別れさせの解決策

【別れ】という問題の解決策をお探しかと思いますが別れさせの専門家として安易な考えは控える事をおススメしています。別れ問題を安易に考えてしまった為に逆効果になり、別れさせたい2人の関係が以前よりも強い絆を持ってしまったというお話は良くお伺いさせていただきます。

安易に別れさせを考えなければ簡単に別れさせられたものが、安易な考えから別れさせる方法を考え、その方法を実行したが為に、より強固な関係になってしまい、別れさせ屋に相談するといったケースが増えています。

別れという問題は簡単なモノではない為、別れさせを考えているのなら専門家にご相談下さい。

⇒別れさせ屋とは
⇒別れさせ工作とは
⇒別れさせるポイントとは

不倫・浮気相手と別れさせたいなら

不倫・浮気相手と別れさせ、自分との復縁を望む場合に不倫・浮気相手に「不倫はやめて下さい!!!」と伝えれば別れるだろう…と安易に考えてしまい、言い方を間違えてしまった為に別れさせるどころか逆上させてしまい「絶対に別れない!!!」と泥沼へと進む事があります。

不倫・浮気をされている側にしてみれば、そんなのおかしい!!!相手が後から関係を持ったのに何故逆上されなければならないんだろう…と考えるかも知れませんが、不倫・浮気をする方との考え方の違いがあり、同じ思考で接すれば別れさせは失敗してしまいます。

《不倫・浮気はおかしい》と考える被害者の立場と《不倫・浮気はおかしいけど…》と考える加害者側の思考が相容れないケースは多く、立場が違えば考え方も異なる事から接し方によって対応が異なる事もあります。別れさせてどうしたいのか?という方向性を考える事で別れさせたい相手への接し方も変えなければならず、その為には不倫・浮気をしている人物の性格や付き合い方を把握して別れさせる方法を考えなければなりません。

⇒別れさせ電話相談
⇒別れさせメール相談
⇒別れさせライン相談

付き合っている相手と別れたいなら

彼氏、彼女と別れたいと考えながら別れを切り出せば彼氏、彼女が「別れたくない!!」「絶対に別れない!!!」と発狂し、いつまでも関係がズルズルと続いてしまい、別れに至らず、新しい恋愛に進む事が出来ない…このままでは好きでもない相手と結婚しなければならなくなる…という際は頑として相手の気持ちを受け入れないのも優しさになります。

彼氏、彼女が「別れたくない。自殺する!!!」といった言葉を発し、本当に自殺されたら困るから…という理由からいつまでも関係が続いてしまい、別れたいけれど別れられない…という状況が続いている際に「自殺されたら困る…」という優しさがネックになり、別れが上手くいかない事は多々あります。

別れた後に何をされるか分からない。といった恐怖から自分では別れを切り出せない…というお悩みを抱えている際は別れさせる相手との距離を少しづつ離していかなければなりません。自殺されたら困るから…という優しさは彼氏、彼女の事を想った優しさではない為、別れさせる為に厳しい言葉を掛けなければならず、厳しい言葉を掛ける事が出来なければ別れさせ屋へ依頼し、自然に別れる環境を作ってもらう事をお奨めします。

夫・妻と離婚したいなら

自分が不倫をして、その相手に本気になってしまい夫・妻と離婚したいけれど…という状況になった場合に、不倫が発覚してしまえば妻・夫が離婚してくれないかもしれない。だからといって離婚を先延ばしにしてしまうと、いつまでも不倫相手と付き合う事も出来ず、不倫相手からは「いつ離婚してくれるの?」と要求されて板挟みになっている…というケースでは不倫相手との関係も求められます。

こういった場合、例えば夫・妻に不貞行為の発覚があれば言い逃れする事は出来ませんが、そう都合良く不倫をしてくれる事もない為、別の【離婚しなければならない理由】を作りあげる必要があります。離婚しなければならない理由とは夫・妻が夫婦として関係を継続させていく事が出来ない…と判断させる事であったり、【離婚したいと思う理由】をでっち上げる事で言い分が通らず離婚に応じる事があります。

