復縁屋

元妻・元旦那と復縁したい方へ-復縁屋、復縁工作は(株)gstyle

夫婦関係を築きながらも離婚をしてしまい、家族という絆を失ってしまった方へ復縁屋ジースタイルからメッセージを送らせて頂きます。

もし、あなたが家族と再構築を考えているのであれば周囲の声ではなく、自分自身の気持ちに素直に従って下さい。

カップルという関係よりも夫婦という絆を失った苦しみはとても辛いものだという事を分かって下さる方はとても少ないモノです。

もしも 、あなたの周囲に家族を失い、再構築を目指した方がいるのであれば、その方の話しを聞いてみて下さい。

その方と同じ事をすれば復縁出来るのか?と言えば違います。という言葉を復縁屋ジースタイルはお答えさせていただきますが、復縁を諦めないで復縁した方が近くにいる事実を理解して下さい。

夫婦という絆を取り戻す為に、出来る事はきっとあるはずです。

どの様に家族を失ってしまったのか?

どの様に家族があなたの元から離れてしまったのか?

夫婦間の問題を解決する事が、今のあなたには厳しいのかもしれません。

誰かに頼りたい。

誰かに状況を理解してもらいたい。

解決策はないのか?

そんな悩みを抱えている方に復縁屋ジースタイルは、あなたの味方をさせていただく事が出来ます。

1人で苦しみを抱えてしまう事が、とても辛く、とても苦しい事だという事を復縁屋ジースタイルは知っています。

今、あなたが抱えている苦しみを理解する事はとても難しく、その問題を解決する事がとても難しい問題である事を復縁屋ジースタイルは理解しています。

この苦しみをどうすればいいんだろう?と一人で悩み、苦しんでも解決に向かう事がない事が分かっているのなら、頼れる場所がここにあります。

復縁したいと本気で考えているのであれば復縁屋ジースタイルにはあなたのお役に立てる事があります。

復縁相談、復縁工作、復縁調査

大切な家族との絆を取り戻す為に出来る事があるなら復縁屋ジースタイルはどんな事でも協力させていただきます。

もしも、今、どうすれば復縁出来るだろう…とお悩みであれば、その問題を胸にしまいこまずに一言声をかけて下さい。

どんな状況でも、どんな時にも復縁屋ジースタイルは本気で復縁したいと想う気持ちを持たれている方の味方です。

恋しくて苦しくてただ悩むだけの日々から一歩踏み出し、復縁に向けて一歩進んでみて下さい。

解決の糸口はきっとある。

この言葉を信じているあなたのご相談を復縁屋ジースタイルはお待ちしています。

元妻・元旦那との復縁工作

カップルとの復縁よりも一度夫婦という関係を持った後の復縁工作は、難易度が上がります。

夫婦間で離婚まで行きつくまでには、それなりに話し合い等をされ、お互いに納得した上で合意の元に離婚が成立したという事が多く、離婚をする前と離婚をした後でも難易度は大幅に変わって来ます。

離婚をする前の復縁工作であれば離婚を踏み止まらせる様に仕向けていけばいいので、関係がこじれてしまった原因も分かり易く、その問題を解決すれば婚姻届というものと離婚という言葉の重みから復縁を考える様に仕向ける事は可能です。

子供や他にも様々な復縁の為の要因もある場合は、離婚した後よりも復縁工作の成功率は上がります。

問題は離婚した後の復縁工作になります。

離婚した後にどの様な関係になっているか?という事を復縁屋ジースタイルはヒアリングをしっかりとさせていただき、関係がこじれてしまった理由と今の状況などを分析させていただきます。

別れてしまったとにどの様な関係を続けているか?とい う事も離婚した際の復縁工作では重要な事であり、復縁の可能性があるかどうか?という部分もしっかりと解析させていただきます。

復縁の可能性が全く見られない様な状況であれば復縁屋ジースタイルがいくらお客様の味方であると言いましてもご協力出来る事は限られてしまいます。

復縁工作は大切な人の気持ちをもう一度振り向かせる為にサポートさせていただくサービスですから、その可能性が0%であれば復縁屋ジースタイルにサポートする事はなくなります。

