別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

不倫相手と一緒になる為には離婚させなければなりません。

既婚者との交際は最初は遊びの関係で満足していたものが独占欲が強くなり、遊びでは満足いかなくなる事があります。

不倫関係を理解して交際していたものの交際が長くなるにつれて、いつの間にか自分だけのモノにしたい、離婚してくれないかな…と感情を抑えきれず別れさせたい!と考えます。

不倫相手の家庭を壊して自分の欲求を満たしたいと思う罪悪感から精神不安定状態に陥る方も少なくありません。

不倫相手と一緒になる為に別れさせたい!!と考える方は多いのですが唯一出来る離婚させる方法は交際の継続を駆け引きの材料として離婚に踏み切らせる方法に辿り着きます。

しかし『離婚してくれないなら付き合えない…』という切り札の言葉を使うものの、離婚するのは簡単な事ではありません。

いくら不倫相手が離婚しようと伴侶と話し合っても離婚する決定的な理由がなければ離婚に応じてくれません。

不倫相手と協力して離婚する様に唆そうとしても伴侶が応じなければ別れさせる事が出来ず、次第に『本当に離婚に向けて話し合ってるの?いつまで待たなければならないの?』と離婚に進まない不倫相手に対して不信感を持ってしまいます。

不倫相手が離婚の話し合いをしてくれるなら良い方で離婚の話し合いをしてくれるほど大切にされていない不倫関係もあります。

『離婚して欲しい…』と切り出せば不倫が終焉に向かってしまう可能性もあり、一人で離婚させる方法を考える方もいます。

離婚させるにはどうすれば良いのか?離婚させて本命になる為にはどうすれば良いのか?と悩む方に参考にして頂ければと思います。

離婚させて本命に昇格する為には?

不倫相手を離婚させて本命に昇格する為には不倫相手との関係の見直しが必要です。

不倫相手との関係の見直しには不倫相手の家族とあなたのどちらを大切にしているか?を見直さなければなりません。

離婚させたいと逸る気持ちは分かりますが逸る気持ちを抑えてあなたの大切さを不倫相手に浸透させなければなりません。

家族という関係には子供の存在もあり、一つのコミュニティと対峙する覚悟を持って必要性を少しづつ浸透させなければなりません。

あなたが『私と家族とどっちが大切なの?』と聞かなくても不倫相手はこのままの関係ではいけないな…と考えています。

このままの関係では…と考えさせる事で責任を意識させ、本命に昇格するチャンスを待たなければなりません。

離婚させたいならあなたが出来る事は表立った行動は控えるべき

離婚させたいならあなたが出来る事は『離婚して欲しい』とストレートに言うべきではありません。

あなたが『離婚して欲しい』と伝えるのではなく不倫相手が『離婚したい』と考える様に仕向ける必要があり、あなたの大切さを少しづつ理解させていかなければなりません。

何をすれば自分は家族よりも大切にしてくれるか?を考えた行動が求められ、家族の大切さを理解した上での行動が求められます。

不倫相手は必ず家族とあなたを比較します。

比較した時にあなたを選んでもらえる様な日常的な行動が離婚させる為には必要です。

不倫相手という立場から本命に昇格しても幸せになるとは限らない。

離婚させて本命に昇格しても幸せになるとは限りません。

元は不倫関係である以上、離婚させて本命となった後に同じ事を繰り返さないとは限りません。

離婚させて早くに籍を入れたい…

本命に昇格した事で地盤を固めようと焦り、離婚させた後に離婚を後悔させてしまう発言が元で離婚させる事に骨を折ったにも関わらず幸せになれずに関係が終わってしまう事もあります。

『離婚して欲しい』と言うリスク

不倫相手に『離婚して欲しい』と伝えた事が原因で離婚するのではなく破局に繋がったというケースは少なくありません。

地盤を固めずに盛り上がっていたのは自分だけ…という結果が招いたケースになりますが『離婚して欲しい』と伝えて破局に繋がれば一番望んでいない結果になります。

不倫相手から不倫=遊びという現状を突き付けられたケースになり、真剣な交際をしていたはずがお互いが真剣な交際をしていた訳ではない場合に見られ、離婚を要求した事で遊びではなくなり、距離を置かれてしまうケースも少なくないのです。