⇒ハニートラップとは

付き纏われている(ストーカー)と別れたいなら

ストーカーに付き纏われているけれど、どう対処すれば良いかが分からない。警察に相談したけれど実被害がない為、動いてくれない。ストーカーと直接話したけど思考がおかしく話しにならない…このままでは気がおかしくなってしまいそうだ…という際は【1人ではどうにもならない現状】に気付かなければなりません。

弊社にもストーカーからの復縁相談をいただく事がありますが、ストーカー犯罪者の多くは思考が一般の方とズレている為、当事者同士で話し合いをした所でストーカーにとって都合の良い解釈で捉えられてしまいます。

その為、「もう付き纏わないで欲しい…」という話しをしても、「家に行く回数や会社に行く回数を減らす様にする」と都合良く物事を進めようとする事や迷惑だと感じている事が伝わらないといった傾向があります。

迷惑だという発想がない為、ストーカーは自分の行動は正しいと解釈しており、それを否定されないから愛されていると誤認識をしてしまいます。こういったストーカー相手に当事者が付き纏いをしないで欲しいと懇願した所で全く伝わらず、伝わらない事を永遠に繰り返そうとしても何も進展がありません。

ストーカー相手には第三者を介入させ、ストーカーが近づきたくない。と思わせる様に仕向ける方法が求められます。

ストーカーが知り合いの場合

ストーカーが知り合いの場合、別れさせる相手の素性が分かっている為、その相手の素性に合わせて別れさせる様に仕向けなければなりません。

知り合いだから身の危険を及ぼす様な事はないだろう…と安易な考えで話し合いの場を設けた際にストーカーの発想を理解していなければストーカーとの別れに繋がる所か、より愛情を感じてしまい別れさせが困難になってしまう事もあります。

自分は愛されているとストーカーがどこで感じるのか?を知る事でストーカーへの対処法を見つける事が出来る可能性があります。

ストーカーの事を全く知らない

全く知らない人物にストーカーをされている場合、その人物を特定しなければ話し合いの場を設ける事が出来ません。自分がどんな人物にストーカー行為をされているのかも分からなければ対処の仕方がありませんが、その人物を特定する事でストーカー被害を食い止める事になるケースもあります。

自分がしている事が犯罪だという事を認識していないストーカーは多く、犯罪行為に対して理解をさせる事は当事者では出来ません。

第三者に「あなたの行っている行動は犯罪ですよ」と伝えてもらう事が重要ですが、人物を特定する事が出来なければ、それも叶いません。ストーカーをしている人物の事が全く分からない場合、まずはその人物を特定する事が優先事項であり、人物特定をした後は第三者に接触して話しをしてもらう必要があります。

別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

別れさせ屋工作は株式会社ジースタイルにお任せ下さい

悪徳な別れさせ屋にご注意下さい

テレビや雑誌メディアでも度々出る様になってきました別れさせ屋の実態を理解せずに悪徳な別れさせ屋と契約をしてしまい何もしてもらえずに結果も残らずお金だけを詐取されてしまったという被害報告が弊社相談窓口に寄せられる事件が増えてきました。契約を強要され、調査、工作を行わず契約後は担当者と連絡が取れない所か契約した会社とも連絡が取れないという事件が多発しています。別れさせ屋にご依頼する際はシッカリと契約内容等の確認も行い、ご契約下さい。また別れさせ屋に騙されてしまった。という被害に合われた方も一度ご相談下さい。

全国対応を装い、全国にレンタルオフィスを設けてあたかも会社があるかのように装う悪徳別れさせ屋の横行が目立って来ています。契約前に不安を煽るだけ煽り、契約を強要、又は契約せざるを得ない状況を作り出し、別れさせ屋との契約を迫る所が急増中です。悪徳かどうかの判断は難しいかとは思いますが弊社にはご相談者様から多数悪徳会社の名前を挙げられる事がありますので他社でご契約の前に、その別れさせ屋の評判はどうなのか?という事をご相談下さい。悪徳な別れさせ屋についての対応の仕方などアドバイスも無料でさせていただいています。

⇒悪徳な別れさせ屋にご注意下さい