元妻・元旦那との復縁工作をお考えの際は復縁屋ジースタイルでは復縁の可能性があるのかどうか?という事を無料診断させていただいています。

まずは現状を第三者にしっかりと把握し てもらう事が大切であるという事をご理解下さい。

楽しかったあの頃の関係に戻りたい 若い頃は良かった…

相談者 シンジさん(仮名)
年齢 29歳 既婚
地域 東京都
職業 会社員
状況 すれ違い生活が続き離婚

相談者であるシンジさん(以後依頼者)は離婚した元妻であるシオ リさん(以後対象者)との復縁を望んでおりました。

離婚の原因は2人の間には子供が出来ずお互いの仕事の忙しさから擦れ違いの生活が原因で離婚に至ったといいます。

2人は幼馴染で交際を始めたのは高校生の頃からでした。

結婚はお互いに大学を卒業してからだそうです。

付き合いが長い分、新婚当初から2人の関係にはマンネリ気味でお互い仕事に励んでいた様でした。

依頼者は仕事の関係上、接待が多くお酒を飲み家に帰らないこともあったとの事でした。

接待上キャバクラや風俗にもよく行かれていたそうで、女性関係も結婚するまでは対象者のみで、他には無かったそうですが、学生の 時分に遊ばなかった事や女性を対象者しか知らなかった事から、1度他の女性を知ってからは対象者との夫婦の営みも無くなり、女性遊びにのめり込んでしまっていたようです。

依頼者は対象者に女性遊びは気付かれていないハズだと仰っていましたが、ヒアリングをするにつれ、相談員は本当に対象者が女性関係に気付いていないのか?という疑問を持ち、これも離婚の原因の1つではないかと復縁屋ジースタイルの相談員は分析していました。

離婚をしてからは友人関係としての付き合いは一応あり、連絡をする事や時には食事に行くこともあった様ですが、いざ復縁の話しをすると「それは絶対にあり得ない」という言葉が返ってきていた様です。

何度か復縁 をしてもらえないか?と申し出ると、「しつこいよ」となだめられ、「私達はもう終わっているの」という言葉を返されてしまい、良い返事を貰えないという状況が続いておりました。

依頼者は対象者に新たなパートナーが居るのではないか?と思う様になり、依頼者が自身で調べてはみたのですが、顔を知られている事や、張り込み等をする時間もあまり取れず、結果が出なかった事から悩んでいた所に依頼者は復縁屋ジースタイルのホームページに辿り着き、相談をして来たようです。

対象者との関係を依頼者が維持していますが、

・復縁をする気はない
・他に新しい恋人がいるかもしれない
・友人関係としては関係を続けていく気はある

といった復縁に有利な部分も不利な部分も見受けられます。

夫婦生活を共にしていた事で対象者の行動パターンや、離婚した後も友人関係を築いている事から対象者の情報は依頼者が直接入手しやすく、復縁調査をするにあたっては、新しい恋人の存在を確かめる事を第一優先とし、新しい恋人の存在があれば別れさせ工作、新しい恋人の存在がなければ復縁工作へと進むプランを提案させていただきました。

対象者の生活パターンは、依頼者からの情報によってある程度の把握が出来ている為、調査をするにあたって不足している情報は特になく調査段階ではとてもやりやすい調査となりました。

新しい恋人の存在を確認する為には出勤時に新 たな恋人と会う事は考えずらい為、朝の通勤時間の調査を省き、会社から退社し、帰宅までの調査をする事で会社帰りに誰かと会っていないのか?という部分を確認する事が出来ます。

