分の生い立ちなどを話しやすく、そこで再度話しをしているだけで時間を終わらせると「良いお客さん」という印象を与える事が出来、連絡先の入手も簡単に出来る様になります。

連絡先(電話番号、ライン、メール)を交換したら…

復縁したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

連絡先を交換したら他愛もない会話を繰り返します。

どんなキャラなら抵抗なく接する事が出来るのか?はお店にいて接した時の風俗嬢の態度で判断し、そのキャラを演じて風俗嬢とのやり取りを重ねます。

その際に相手が望むモノは何なのか?を察知し、望むモノを与えられる人物を装い話しを聞き出します。

連絡先の交換をして、それだけで情報を全部抜き出そうと焦れば拒否をされてしまいます。

風俗嬢にしてみれば工作員はお客さんという立場なのでお客さんだけど少し変わったお客さんという印象を残し、大まかな情報だけを連絡ツールを通じて抜きだし、お店に通い細かい情報を抜き取る様にします。

連絡先を交換したからといって依頼者の話題を工作員から持ち出すのはNGです。

あくまでもお店に行って楽しんでいる人という印象を与えなければならないので連絡ツールで依頼者の情報を抜き出そうとすれば不審に思われる事もあります。

連絡先を交換しても人間関係構築の為のツールとして使うのみにしなければなりません。

お店に通い、外に誘い出す。

お店にいればどうしても工作員と2人の関係になりがちなので依頼者の復縁の話しを進める際に外に連れ出すのは定番になります。

風俗嬢と外で会うという事は男性なら羨ましい!!と思う事があるかもしれませんが、その後にホテル等に誘うなどの下心を持たない工作員であれば比較的簡単に誘い出す事は可能です。

外に誘い出し、食事等を重ね、工作員が完全に風俗嬢の味方だと思わせた後は依頼者の話しを引き出しにかかります。

今付き合っている人いるの?という話しから昔付き合った人物の話しを引き出すのは難しい事ではありません。

話しの中で依頼者だと思われる人物の話しを聞き出せば、そこから心理誘導を行います。

復縁を意識させる為に風俗嬢が口にした依頼者の悪口を長所ではないか?という方向にもっていく為に話しを進めていきます。

このケースでは自分への理解が足りなかった…という事がキッカケで別れたと風俗嬢が口にし、依頼者から聞いていた別れの原因は自分が重くなってしまった事が原因だと仰っていたので依頼者の考えていた別れの原因とは異なります。

重いと考えていた依頼者は彼女に対して連絡をする事はまた重たい気持ちを伝えてしまうのではないか…と考えてしまい、連絡を絶っていました。

実際に彼女から聞いた言葉の中には自分の事をもっと分かって欲しかった…優しい人だという事は分かっている…ただ、依頼者の気持ちの重さと自分の気持ちを比べた時に耐えられなかった…という事を口にします。

それが原因で別れを口にし、お互いに連絡は控えていたとの事でした。

風俗嬢を復縁へと誘導

復縁を意識させる為には、依頼者の魅力を伝えなければなりません。

しかし、工作員と依頼者は繋がりがある事が気付かれてはいけませんし、全く繋がりがない所から復縁を意識させる為には対象者から聞き出す話しに共鳴し、共鳴した話しを全てひっくり返す作業をしなければなりません。

悪い部分があっても気持ちが残っていれば、その気持ちに揺さぶりを掛けて復縁を意識させます。

元々復縁という意識がない人に復縁を潜在的に意識させ、「あの人は今…」という状態を作り出す事に成功すれば後一押しです。

自己改善を勧めておく

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

ここまでの仮定の中には復縁の為の自己改善を依頼者には施しておきます。

実際に復縁するかどうかは風俗嬢が決める事であって、如何に工作員が復縁を勧めた所で復縁したいと思えない様な人であれば復縁に辿り着く事はありません。

このケースの場合、何をしなければならないのか?は風俗嬢から抜き出した情報があるので明確です。

抜き出した情報を元に復縁に向かう為の自己改善アドバイスを行い、客観的に見ても理解が出来、意識して改善が出来ていたのでまずは連絡ツールを使って連絡をさせます。

お互いに距離をおいていたので久しぶりという会話のスタートから話しは進みます。

会う約束をするまでには連絡ツールを使い連絡を取り合い、実際に会うまでには工作員は再度お店に行き指名をして話しをします。

もちろん復縁の話しをするのがメインではなく他の話しをしながら最近元カノと連絡を取っていると自分の状況を相手に伝えていきます。

工作員が抜き出した情報を元に依頼者と対象者の会話が盛り上がって来る頃にはお店で会っている工作員に「今度元カレと会ってみようと思う」という話しを風俗嬢側からされます。

復縁するの?という工作員の話しから復縁は考えていないけど…と含みを持たせる返答をいただければ後は依頼者と会った際の話しの持って行き方や改善した姿を見せられれば復縁へは後一押しです。

状況を伝え、改善アドバイスを元に改善してきた成果を見せる時がいよいよ来ます。

依頼者と対象者の接触

依頼者と対象者を接触させる前に打ち合わせを行い、どんな話の流れを作るべきか?どんな所で会って話をすべきか?を細かく打ち合わせます。

今回のケースは相手も復縁に対してすでに乗り気であった事から大きな失敗がおきそうもなかったのですが、それでも復縁するまでは何が起こるか分からないのが復縁です

細かい打ち合わせはしないよりもした方が良いのは当然で、依頼者へは大きなミスがない様に伝えます。

接触が終わった後…

対象者とのデートが終わった後に一本の電話が担当者に掛かってきます。

最初の言葉は「ありがとうございます。復縁出来ました。

この言葉をもらう為に復縁屋は依頼を請けるのです。

興奮冷めやらぬ声でデートの際の話しを聞かせてくれる依頼者との電話では良かったですね。という言葉以外に掛ける言葉はありません。

もう二度と手放さない様にして下さい。

この言葉以外に出る言葉もないのです。

その後の2人

復縁屋、別れさせ屋をお探しなら株式会社ジースタイル

復縁工作の依頼をした事を彼女に話したという連絡が入りました。

自分がした事を正直に話したい。それで冷めてしまう様な関係ではないという確信を持っているので全部話したのだと言います。

もしかしたら…という危険もないという確証を得たので全てを話してりかいしてもらったという依頼者の話しを聞き、彼女とも話しをさせていただきました。

今は二人で同棲している事、風俗の仕事も辞めた事、弊社が入った事でわだかまっていた二人の関係が修復出来た事に対して感謝の言葉をいただき、弊社のブログに復縁工作の成功例を記念に載せておいてほしいという言葉をいただきましたので掲載させていただきました。

■⇒復縁する為の自己分析

■⇒元カレ・元カノは拒絶している

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁成功する人の共通項 復縁成功する人に共通して見える部分は『勇気を持って一歩を踏み出...
彼とは7ヶ月の付き合いだったんですが... 彼とは7ヶ月の付き合いだったんですが彼の態度が急に変わりだして...
遠距離で復縁した後に同棲、結婚の報告... 依頼者は10年間、高校時代から付き合っていた彼女と別れ...
復縁成功した方達から寄せられた投稿... 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに寄せられた復縁成功体験談です。今の自分...
復縁成功しても油断しないで下さい 復縁成功した方達にお伝えしている「油断しないで下さい」という言...
不倫して離婚した夫との復縁体験 こちらの方は不倫と言っても2度目の不倫になり、2度目の不倫が夫...