別れた恋人や、配偶者と復縁したい時、自分一人の手によってのみそれを達成するというのは、あまりにも困難であると感じられる場合がほとんどです。

壊れた人間関係とは複雑なもので、そのように復縁したいと思う時は頼りになるのが、復縁屋と呼ばれる専門家です。

様々な手段を用いて、復縁したいというお客様の復縁という最大の目的を果たします。

まずはお客様から、別れの時期や原因、詳しい状況など、あらゆる情報を聞き、そこから現状を把握した上で復縁に向けたプランが検討されます。

状況が悪化する前に復縁屋へ依頼

ここ最近は、復縁屋の存在が認知されてきておりまして、復縁したいと悩んでいるお客様から、復縁の依頼をお願いしたい旨の相談が急増しています。

すぐにでも復縁を望む方が復縁相談をしたくて電話してくるのですが、中には、電話出た途端に思わず切ってしまわれる方もいらっしゃいます。

緊張してるのでしょうか?電話を切ってしまうお気持ちは理解できないわけでもありませんし、まったく知らない相手と復縁の話をする事に抵抗があるのもうなずけます。

ですが、恐れる事はありませんし心配はまったくご無用です。

弊社は復縁屋なのですから、復縁を生業としているわけですので復縁の相談で全く問題もありません。

今お客様が抱えてらっしゃる復縁についての問題を解決できるよう、アドバイスを兼ねてお手伝いさせていただきます。

復縁は、一人で解決できるような簡単な事では決してありません

なぜなら、復縁したいと考えている相手の状況がわからないと、その先にある復縁には進むことは到底不可能だからなのです。

自分の好きだという強い気持ちを相手に直接伝えればわかってくれると思ってはいませんか?

復縁したい相手の事をわかっているつもりになっていませんか?

またはその逆で復縁したい相手が自分の気持ちはわかってくれると勘違いしてはいませんか?

なぜ先に進むことができないのか?

実際に、お客様の大半がこのように勘違いされ、自分の考えで行動に移し、復縁どころか、状況を悪化させてどうにもならなくなり復縁屋を頼ってくるケースが多いようです。

本来、その間違った行動を実行する前に、復縁屋に相談、依頼して頂ければ、ご自身で考えているより、より効率的、より効果的な方法で、早く復縁できる可能性も考えられたわけです。

復縁したい相手に他に好きな人が出来てしまっていたら?

あなたが復縁したいと懇願したとしても、相手の気持ちは他の人に向いているわけですから、今あなたが復縁したいと気持ちを伝えてもどうにもなりません。

しかも、冷静な判断が出来ない為、復縁したい相手の行動を監視したり、自宅に押しかけたり、職場に押しかけるといったストーカーまがいの行動をとってしまう方もいらっしゃるようです。

それどころか、嫌いで別れたわけでもなかったとしても、復縁したいいっしんで相手の気持ちを考えず行動することで、嫌悪感や不信感をを抱かれ、最終的には、嫌われたうえ連絡さえも取れなくなってしまうといった事になりかねません。

このようなな行動をとった場合相手がどういう気持ちになるかは一切考えた行動とは思えません。

相手の状況を考えず、復縁をしたいからと自分本位の行動を取る事で、復縁とは間逆の方向に向かっている事を理解する必要があるわけです。

このように、一人で考え行動することは決して復縁したい相手に対しては良いことはひとつもありません。

復縁したい人の状況調査

では逆に、復縁したい相手の状況が把握できていればどうでしょうか?

復縁には相手を知ることがまずは優先順位として一番にあげられます。

復縁屋では、まず、復縁したい相手の状況を把握することから始まるわけで、俗に知られている復縁調査というものです。

復縁したい相手の日々の行動が把握できることによって、復縁にむけてどのような手法で進めていったらいいのかの道筋が見えてきます。

そうすることでこちらからのアプローチが非常に簡単になります。

復縁屋では復縁にむけて、効率よい方法で復縁に導く手段を持ち合わせています。

効率的な手法、プロセスこそが、復縁工作であり、復縁には必要不可欠なものであります。

復縁に対する本気度が伝わる復縁工作は高確率

復縁の為にはなくてはならない復縁工作をしていく際に、依頼人から聞かされる情報が本当に事実なのか、正しいものなのかが問われることになります。

真実をありのままに伝える依頼人はあまり存在せず、自分のことをよく見せる人、指摘されぬよう、ウソをつく人など様々です。

復縁屋としても可能性が限りなく低い依頼を引き受けるのは避けたいと考えるのは自然であり、復縁工作をするにあたってはこうしたものを見極めていくことも重要となります。

そのため、依頼人の話をすべて信用するということはせず、話半分程度に信用し、依頼人と復縁したい相手のやり取りを見せてもらうことで判断することになります。

ここでありのままを見せてくれる場合には、復縁に対する本気度が伝わり、可能性を見出す気になりますが、都合のいいものだけを出されたり、そもそも情報があるにも関わらず都合が悪いからと開示しない場合には復縁の可能性をかなり疑うようになってしまいます。