不倫相手が真剣な交際として考えているのか遊びの一環として考えているのかシッカリと見極めずに『離婚して欲しい』と伝えれば破局が待っている事を忘れてはいけません。

離婚させたいなら慰謝料請求についての知識も入れておきましょう。

不倫が発覚すれば慰謝料請求をされる可能性があります。

離婚させる事ばかりに頭がいってしまい不倫関係がバレてしまえば慰謝料請求と同時に不倫相手は『離婚したい』と伴侶に言えなくなる事も頭の片隅に入れておきましょう。

慰謝料請求の大まかな目安は下記の通りになります。

  • 離婚も別居せず夫婦関係を継続する場合の慰謝料50万円~100万円
  • 不倫が原因で別居に至った場合の慰謝料100万円~200万円
  • 不倫が原因で離婚に至った場合の慰謝料200万円~300万円

離婚させたい…を叶える具体的な方法は?

離婚させたいなら具体的な方法は必要とされる事が求められます。

人それぞれ必要とするものは異なり、具体的な方法もまた異なります。

具体的に何をすれば必要とされるのかは相手次第になり、相手が何をあなたに求めているか?で離婚させる方法は異なります。

不倫は家族と遊びとを天秤に掛けます。

どちらが大切なのか?を天秤に掛け、家族よりも大切だと認識させれば離婚させる様に仕向ける事が出来ます。

離婚させるには不倫相手が何を求めているかを知る事が大切です。

離婚させるには不倫相手がどんな生活を家庭内で送っているかを把握しなければなりません。

結婚生活も長ければ長い程、妻、夫に対して不満が溜まります。

不倫相手が夫、妻に対して持っている不満と家族を捨てきれない理由を確認し、自分の価値を高める必要があります。

不倫相手を離婚させたい時に子供が邪魔なら…?

不倫相手は夫、妻は好きじゃないけど子供は好きだから離婚に進まないケースもあり、子供の大切さとあなたを比較してもなかなか子供との天秤で勝つのは難し事に気付くと思います。

子供を理由に離婚に進まないなら子供と面会する権利を認識させる事や子供を作る選択肢を与える必要があります。

100%不倫相手を離婚させる方法はあるの?

100%不倫相手を離婚させる方法は存在しません。

不倫相手を離婚させ様と考えていても、いつまでも離婚に進まない不倫相手に見切りをつけて次の恋愛に進んでしまう方もいらっしゃいます。

既婚者によっては親族の問題が大きい事や職業の問題から離婚に踏み切れない方等、状況はそれぞれ異なります。

100%不倫相手を離婚させる方法を求める気持ちは分かりますが対人関係においては世の中には100%というものは存在しない前提で考えなければなりません。

離婚させたい相手がいる時に別れさせ屋に頼る事

離婚させたい相手がいる時に別れさせ屋に頼るという方法もあります。

離婚させる為に家族との天秤に掛けられ、長い時間を掛けて離婚してもらう様に仕向ける程の時間がない…という方が別れさせ屋の利用を検討します。

一人で離婚させるには家族よりも大切な人になる以外に方法はありませんが協力者の存在があれば離婚させる為に出来る事も変わります。

離婚させたい!という事は不倫相手の家族の人生を変える事でもあり、不倫相手に小さな子供がいるなら子供の一生を左右しかねない事を願うという事です。

離婚させるという事は簡単な事ではありません。

あなたが軽はずみな気持ちで離婚させたい!!と考えるなら別れさせ屋に頼らず家族との天秤掛けられても選んでもらえる様に努力しましょう。

真剣に考え、悩みぬいた結果、不倫相手と一緒になりたい…という気持ちから離婚させたい!!と願うなら別れさせ屋に相談してみるのも悪い事ではありません。

別れさせ屋は離婚させたい相手を別れさせた後の未来をお伺いします。

別れさせ屋は離婚させた後にどんな未来を望んでいるのか?についてお伺いを立てます。

  • あなたが本当に幸せになれる未来があるのか?
  • 他人の家族の人生を変えた背徳感に耐えられるのか?

