お客様からの質問に答えてみる回

お客様からこのような質問が寄せられました。

――――――――――

復縁したい相手がいます。

LINEはできているのですが(たまに既読無視されますが)、電話はしてもらえません。

自分は声が聞きたいのですが・・・。

LINEは良いのに電話はダメな理由って、どんなものでしょうか?

そんな関係からでも復縁はできますか?

――――――――――

まず、どんな関係であっても、復縁の可能性は決してゼロではありません。

例えば、交通事故の加害者と被害者が結婚、なんてこともある世の中です。

意図的ではないにしろ、加害者と被害者として出会うなんて、最悪だと思いませんか?

ですが、そんな形の出会いからも、人間関係の構築は可能なのです。

最悪な別れ方をしても、これからの振る舞いを改めることで、復縁できる可能性は無いとは言い切れません。

逆に言えば、”これからの振る舞いを改めなければ復縁はできない”と言う部分は、しっかり心に留めていただきたいと思います。

全ては今この瞬間からのお客様次第です。

いかにお相手様に必要とされる人間になれるか?

復縁にはそれが重要です。

何故LINEだけ?

さて、本題の「LINEはしてくれるけれど、電話には応じてもらえない理由」です。

これにはいくつかの理由を考えることができます。

細かい事情が分からないので、一般論としての理由を2つ挙げてみましょう。

声を聞きたくないくらいに嫌われている

単純に嫌われている場合です。

だったら何故LINEはできるのか?ということになりますが、例えば「一切の連絡を絶ってしまうと何をするか分からない」とお相手様に思われていた場合、お客様のガス抜き的な意味でLINEという手段を残してくれている、ということが考えられます。

お客様が衝動的な人だったり、支配的な人だったりした場合(もしくは衝動的な人だったり、支配的な人であるとお相手様に思われている場合)に、このような対応をなさるお相手様が多いように感じられます。

また、共通の知人が多い等の理由で、簡単に全ての縁を切れない事情がある場合なども、このように何かしらひとつは連絡が可能な手段を作ってくれるケースもあります。

このような状況からの復縁では、上記のようなお相手様の印象を、まずは拭う必要があります。

これまでのお相手様との関係にもよる為一概には言えませんが、「落ち着いた人である」との印象を持ってもらえるように、ご自身の振る舞いを見直しましょう。

LINEができている状態であれば、LINEの文面などで

    ・衝動的な内容を送らない

    ・感情的な内容を送らない

    ・受け取ったお相手様が返事をしやすい内容を送る

などに気をつける必要があります。

しかし、”本当に心の底から今すぐにどんな手を使っても縁を切りたい”と思っていたら、LINEすらもブロックし、共通の知人等も全て捨てて引っ越して、何もかもをかなぐり捨てるお相手様もいらっしゃいます。

それをなさっていないということは、(卑怯に思えるかもしれませんが)それを利用して、細くとも縁を続けさせることが可能ということです。

だからといって調子に乗って思慮が浅いままでLINEを続けていては、いつかは全てをシャットアウトされてしまう危険性があります。

針山地獄の上で綱渡りをしているくらいの気持ちで、「”次”はない」「この1通で全てが決まる」、それくらいの緊張感を持って、1通のLINEに命を懸けて送りましょう。

LINE以外では交流を持ちたくない理由がある

LINE以外では交流を持ちたくない理由で一番多くあるパターンとしては、今までの関係において、会話だけのコミュニケーションに問題があった場合です。

例えば付き合っていた頃や結婚していた頃に喧嘩をした時、「そんなこと言ってない」「勝手に悪く解釈しているだけだろう」などの言葉をお相手様に言ったことはありませんか?