対象者は離婚後実家に戻り両親と暮らしをしていた様なので、依頼者から伺った対象者の定時時刻の一時間前に張り込みをします。

離婚した後に帰るルートに関しても一本道になっていたので、依頼者が対象者を尾行する事は困難だという事が分かります。

対象者の調査3日目の夜に動きに変化があります。

普段の退社時間にいつもの帰宅ルートとは別の方向に向かい依頼者とは別の男性(以後A)と合流をします。

会社から少し離れた所 で待ち合わせた2人が向かった先は少し離れたファミレスで食事をとった後に2人は車に乗り込みホテルへ向かったのです。

ホテルに入る車の写真とホテル内にある駐車場に止めてある車の写真を納め、そこで調査員は待機し、1時間30分後に対象者とAが乗った車が出てきました。

ホテルから出て来る写真を納め、二人を乗せた車を尾行します。

ホテルの最寄駅近くで対象者を降ろした後、Aの調査をし、どの様な人物なのか?を把握します。

Aの住まいを発見した所、Aは対象者とは別の会社に勤める年上の男性で、Aを調べた所、妻子持ちの会社でもある程度のポストに付いている事が判明しました。

その後、対象者の張り込みをしていた所、Aとは2度と接触する事はありませんでした。

別の日の対象者の退社時の行動確認中には別の男性(以後B)と接触し、ホテルへ消えて出てきた所を押さえます。

Bとの密会後もBを調査し、Bの住まい等を特定していった所、Bは某大学に通う学生という事が判明します。

Bともその後会う事も無くなり1回きりの接触でした。

調査過程で対象者の後ろから対象者の持っていたスマホを覗き見ると、メールやライン等のアプリを使うのではなく、サイトのメールを使っていた事が判明します。

その事から対象者は出会い系サイトを利用している事が判明しました。

基本的 には1回きりの関係で終了する事が分かり、不特定多数の男性と関係を結んでいる事が判明します。

ここで担当者が思った事は対象者は私生活の寂しさから出会い系で不特定多数の男性と関係を持っているのではないか?そして依頼者の女性関係が派手だった事に気付いていたのではないか?と感じす。

この事も踏まえ、依頼者と打ち合わせをし、今後の対応を協議した結果、依頼者は「今回の離婚の原因は自分にあるし対象者が今のままではダメになる。言われてみれば対象者は夜の営みが少ない事をずっと訴えていた気がする…」という事を思い出します。

何故、夫婦間でセックスがマンネリしてしまったのか?それを解決する事が出来なかったのか?他 の女性を知って大切な人を疎かにしてしまった事を依頼者は嘆きます。

もちろん夜の営みが減った事だけが原因ではない事は、依頼者も担当者も良く分かっている事ですが、直せる部分は直していかなければ復縁は難しいという今までの経験から、担当者はその部分に関してもアドバイスをさせていただきます。

今後復縁をするにあたって、キャバクラ通い・風俗通いは自粛する事と対象者との2人の時間を作る事を意識して欲しいと伝え、復縁工作に向けて依頼を継続する事になりました。

この様な状況であれば、誰か特定の人間がいる訳ではないので別れさせ工作をする必要はありません。

出会い系サイトを利用させない様に依頼者 の関係を修復する事で、寂しさを埋める事にも繋がります。

まず対象者には依頼者との復縁をあまり望んでいない様な言葉を依頼者に投げているので、どのように気持ちを依頼者に向けるかを検討することから始めなければなりません。

どんな復縁工作の依頼もそうですが、1度心が離れた相手をもう1度振り向かせる事は難しいのです。

数多く復縁依頼を受けても依頼者の状況と対象者の性格等、必ずしもみな同じということはありませんが、似た様なケースから解決策を見出していかなければなりません。

今回の件では依頼者と対象者の間にはまだ関係を継続している点等、復縁にとって有利な部分はあります。

女性 工作員が対象者に接触し、過去の男性遍歴の中から依頼者であろう人物の話しを聞き出す事に、結婚をしていた事や、高校時代からの付き合いという事等、対象者の口から依頼者を特定させるワードを聞き出す事は難しい事ではありませんでした。

同時に、何が原因で離婚に至ったのか?という事を対象者の口から聞きだします。

それとほぼ同時進行で対象者に対するLINEや電話などの会話の仕方、工作員がから聞き出した情報を元に担当者は依頼者の改善指導を行います。

依頼者と対象者のLINEの過去のやり取りから読み取る事が出来る自分本位な部分や、対象者が依頼者に対して訴えている部分を工作員から聞き出した情報を元にアドバイスしま す。

対象者の立場・気持ちを考えた上でLINEなどで会話をするように指導し、LINEで送る文面も事前に担当者がチェックを行い送信する事で対象者に依頼者から来るLINEの内容が変わったという事を工作員に告げる様になりました。

