復縁屋、別れさせ屋の株式会社ジースタイル

元カレ、元カノと復縁したい-復縁屋、復縁工作は(株)gstyle

元カレ、元カノと復縁したい時に大切な事は焦らないという事と物事を順を追って進めていく事が必要になります。

スグにでも復縁したいという気持ちを抑えるのは大変困難な事かと思いますが、この2点を忘れてしまえば元カレ、元カノとの復縁を叶える事は出来ません。

今現在元カレ、元カノとの関係はどんな関係なのか?

今現在元カレ、元カノには新しい恋人の有無、若しくはそれに近い関係になりつつある異性の存在の有無を知っているか?

この二つがあるからこそ、次の段階である別れの原因について考える事が出来ます。

元カレと復縁したいならしなければならない事

元カレと復縁したい時にしなければならない事の中には下記の項目が必須条件になります。

但し、前提条件として下記のモノは今現在、元カレとの関係が良好であり、新しい恋人の存在が無い若しくは異性の存在がないという条件になります。

新しい恋人がいる際には、その恋人との関係を別れさせ工作で強制的に破局させる方向に進めるか、時間の経過を待ち別れを待つという形を取らなければならなくなり、後者の場合、後の結婚などに繋がってしまえば別れさせ工作を行う事も出来なくなります。

外見の自己改善

外見の改善部分として復縁を考える際に必要ないという復縁アドバイスをしている事もありますが、今よりももっと美しくなる、元カレ好みの女性になるという事に関してマイナスに作用する事はありません。

ただし、自己改善の仕方として外見の自己改善ばかりに重きを置いてしまうケースが多く、復縁を考える際に重要視するポイントからズレる場合があります。

外見の自己改善においては、やっておいて損はない程度の気持ちで挑んでいただく程度であり、外見に関して指摘されていたのであれば改善しなければならない事はありますが、大抵の場合、それほどの重要視はされていません。

弊社では専属のスタイリストも在籍しているので外見の自己改善についてもアドバイスを行う事が出来ます。

内面の自己改善

内面の自己改善というと、元カレが別れた原因ばかりを考えてしまい、その部分を改善していけば復縁に繋がるのではないか?と考え、必死に自己改善に励む女性が多いのですが、別れの原因を弊社で調査した場合に発覚する事の多くは相談者の考えていた別れの原因と元カレが考えていた別れの原因が異なり、1人で復縁を目指していても復縁出来なかった理由が明らかになるケースは多々あります。

内面の自己改善を行う事で復縁に繋がるケースは多いのですが、自己改善の方向性が間違っている為に復縁に至らない為に、本当の別れの原因は何なのか?という事をシッカリと考え原因解明をしなければならず、元カレとの関係やどういった事から別れに繋がったのか?という部分を理解した上で自己改善の方向性を間違えない様にしなければなりません。

元カレへの売り込み

上記の様な自己改善が出来た場合に、自己改善した姿をどの様に見せるか?連絡が取れる状況であれば、少しづつその姿を元カレに見せていかなければなりません。

元カレへの売り込みの際に注意しなければならない事は復縁したいという気持ちを全面的に出してしまい、元カレに「こいつはキープしておこう」と思われない様にしなければならない事です。

少しづつ自分に好かれる為に魅力的な女性になっている事で男性は優越感に浸り、いつでも復縁出来るという状態の人に対して飛びついて復縁したいとは思いません。

せっかく自己改善した結果がスグに欲しいと考えてしまえば努力が水の泡になり、ただの2号に成り下がってしまいます。

過剰なまでに復縁したいという気持ちを出すのではなく、一歩引いた友達関係という所から少しづつ元カレに女性として意識させる様に仕向け、自分から復縁したいと伝えなくても元カレから復縁したいと言って来る様にしなければなりません。

自分ではここまでの事を出来ない…状況が違う為に元カレに自己改善した姿を見せる事が出来ない…という方は復縁工作を視野に入れてみて下さい。

復縁工作についてはコチラ

元カノと復縁したいならしなければならない事

元カノと復縁したい時にどうすれば復縁出来るのか?という参考にして下さい。

ここでのアドバイスは元カノとの関係が良好であり、連絡を取れる仲であるという前提を元に書いてあります。

元カノと連絡が取れない…居所が分からないという場合は元カノを探す事から始めなければなりませんから1人で復縁を考えるのは難しいという条件の元に掲載させていただいています。