そのような言動を繰り返していた場合、また何か関係が悪化することがあったときに証拠として残したいがために、文字でしかコミュニケーションをとってもらえなくなってしまいます。

これは多くの復縁したいお客様に言えることですが、実際に付き合っていたり結婚しているときというのは、「大丈夫だ」との自信や安心感などからお相手様に人としてしてはいけない非常識な振る舞いを気軽にしてしまうというのがよくあります。

そのような言動が別れて復縁したいと思っている今も悪い影響を残し続けている、という事実を無視して、「終わったこと」「済んだこと」と考え、お相手様の頑なな対応を「情が無い」「ひどい」「優しさがない」と評価する人が、実に多く見受けられます。

それは「逆恨み」と呼ばれるものです。

過去の自分の振る舞いが、今の自分に返ってきているだけです。

お相手様のせいにしてはいけません。

そこでお相手様のせいにする性格そのものが、お相手様に拒絶をされる理由なのです。

さて、LINEでしか交流を持ってもらえない場合の対処法です。

これに関しても「声を聞きたくないくらいに嫌われている」の場合と同じく、やはり1通1通しっかりと考えてLINEを送ることが重要です。

特に「そんなこと言ってない」「勝手に悪く解釈しているだけだろう」などの言葉を多く言ったと身に覚えがある方は、その言葉を口にした時の気持ちを思い出してください。

「ばつが悪い」「言ったという事実を覚えられていることが都合が悪い」などど言った気持ちではありませんか?

つまり、過去の自分を”無かったことにしたい”との気持ちです。

無かったことにできる過去というものは存在しません。

全て有った過去、その過去の積み重ねが今であり、今のお客様です。

例えば一時の感情でお相手様に「お前なんか大嫌いだ」と言ったとして、それを無かったことにできますか?

言ったお客様自身は無かったことにできたと思っていても、言われたお相手様のショックや悲しみは残ったままです。

お相手様のその感情までも消し去ることはできません。

言葉には責任が伴います。

そのことを今以上、何倍にも何十倍にもして肝に銘じ、まずはそうやって「証拠に残せるコミュニケーションしかしたくない」と思われるような人間性であるご自身の振る舞いを反省しましょう。

LINEだけしかさせてもらえずにもどかしい気持ちになるとは思いますが、今は信用を積み上げるときです。

一度崩れた信用は、よほどの努力と根気がなければ再構築はされません。

そのもどかしい気持ちこそ、まだ関係が破綻する前にお相手様が感じていたものだと思って、もどかしさとしっかり向き合うことが重要なのです。

「そんなこと言ってない」「勝手に悪く解釈しているだけだろう」と言った覚えが無いお客様の場合は、そう言ったことすら忘れているケースがほとんどです。

それくらい何も考えずにコミュニケーションをとっていたという証左ではないでしょうか?

確かに自分が言った言葉ひとつひとつを覚えておくというのは不可能なことではありますが、復縁したい今、そんなことを言っている場合ではありません。

過去は変えられないのですから、これからはひとつひとつ全てを覚えておくらいの気概で、お相手様とのコミュニケーションに取り組んでください。

また、お相手様だけでなく、周りの人全ての方とのコミュニケーションにおいても、「責任を持った言葉を遣う練習」と思って、一言一言をしっかり考え抜いて発言をするように心がけてください。

「いちいち考えながら発言をしていたら会話のテンポが・・・」などと仰るお客様もいらっしゃいますが、無責任な言葉をぽろぽろ零すような会話は、そもそも会話ではありません。

”会話はキャッチボール”と言いますが、豪速球を投げ合うだけがキャッチボールではありません。

また、考えずにぽろぽろ零す球ではキャッチボール自体が成り立ちませんよね?

キャッチボールのコツは、山なりのゆっくりした球でも、きちんと相手の胸元に届く球を投げることです。

速い球なんてものは、上手な人が投げればいいのです。

上手じゃない今は、テンポなんてものは考えず、確実に相手の胸元に的確に届く球を投げることに注力しましょう。

まとめ

上記にても書かせていただきましたが、どう足掻いても、いくら時間やお金を費やしても、過去を変えることはできません。

過去の積み重ねが今です。

「LINEだけしかしてもらえない」ということは、LINEだけしかしてもらえないようになる状況を”自分が作った”ということ。

「どうしてだ?!」と憤ること自体がお門違いなのです。

しかし、過去を積み重ねたから今があるように、今をどう積み上げるかで、未来が変わります。

過去への反省と、今から(これから)の取り組み次第で、復縁できるかどうかの未来は大きく変わるのです。

大切なことは、今しっかりと反省し、学び、どのような行動をするか。

現実から目を逸らさず、しっかり向き合って、復縁できた未来を手に入れてください。

■⇒変わろうと思っても簡単に変われない?

■⇒自分の非を認めない人