『よりを戻す』為に

”よりを戻す”という事はフッた側、フラれた側の双方が考える事であり、『元カレ・元カノとヨリを戻したいな…』と思う時は男性、女性関係なく、フッた側、フラれた側関係なくあり得る事になります。

別れた後に【自分は至らなかった】【自分は元カレ・元カノを傷付けた】と後悔する方は大変多く、”時間を過去に巻き戻せたら…””あの時何であんな事をしてしまったんだろう…”と後悔する事があり、フッた側も”何で別れようって言ってしまったんだろう…”と後悔する事もあります。

よりを戻す事は別れ方によってはとても難しく、時期によってもヨリを戻すタイミングに左右される事もあり、偏にヨリを戻すと言っても簡単なモノではありません。元カレ・元カノに新しい恋人が出来ていたなら、スグにヨリを戻す事は難しいと考えなければならず、カップルとしての関係が終わるまで待たなければなりません。

⇒新しい恋人と早目に別れさせたいなら

すれ違いや気持ちの行き違い等で別れてしまったカップルと倦怠期の時期で恋人としてのドキドキがなくなってしまったカップル、大きなケンカの末に別れてしまったカップルでは、よりを戻す為の労力の違いがあり、アプローチの仕方も変わります。

大切な人だという認識に別れた後に気付き、その大切さを後から伝えようとしても中々難しいのは復縁活動を行っている方々にはお分かり頂けるかと思います。

『相手を傷付けたから謝れば簡単にヨリが戻せる』と考える方も多いのですが、加害者と被害者意識の違いから傷付けられた側の心の闇の部分が分からずに口先だけで謝罪をし、関係を再構築する事が出来ると安易に考え、傷付けられた相手の気持ちを何も理解していなければ謝罪の言葉は時として許しを乞う言葉ではなく、傷つける為の凶器となります。

謝れば許してくれると考える人の多くは、『会えばどうにかなる』『話せば分かる』と安易に考え、その安易な考えから元カレ・元カノを追い掛け回す様な事をし、相手の気持ちが【怒り】から【恐怖】に感じてしまえば【ストーカー扱い】をされてしまい、復縁したい気持ちとは裏腹に嫌がらせ行為をしてしまっているという事案もあります。

よりを戻す為には《元カレ・元カノが何を考え》《どう思っているか?》という事を読み解き、自分本位な考えではなく、相手本位の考え方をしなければならない為、よりを戻したい当事者本人では中々難しいのが実情になります。

よりが戻るまでの期間

よりが戻るまでの期間は早ければ数時間後~長ければ数年以上必要になります。よりが戻るまでの期間は人それぞれによって異なり、相手の望むモノを与えられるまでの期間をよりが戻るまでの期間となります。

ケンカをした理由に気付き、『元カレ・元カノが謝ってくれるなら許したい…』と思っていた際に本当に自分が悪かったという事を理解して、相手に申し訳ないという事を伝えられれば、よりを戻せる可能性があり、何が悪かったのか?という事に気付く期間がよりが戻るまでの期間でもあります。

フッた側の『別れて1人は寂しいな…』と思っている心の隙間にデートを重ねる事や電話、LINE、メール等で連絡を取り、寂しいと思っている心の隙間に入り込めた時がよりを戻しても良いかな?と考えるタイミングであり、【元カレ・元カノの望む事】を与えられるまでの期間がよりを戻せるまでの期間になります。

よりを戻す為の復縁活動

よりが戻るまでの期間に何をするか?が重要であり、《離縁してしまった》もしくは《離縁しそうになっている》状態で出来る事は復縁活動があります。

復縁活動には【自己分析】【自己改善】というモノがあります。復縁活動を行うにあたって《自己改善》《自己改革》《自分磨き》というモノが挙げられますが、自己改善は自分の悪い所を直し、良い所を伸ばすという意味で使われ、自己改革は自分を全く別人に変えるという意味で使われ、自分磨きは今の自分をより良くするという意味で使われる事から全く異なります。

復縁に必要なのは自己改善であり、自己改革や自分磨きではありません。

自分を変える事=復縁活動と捉える方が多いのですが、よりを戻したいという事は一度は恋人になれた存在なのですから自分を全くの別人に変える必要はなく、悪い所を改善し、良い所を伸ばし、今の自分の魅力を最大限に伸ばす事で別人の様に魅せる必要がある為、180度違う別人になってしまえば付き合っていた関係に戻れる事がありません。

また、自分磨きというものは外見の変化を求められるものであり、別れた後によりを戻したいから『キレイになる』『イケメンになる』『可愛くなる』というのは、元カレ・元カノとヨリを戻したいから取る行動ではなく【不特定多数に好かれる為】の行動になる為、復縁活動としては失敗してしまう事が多々あります。

よりを戻す為に行う復縁活動は【自分を否定する事】で自分自身の悪い所や良い所を分析をし、【悪い部分を改善し、良い所をより良く見せる為の改善】が求められます。

自分は正しいと思っていたからこそ行動していたモノを否定する事で『何が原因か?』という事に気付き、元カレ・元カノが望む人物へと改善していく事でよりを戻せる可能性を高める事が出来る事からも、よりを戻す為の復縁活動には【自己分析】【自己改善】の二点が重要となります。

⇒復縁活動についてはコチラ

よりを戻す為の方法とコツ

よりを戻す為のコツは【自己満足しない】という事がとても重要で、自己改善をして『自分は変わった』と自分で思う人ほど、復縁の可能性は相当低いという認識を持たなければなりません。

自分を評価するのは自分ではなく、元カレ・元カノになります。元カレ・元カノに評価されるから「よりを戻したい」と思われるのであって、自分は変わったから、よりを戻したいと思ってくれる【ハズ】という状態になり、元カレ・元カノが望んでいるモノとはかけ離れている可能性が高くなってしまいます。

よりを戻す為の方法やコツを探す方は多いのですが、自分が相手にしてしまった事を顧みる事無く方法やコツだけでどうにかなるほど人の気持や心が変わる事はありません。

人の気持や心を動かすには相手の心に訴えかけられる為の何かを持たなければならず、相手の心に訴えかける為の何かというのは【小手先の技術】や【口先だけの言葉】ではありません。

「愛している」という言葉を伝えても態度が伴っていなければ伝わりません。

愛しているという言葉には気持ちを込めて愛している人への態度も合わさるからこそ言葉が伝わり、その言葉の裏にある『気持ち』『態度』の様な見えるものと見えないモノが重なり、伝わる事で愛しているという言葉は伝わります。

小手先の技術で組み上げられた「愛している」の言葉はとても軽くなってしまい、技術だけに頼った言葉には気持ちを込めても届きません。よりを戻す為の方法やコツを探すのではなく、【相手を思いやる気持ち】を届けるのが本当の意味でのよりを戻す方法であり、よりを戻す為のコツになります。

自分本位な行動が誰かの心を動かす事はなく、相手の気持ちを自分に向かせる為には相手に好かれる自分にならなければなりません。よりを戻す方法やコツを探すのではなく、どう気持ちを伝えていくか?という方法やコツを考える事がよりを戻す方法にも繋がります。

⇒電話復縁相談
⇒メール復縁相談
⇒ライン復縁相談

復縁したいから復縁屋をもっと知りたいとお考えの方、復縁屋をお探しの際は参考にして下さい。 復縁工作で復縁したいを叶える為に復縁屋に相談したい方は参考にして下さい。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・別れさせ屋ジースタイル