お客様の中には、実は付き合っていなかったというケースも存在します。

依頼人の思い込みで付き合っていたとしていただけで、実際はそうでなかったという場合もあり、こうしたことが事態をややこしくさせます。

他にも、依頼人側に落ち度がある場合やストーカーである場合や復讐の場合など様々な可能性が見られる場合には当然ながら弊社でも協力はできなくなります。

復縁工作を成功させるには、相手の現状を知っておくことが不可欠ですが、相手が別のパートナーとすでに結ばれていたら話は大きく変わります。

当然、復縁は困難ということになり、復縁工作以前の問題となるからです。

現時点での現状と、依頼人が持ち合わせている情報はちょっとしたタイムラグがあるだけでかなり違います。

心境の変化もありますが、お客様との関係性、復縁を望まない理由など、相手の側からの情報がなければアプローチのしようがないからです。

特に依頼人からの情報だけを鵜呑みにすると復縁工作は失敗に終わる可能性が非常に高くなります。

精度を高めるということを考える際にも相手の現状を知っておくことは極めて重要なのです。

復縁工作の一環 復縁したい相手との連絡方法

相手の連絡先を知っている場合には無料通話アプリなどでメールを送ったり、メッセージを送ったりすることが出来ます。

その際にお客様になりすまして送るということが可能で、復縁工作の一環として実際に行われています。

これも、復縁したい相手の人となりがわかるからこそできることであり、どのような内容であれば喜んでくれるのか、今後お客様も同じようなメールを送る場合、どのような感じで送ればいいのかなど、復縁屋からのアドバイスを受けながらやっていくことになります。

こうしたメールのやり取りから復縁に結び付けることも十分可能であるとともに、相手との連絡手段がなければこうしたことはできません。

相手の連絡先を知っていることは最低条件ですが、別れたことをきっかけに相手側が連絡先を変えてしまうことも多く見受けられます。

こうなると別の方法から接触をするということが必要となり、そこでも復縁の可能性を下げることになります。

復縁屋はあくまで、復縁するまでサポートを行うだけであり、そこからのアプローチはお客様の役割です。

いわば、お客様自身の問題であり、それを指導したり、誘導したりするのが復縁屋の役割です。

最も大事なことは別れた理由がどういったものであり、それが誰の原因によって起きたものかを真剣に考えることです。

例えば、お金の使い方がルーズなことを相手にとがめられてそれに怒ってしまい、それが原因で別れてしまったというのであれば、原因は明らかにお客様自身に問題があります。

お金の使い方がルーズであるということは、他にも何かしらのことでルーズな面があるだけでなく、いずれは自分のところにも影響が出るのではないか、金の工面をお願いされるのではないかという危機感が相手にあり、それが別れるきっかけになることも十分に考えられます。

つまり、その部分さえ直す努力をすれば、まだ復縁の余地は残されており、そこをアピールしていくことが求められます。

そこを勘違いしている人が多いため、せっかく復縁工作をしても無に帰するということが多々見られます。

実際に復縁屋に依頼し復縁工作までを行い、成就するまでには時間も費用もかかります。

そして、今後それを維持していくのも相当な努力と継続力が必要となり、自分の至らなさを痛感させられます。

お互いに原因がないのに別れるということはあり得ませんし、その場合には双方に多少の落ち度があります。

それを改善すること、相手の落ち度をすぐにとがめるのではなく、包み込んであげるような広い心が必要で、許してあげることなどが求められることになります。

恋愛に対して不器用だったけど、それをお金を出して不器用さをカバーしていく、それが復縁工作の別の側面でもあります。

度が過ぎたり、悪用したりする人がいるために印象はあまり良くないかもしれませんが、上手く、そして有効活用をしていくことによって、雨降って地固まるのことわざの通り、それをきっかけにゴールインし、幸せな家庭を築くことになるでしょう。