最初の頃はやはり自分本位な内容が多く、担当者が訂正する事が多く、対象者の気持ちを考えるという事を今までにした事があまりなかった為に、改善に手間取っていたようですが担当者と打ち合わせを重ねていく内に徐々に変化がみられ、その内容から対象者とのやり取りが頻繁になるようになりました。

対象者と依頼者のLINEのやり取りが増えていくにつれ、工作員へ最近、元旦那が前と違って来ているという言葉を出すと共にLINEが来る事を心待ちにしている様子が伺えます。

工作員は要所要所で復縁しちゃえばいいんじゃないか?という提案を出しますが、それを踏み止まる対象者に対して疑問を持ちます。

何度か依頼者と対象者がLINEのやり取りを行っていると食事に行く約束を交わす事となり、そこに向け担当者と新たな打ち合わせをします。

依頼者と対象者が食事に行っている際に工作員が近づく事や担当者が、その場で直接指導する事は出来ないので、今迄の依頼者と対象者のやり取りから事前に起こるであろう出来事を予測し、念入りに打ち合わせをし、依頼者にアドバイスを行いました。

復縁の話しは工作員が踏み止 まる理由を聞きだす迄、絶対に出さない事、対象者との距離を縮める事だけを優先し、関係を継続させて行く方向で食事に望む事になりました。

食事の席では事前に入念な打ち合わせをしていた甲斐もあり、他愛も無い話をしてその場を終えましたが、調査期間や工作の期間中にアドバイスをして変えなければならない事をしっかりと実践していた依頼者を見て、以前に食事をしていた時より対象者の態度が変わったと依頼者から担当者に連絡が来ます。

対象者から工作員の方に、「元旦那が以前と違って自分を女として扱ってくれている」という言葉を聞き、これが復縁に踏み出せない理由の一つではないか?と考えた工作員は、この部分に関して突っ込んで話しを聞いていき ます。

案の定、付き合いが古く、他の女性とは遊んでいた事をしっかりと理解していた対象者は、自分を女として見てくれない事や復縁して、また同じ事を繰り返したくないという気持ちから一歩踏み出す事が出来ないという事を工作員に話します。

復縁に至らない理由は女遊びをしていた事もそうなのですが、自分を女として見て欲しい…という気持ちが強く、出会い系サイトを利用していたのも、女性として見てくれる男性と会う事で自分が女性だという事を再認識したかったからだったという事でした。

原因が分かったからといってすぐに復縁という訳にはいきません。

女性として見れていなかった部分を工作員が対象者から聞き出します。

それを依頼者に担当者づてで伝え、思い当たる節がある依頼者の考えを改める様にアドバイスを勧めます。

そして次回の食事で会う前までに、対象者の望む形を依頼者に叩き込ませ、食事に行かせた後、工作員が対象者の話しを聞き、女性として見てくれる様になった旨を聞き出します。

その状態になり、工作員が復縁を勧めると対象者もどうしようかな?と言いながらも気持ちが傾いている事に気付きます。

その旨を担当者に伝え、依頼者には次の食事で復縁まで持ち込む方向で話が決まりました。

当日、食事を終え別れ際に依頼者から今の胸の内を語らせ、以前の事を詫び、高校生の頃に告白させた場所まで 車で向かわせ、付き合う前にどの様な気持ちだったのか?という事を語らせ、その頃の気持ちでまた付き合う事から始めたいと告白をしました。

そこで対象者はその答えとし、依頼者にこれからは女性として自分を見て欲しいという事を依頼者に伝え、復縁に応じる事に了承しました。

依頼者は改めて今までの事を詫び、もう一度2人でやり直す決意をしたという連絡が翌日、工作員の元に入り、担当者の元にも依頼者から連絡が来ました。

依頼者は対象者が出会い系で不特定多数の男性と会っていた事は胸の内に仕舞い、そうさせてしまった事は自分に責任があると考え、その事に触れる事にはしませんでした。

この復縁工作の成功例は 依頼者の了承を得た上で掲載させていただいています。

依頼者や対象者が出向いた場所等の本人特定が出来るモノに関しては一部修正が加わっています。

復縁工作 基本プランの料金・値段のご案内

復縁工作 プレミアムプランの料金・値段のご案内

復縁屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