そういった悩みを抱えている場合は弊社にご相談下さい。解決する為のプランを提示させていただきます。※ご相談は無料ですがご依頼は有料になります。

元カノとの連絡の取り方

元カノと連絡を取る際には復縁したいという事を全面的に押し出すのはいけません。

男女間の問題は駆け引きが重要であり、押せば引く、引けば押すという言葉通り、ただ押せば復縁出来るというモノではありません。

常に復縁したいと伝えてしまえば相手は言われる事が当たり前となり、その当たり前を何度も耳にすれば連絡を取りたくないと思ってしまいます。

好きだからこそ好きという言葉を出すのではなく、好きだからこそ好きだという態度に表していく姿勢で復縁に挑まなければなりません。

連絡する度に復縁したいと言われれば、最初は好意的に受け止めてくれますが、何度も続けば「どうせまた…」という言葉になってしまいます。

好意の出し入れをメリハリをつけて行う事が重要です。どのタイミングで復縁したいと伝えれば良いのか?といったアドバイスも弊社では承っていますので復縁したいというタイミングが分からない場合もお気軽にご相談下さい。

元カノの為の自己改善

元カノの為の自己改善と、自分の為の自己改善を同様に考えてしまえば復縁したいが叶う事はありません。

誰の為に自己改善をしているのか?何の為に自己改善をしているのか?という事を考える事が出来て自己改善の方向性が分かります。

元カノと復縁したい方の多くは自分の為の自己改善をしているケースが多く、自分の為の自己改善で元カノが復縁したいと思ってくれる事はありません。

元カノと復縁したいのですから元カノの為の自己改善を心掛ける様に元カノの気持ちや別れの原因をシッカリと考えて自己改善を行っていかなければなりません。

元カレ、元カノと復縁したいから復縁工作

上記の復縁アドバイスはあくまでも関係が良好であり、別れ方に問題のない人に向けた復縁アドバイスになります。

上記以外のケースの場合、例えば連絡が取れる状態でも関係が悪化している等の状態であれば一人で復縁したいと目指した所で復縁はとても難しいモノになるという事を理解して下さい。

拗れた関係を取り戻す前に、拗れた関係を作ってしまったのは自分自身です。

自分自身が問題を作ってしまい、自分自身で問題解決に繋がる道筋が見えないのであれば専門家に頼り復縁を目指すのも1つの手段になります。

復縁屋は復縁工作という手段を用いて復縁したい元カノ、元カレに接触し、別れの原因を聞き出す事や復縁に向けた心理誘導を行う業務を行っています。

自分自身が作ってしまった原因を改善し、復縁したいと考えるのであれば復縁屋、別れさせ屋の株式会社ジースタイルにご相談下さい。

復縁工作成功例

相談者 エリナさん(仮名)
年齢 26歳 独身
地域 埼玉県
職業 派遣
状況 浮気が気付かれてフラれた

相談者エリナさん(以後依頼者)は友人に呼ばれて仕方なくついて行った合コンの際にお酒の力もあり、浮気をしてしまいました。

当時付き合っていた彼(以後対象者)とのお付き合いがマンネリ化していた事もあり、一度だけなら対象者に気付かれないだろう…と思っていた事やお酒の力もあり、その日の内に関係を持ってしまいます。

依頼者からの毎日の電話やLINEの連絡がなかった対象者は依頼者の行動を不審に思い、問い詰めた際に依頼者は合コンに行ってしまった事と、その日の内に浮気をしてしまった事を対象者に伝えてしまいます。

あまりのショックから別れを切り出した対象者に対して依頼者は何度も謝り、許しを請いましたが許してくれる事はなくLINEもブロックされてしまいました。

諦めなければならないのか…と思った所を弊社に相談に来られ、復縁工作の契約を交わし、まずは対象者の調査から開始しました。

対象者が自暴自棄の状態で他に女性遊びをしている可能性もあったので会社からの対象者の尾行と休日の張り込み&尾行をしますが、女性の影は一切出てきませんでした。

友人と居酒屋に行った際に尾行し、ついて行った所、友人に「本当に好きだったのに裏切られてショックだ…」「死にたい…」という言葉を連呼している事を調査員は耳にします。

