復縁屋

妻が浮気をしてしまった方の体験談 復縁屋㈱gstyle

妻が浮気をしてしまった、といわれたときにはとても悩みました。

浮気をしたことは許すことができない、けれどそれでも妻を愛していることに変わりないということがつらかったです。

ですが、妻の浮気の原因のひとつには自分のわがままな性格と仕事ばかりに走って妻を家のなかに閉じ込めて満足していた自分も入っているとわかりました。 二人で相談をして悩んで喧嘩をしましたが、復縁をすることにしました。

夫としてどこが悪かったのか、それを妻の浮気を知ったときには考えなければいけないと思いました。
ただ、夫に何の関係もなく浮気をする妻もいます。ですが、もしそこに夫の普段の言動などに原因のひとつがなかったか、ということもきちんと考えてから、どうするのかを決めるべきです。

自分の場合は、妻になぜ浮気をしたいと思ったのか、その理由をしっかりと訊きました。泣く妻に怒りしか感じないこともありましたが、それでも妻の言い分もひとつずつ聞いていくようにしました。そうすると、普段の夫である自分の行動のひどさなどもわかってきました。妻が食事を作っておいてくれても、後で食べる、といってそのままにしたり、飲み会へ何の連絡もせずに行ってしまい、夜中に食事が冷めている、と怒ったり、ということも原因になっていたのです。妻が自分の気を引こうとおしゃれをしても、話をしてコミュニケーションをとろうとしていたことも、そのときになって、そういえばそんなことがあった、という風に感じました。

なので、妻の浮気は許せないと思いましたが、妻が傷ついてしまっていたこともわかりました。なので、まずは夫婦でじっくりと話し合うようにしました。

復縁するか、ということは、その家族の考えによって違ってくると思います。ですが、我が家の場合、妻の寂しさを家族も感じていたらしく、話し合ってきちんとけじめをつけるように、というアドバイスをもらいました。

復縁したいと思っているのなら、まずはきちんと相手の話を聞くようにしなければいけないです。怒りばかりに気をとられて、相手を責めるだけでは復縁をすることは絶対に無理です。家族は対等です。
上下関係はないことを忘れてはいけないです。相手のご機嫌をとろうとしたりせず、時間をかけて話し合い、自分たちにとってよい結果を見つけるための時間を作ることを面倒がってはいけないです。 復縁したいと思ったら、相手をしっかりと見ること、そして逃げないことです。

大切な人と浮気相手を別れさせてから復縁工作

復縁したいと考える際、大切な人に浮気相手がいれば復縁工作が上手くいく事はありません。

復縁工作をするのであれば大切な人と浮気相手との関係を切る事が大前提となります。

大切な人の気持ちが他に向いているのであれば、お客様の方に気持ちが向くということはありません。

大切な人が浮気をしていても、どうしても復縁した いと本気で考えるのであれば、まずは大切な人と浮気相手との関係を切らなければ気持ちが戻ってくることがない事を理解しましょう。

どうすれば大切な人と浮気相手との関係を解消することが出来るのか?自分ではどうにもする事が出来ない…このまま大切な人を失うことはしたくない…と考えられるのであれば復縁屋㈱gstyleの別れさせ工作という手段もあります。

大切な人と浮気相手との関係を断ち切らせる事で復縁を考えさせる方向に進む事も出来ます。

浮気相手との関係を断ち切らせる別れさせ工作⇒復縁工作という形をとる事で、以前の様な状況に近づかせる事も可能になってきます。

復縁工作は大切な人との関係を取り戻す為 の工作ですから、復縁する為に別れさせるという事が必要なのであれば復縁屋㈱gstyleではお客様の希望に添えるように対応させて頂いています。※復讐の為といった公序良俗に反する為の別れさせ工作への対応はしておりません。

復縁工作で100%の復縁の保証というものは出来ませんが、復縁屋㈱gstyleへご相談いただいた際はお客様の復縁を全力でサポートさせていただきます。

パートナーを別れさせたい…

相談者 ユウコさん(仮名)
年齢 29歳 未婚
地域 大阪
職業 派遣
状況 実は自分が浮気相手だったケース

相談者であるユウコさん(以後依頼者)は2年前にSNSの交流サイトで出会いお付き合いをした対象者シンジさん(以後 対象者)とは将来結婚の約束をしていたにも係わらず対象者からは何も理由告げられず突然別れを告げられました。

当然依頼者は納得いくものではありません。

対象者に対しての一途な思いもあり、諦められる事も出来ず苦しい日々を過ごしておりました。依頼者自身で何度も話し合いの機会を設けようと連絡を試みたものの会う事も出来ず時間が経つにつれ連絡さえも取れない状況になりました。

友人に相談したものの、諦めた方が良いと勧められましたが、対象者の事を忘れられない依頼者は悩んだ末に復縁屋㈱gstyieに相談をしてきました。

依頼者とのヒアリングを進めていく中で対象者と別れる半年程前から会う頻度も減り、デートをしている時にはスマホを度々チェックをし席を外す事が多くなったとの事でした。

気持ちが離れているからスマホをチェックしているのか?浮気相手との連絡を取る為にスマホをチェックしているのか?という原因を解明する為に更にヒアリングを繰り返します。

