こんにちは、復縁屋ジースタイルの佐藤です。

先日同性愛者の方からのメール相談と電話相談兼お問い合わせがあったので、改めまして、投稿をさせていただきます。

弊社ジースタイルでは、同性愛の方の復縁、また、その他LGBTの方の復縁についても、依頼を受け付けております。
安心してお問い合わせください。

LGBTの復縁の依頼について

愛よりも更にオープンにしづらい話のために、復縁についてお一人で悩まれる当事者のお客様は多数いらっしゃると思います。

周りにカミングアウトなさっていないお客様は、相談を出来る相手がいらっしゃらず、誰にも言えない状況に陥られているのではないでしょうか?

そのため多角的、また客観的な異見を聞ける機会もなく、「復縁したい」とおひとりで立ち向かい、失敗なさってしまった経験はありませんか?

復縁屋に依頼をしようにも、理解がある、または受け付けていると謳っている復縁屋でも、LBGT業界について無知であったりして、結局依頼を受け付けて貰えなかったと仰るお客様も、実際いらっしゃいました。

ジースタイルではそのようなことはなく、わたし自身セクシャルマイノリティーへのフォロー活動にも実際参加した経験があり、多少は当事者を取り巻く状況や心境に寄り添うことができるのではないかと思います。

その点ご安心して、お電話いただければと思います。

2通りの復縁~恋愛・親子関係~

異性愛者のお客様からの依頼は、基本的に恋愛について扱ったものが多数を占めますが、LGBTの復縁には2通りあると、わたしは考えます。

ひとつは、恋愛の復縁。

もうひとつは、親子関係の復縁です。

カミングアウトがきっかけで疎遠になったり、または、カミングアウトをしていなくても、自分が当事者であるとの引け目や負い目から家族と連絡を取らなくなり、気付いたらひとりぼっちになってしまったという当事者の友人が、わたしにも多数います。

しかし、ひとりであることは、やはりとても寂しいですよね。

テレビに同性愛者のタレントさんや役者さんが多数出演なさる時代で、それらの方に対してはフレンドリーであっても、実際に自分の子供や親がLGBT当事者であるとわかったら拒絶してしまう方は、悲しいことにいらっしゃるのが事実です。

そのような話はLGBT業界に多数存在しますし、当事者であるお客様こそ、よくご存知でしょう。

ですが、そのようなご家族の方のお気持ちの部分をフォローさせていただくと、「とっさのことであったから、そういう反応しかできなかった」と仰る親御様も、実際にいらっしゃいます。

確かに、特に心の性と身体の性が違う場合においては、先々の性適合手術のことがまず頭に浮かび、今まで見てきた自らの子供が知らない存在になってしまうのではないかとの恐怖から、その事実を受け入れることを拒否してしまい、目を逸らしてしまうのです。

何より「ゲイとは何なのか?」「レズビアンとは何なのか?」「トランスジェンダーやトランスセクシャル、または異性装者(所謂女装子)とは何なのか?」をご存知ではない方が、多いのです。

タレントさんなどで、常に「オネエ言葉」を遣う方が多いために、ゲイ=女性になりたい人との誤った知識が広まっているために、尚更当事者ではない方にはそれらの違いが理解し難く、とにかく「拒絶」しか頭に浮かばないのです。

家族にまつわる復縁は、もしかすると難しいものかもしれません。

それは、わたし自身もLGBT業界に長く携わっているために、存じ上げております。

今の世代は徐々にLGBTへの理解が進んでいますが、60代・70代の方は、まだまだ頑ななお考えをお持ちでいらっしゃいます。

しかし、もしかすると、一度疎遠になったことがきっかけで、その頑ななお考えを改めていらっしゃるかもしれません。

ジースタイルではそのお考えを更に解きほぐすアプローチをし、お客様の「復縁したい」とのお気持ちを叶えるお手伝いを致します。

今一度、親御様との復縁について、お考えになってみてはいかがでしょうか?

疎遠になったご家族がいらっしゃる、当事者ではない方へ

突然のカミングアウトや、長年感じていた違和感が事実として提示されたり、また、思わぬことがきっかけでその事実を知ることになってしまった皆様にとって、その出来事はまさに晴天の霹靂だったでしょう。

しかし、お客様のお子様・ご兄弟様の本質は、今までとは何も変わりません。

突然の出来事に驚き拒絶してしまったお気持ちは理解できますが、ご家族様の本質を信じ、今一度お話をしてみませんか?

ジースタイルは探偵会社であり、数少ない情報からでもご家族様を探し出すことは、場合によっては可能です。

弊社に依頼をしご家族様を見つけ、復縁に取り組んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

LGBTにまつわる復縁について取り扱っている復縁屋は、多くはありません。

依頼したいお気持ちがあっても、どこに復縁工作を依頼すればよいか分からず、そのまま諦めてしまいそうになっていらっしゃったお客様からのお声をきっかけに、今回このように改めて投稿させて頂きました。

ジースタイルは、LGBTのお客様からのメール相談・電話相談、また依頼についても、24時間受け付けております。

お気軽には難しいかもしれませんが、復縁について諦めてしまう前に、一度ご連絡ください。

確かに異性愛のお客様からのご依頼に比べて難易度は高くなってしまいますが、誠心誠意、心を込めて復縁工作に取り組ませて頂きます。

お客様からのご連絡をお待ちしております。

以上、復縁屋ジースタイルの佐藤でした。

異見を聞くことが、復縁への近道です

まだ顔を見ぬ相手との復縁は可能なのか??