居酒屋で聞き耳を立てて情報を入手していたので、その情報を依頼者に伝えると自分のした事を改めて反省し、二度と浮気をしないという決意をさせます。

会社帰りの対象者を工作員が偶然を装い接触し、15分ほど立ち止まって話しをしなければならない状況を作ります。

工作員が顔を覚えさせ、連絡先を交換し、次に対象者と接触するまでの間、数度連絡を取って意気投合した工作員と対象者は居酒屋に飲みに行く事になりました。

依頼者から聞いていた思い出の居酒屋を2件目に持って行く為、1件目の居酒屋 は2件目の居酒屋と近い所に入り、お酒の力も手伝ってか依頼者との思い出を工作員に語ります。

泣きじゃくりながら本当に依頼者の事が好きだった事、そしてその大好きな依頼者に裏切られた事で受けたショックの大きさを対象者は工作員に涙を流しながら語りますが復縁は考えられないという事を話の中で何度も繰り返します。

何故復縁を考えられないのか?と、それだけ好きならもう一度だけ信じてみてもいいのではないか?と提案しても意志は固く、復縁しないという想いを工作員に伝えます。

ここで方向性を変えた工作員はすぐに復縁を考えさせるのではなく、まずは友人関係として関係を続ける事を提案し、対象者に伝えます。

すぐに復縁ではなく、それだけの強い想いを対象者が持っているのであれば友人関係を持って行く内に恋愛感情が再燃するだろう…という予測の元に、まずはLINEのブロック解除を勧めてみます。

工作員の後押しがあってかLINEブロックを解除し、その場で依頼者にLINEを送り、2人では気まずいだろうから後日3人で居酒屋にでも行こうという提案をし、その日は別れます。

依頼者に方向性の変更等を伝え、対象者の気持ちを伝えた所、友人関係とは言え連絡を取れるようになった事を喜び、依頼者も泣きじゃくります。

居酒屋以降も工作員は対象者と連絡を取り依頼者と3人での飲み会のセッティングを勧めます。

3人で の飲み会の当日、依頼者と工作員、対象者で友人同士の飲み会という状況の中、お酒が入ってきた時に工作員と対象者が2人で飲んでた時に依頼者の事をどれだけ好きだったのかという事を延々と聞かされた事をその場で暴露し、依頼者が涙を流し自分が本当に悪かった事と対象者を傷つけてしまった事、謝っても謝りきれないという事と同時にそんな自分が復縁したいという言葉を出す事はおこがましいという事をその場で吐露します。

もちろんこれらの内容は3人での飲み会が決まった後に事前に打ち合わせしていた内容によるもので、復縁したいという事を依頼者には絶対に言わない様にと釘を刺しておきました。

復縁したいと言われると思っていた対象者はその発言に驚き、もしもこのまま何もなく進んでしまえば、復縁はないのではないか?と考えさせます。

これも工作員と対象者が2人で飲んでいた時に潜在的には意地を張っているだけで、何かのキッカケがあれば復縁したいと考えている事を工作員が見抜いていたからこそ使えたテクニックです。

依頼者も復縁から身を引き、対象者も意地を張っていた状況で工作員が間に入り、そんなに2人が相手の事を思っているなら復縁した方がいいんじゃないか?という提案をします。

落とし所は「誰かが言ったから仕方なく」という状況を作る事でした。

元々復縁したいと心の中では思っている2人なので何かのキッカケがあれば復縁に繋がるのは明白でした。

そのキッカケ作りを工作員が間に入り、工作員の為に復縁して欲しいという形を作る事で2人とも工作員が言うなら…という状況を作る事が出来たのです。

工作員を使い、浮気をした事を依頼者は謝り、もう2度としない旨を約束し、対象者は自分が傷ついた事と、だからといって連絡を断ち切り寂しい想いをさせた事を謝り復縁に至りました。

弊社で復縁成功した過去の復縁成功者の事例を掲載させて頂いています。復縁したいと思われていた方が復縁工作によってどのように関係を再構築できたのか?復縁工作の依頼者に特別に許可を得て掲載させて頂いています。※プライバシー保護の為、若干の修正が加わってしまっている箇所があります。

復縁工作 基本プランの料金・値段のご案内

復縁工作 プレミアムプランの料金・値段のご案内

復縁屋、別れさせ屋の株式会社ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋の株式会社ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋工作、別れさせ屋工作は株式会社ジースタイルにお任せ下さい