合計4時間に及ぶヒアリングの末、依頼者の話を聞けば聞くほどに対象者が浮気をしている可能性が高まり、浮気をしている男性に多く見られるチェックすべき点が多数出てきました。依頼者はその事が気になり他に女性の影を感じていたみたいでしたが、対象者を信じたい気持ちとそれが本当だったら…と恐れるあまり対象者に問い質す事が出来なかった様でした。調査員は新しい女性の存在を確信し ましたが、依頼者はその状況でも強く復縁を望んでいましたので、この状態で復縁工作を進めた所で、依頼者と対象者の復縁には繋がらないと考えた担当者は、まずは対象者が既に新しい恋人と関係があるのかどうか?という部分から調査する提案をさせていただきました。

契約を終え、早速対象者の調査に入る事になります。

数度に渡る調査の末、対象者に既に恋人の陰がある事が発覚します。

ヒアリングをしっかりとしていなければ復縁工作をこの状態で勧めてしまい、新しい恋人(以後A)の存在がありながらも復縁に向けて工作員が復縁工作を行っていれば確実に復縁工作は失敗に終わるものでした。

調査初日から女性の存在が確認出 来、二人は既に半同棲状態にありましたが数日間調査をしているうちに調査員はある違和感を感じました。「この2人は何か変だぞ?上手くいっていないのではないか?」

恋人の存在を把握し、どの程度の新密度なのか?どの程度前から付き合っているだろうという事を調査の過程で掴んだので、新しい恋人の存在を依頼者に伝えた担当者は次の段階に進みます。

ここで復縁工作をしても効果がないという事と、依頼者の復縁したいという気持ちを再確認し、別れさせ工作の提案を依頼者に話します。

調査で得た情報を元に別れさせ工作のプランを依頼者に提案させていただきましたがうまくいっていないのではないか?という部分をつく事に成功し、別れさせ工作は成功します。

別れさせ工作が簡単に成功した理由は調査段階で得た情報によるものが多く、実は対象者はAとの交際の方が依頼者よりも長く、実際の浮気相手というのは依頼者だったのです。

Aとの交際に疲れている部分が見受けられ、依頼者とのデートの時にスマホをチェックしていたのは対象者がAからの束縛が激しく、そこに依頼者との癒しを求めていたのでした。それでも何故対象者はAとの交際を続けていたのか?という理由が分かれば別れさせることは難しい事ではありません。

対象者の悩みを解決する事でAとの関係を終わらせる方向に進められたのです。だからといって突然依頼者の元から去った自分が簡単に依頼者との復縁を考える事は 出来ない…という話を聞いていたので、依頼者にその旨を伝えます。

対象者の状況を説明し、それでも復縁したいから復縁屋㈱gstyleに相談に来たので、どうにか対象者の気持ちを揺さぶって欲しいという相談を受け、復縁工作のプランを提案させていただきました。

早速工作員を派遣し、対象者に不自然にならない様に接触する事が出来たので復縁工作を開始します。事前に調査していた情報があるので、接触の一番適切なポイントはどこなのか?不自然にならない様に対象者と接触でき、尚かつ自然に恋愛の話を出来る為にはどういった人間像を作れば適切か?という事を数度に渡る調査員と工作員のミーティングで設定させていただき、あくまでも自然を装って工作を開始しました。

お互いにある程度信頼関係が出来た所で対象者からこんな話が出てきました。「自分の身勝手で依頼者を酷く傷つけてしまった。そんな自分が今更依頼者の元に戻るなんて都合のいい話を出来るはずがない…」という話でした。

Aと対象者との出会いは依頼者と出会った出会い方と同じSNSの交流サイトで出会ったとの事で軽い気持ちで会ったが依頼者の事を真剣に考えていたが、どうしてもAと別れる事が出来なかった…という話も出てきました。

話の節々で依頼者の事を思う気持ちが確認出来たが、自分を責めるだけで一向に話が進まない状況に業を煮やした工作員が、本当に大切な人を幸せにする事が大切なのか?それとも自分のプライドを一番に 考えるのか?どちらが対象者にとって重要なのか?という事を伝えます。

その話をした後に「別れた事に後悔をしている。Aと会っていた時もずっと依頼者の事を考えていた…という言葉が出てきた所で自分の気持ちとプライドとどっちが大切なのか?を一晩考えてみる。」という話をされます。

一晩経って対象者から工作員に連絡があり、「本当に大切な事は自分のプライドではないという事が分かった。」と話をして来ました。

数時間後、依頼者の元に対象者から連絡が有り、「突然いなくなった事の謝罪ともう一度やり直したい」という言葉を依頼者がうける。すぐに返答はしないで欲しいと事前に依頼者には話しておいたので、「考えさせて欲しい」と いう言葉を対象者に伝え、すぐに担当者に連絡をしてきた。

担当者と依頼者が対象者を、その状況よりももっと本気にさせるためにわざと時間を空けさせたのは言うまでもないが、依頼者もすぐにでも復縁したいという気持ちを我慢し、「復縁する前に一度会って話をしよう」という事を伝えさせた。

直接会って、「依頼者の事を本気で考えていた。結婚の話をもう一度考えて欲しい」という言葉を対象者からもらい、2人は復縁に至りました。

復縁屋(株)gstyle によって別れさせ成功し、浮気・不倫相手との関係を断ち切らせ、復縁成功した過去の事例を掲載させて頂いています。復縁したいのに浮気相手が邪魔だ…という方の為に、どのように関係を再構築できたのか?別れさせ工作の依頼者に特別に許可を得て掲載させて頂いています。※プライバシー保護の為、若干の修正が加わってしまっている箇所があります。

復縁工作 基本プランの料金・値段のご案内

復縁工作 プレミアムプランの料金・値段のご案内

復縁屋㈱gstyle 無料電話相談 復縁屋㈱gstyle MAIL電話相談

復縁屋