あなたが苦しむ人生になるなら別れさせ屋は相談にのる事はありません。

あなたの未来が明るくなるなら別れさせ屋はきっと力になってくれます。

離婚させたいから別れさせ屋に依頼する時のリスク回避の方法

離婚させたいから別れさせ屋に依頼する時にリスクはあります。

別れさせ屋に何かしらの依頼をすれば100万円前後の着手金が掛かり、費用を掛けても必ずしも効果が保証される訳ではありません。

特に離婚案件に関しては出来る事と出来ない事があり、離婚させたい!と考えていても別れさせ屋にも出来ない事は多々あります。

別れさせ屋に離婚させたいから依頼する時はリスク回避の方法についても忘れてはいけません。

離婚させる事が出来る方法を提案してくれているか?

離婚させる為に不倫相手の伴侶に異性の工作員を接触させてハニートラップを提案する別れさせ屋もありますが、ハニートラップで離婚させられるなら、あなたの不倫相手は離婚に向けて動いていると思いませんか?

離婚させる為に異性の工作員を接触させる方法を提案する別れさせ屋に相談してもリスクを背負うだけになりますのでご注意下さい。

数社へ面談する事でリスク回避に繋がります。

数社に面談すれば提案された方法で本当に効果があるのか?という疑問が浮かび上がります。

初めて別れさせ屋に相談する訳ですから、別れさせ屋がどんな方法を提案するのかについても分からないと思います。

数社に相談する事で何をしてくれるか?について分かり、本当に離婚に向けた方法を提案してくれるか?に気付く事が出来ます。

不倫相手を離婚させる別れさせ工作は公序良俗に反するって知ってますか?

離婚させる目的で夫婦関係にある者に接触するのは公序良俗に該当するのはご存知ですか?

夫婦仲を壊す目的で接触をしていると捉えられるので不倫は慰謝料請求を求められます。

夫婦という契りを交わした状態を壊す目的と捉えられるのが不倫であり、元々夫婦仲を壊すつもりがなかったとしても結果的に夫婦仲を壊すキッカケを作ってしまう為、不倫は日本では認められていません。

別れさせ屋であっても不倫相手を離婚させる目的で別れさせ工作の依頼を請ければ公序良俗に反する形となり、一歩間違えれば別れさせ屋も慰謝料請求をされる可能性があります。

公序良俗に反する依頼を請けるのは別れさせ屋もリスクを背負う訳ですから離婚させたいからといって安易に別れさせ屋を利用すると考えるのが正解とは限りません。

既婚者を離婚させるには時間が掛かりますが方法がない訳ではありません。

既婚者を離婚させるには時間が掛かりますが方法がない訳ではありません。

離婚に応じる理由がないから不倫関係のあなたが何かをしたとしても離婚に進む事はありませんが当事者ではない別れさせ屋だからこそできる方法も考え方を変えればあるのです。

Aさんには出来なくてもBさんには出来る事は世の中には沢山あります。

離婚させるのは不倫関係の当事者には出来なくても周囲の協力によって離婚させる様に仕向ける方法も存在します。

上述した様に対人関係において100%という事がない様に離婚させる方法にも絶対に離婚させられないという訳ではありません。

人間の行動ですから100%決まっている事はありません。

視点を変えれば離婚させる方法も世の中には存在します。

不倫相手に捨てられたので離婚させたい場合も別れさせ屋に相談してみよう

不倫相手に捨てられ、不倫相手に対する復讐心や不倫相手の家族に対する復讐心を持ってしまった場合も別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋は特殊工作を行う業務を承っているので復讐心が芽生えた相手に復讐を叶える方法を提案してくれる別れさせ屋もあります。

不倫相手にどんな思いをさせたいのか?

不倫相手の家族にどんな思いをさせたいのか?

依頼者様が望む事を提案出来る別れさせ屋も中にはあります。

もちろん犯罪行為に加担する様な復讐を承る別れさせ屋はなく、合法的に復讐を叶える方法を提案するのが別れさせ屋になります。

犯罪ではなく合法的に捨てられた相手に何かをしたい!!と考えるなら別れさせ屋は協力させて頂く事も出来ます。

別れさせ工作は犯罪を行う業務ではありません。

不倫相手に捨てられたから離婚させて復讐心を叶えたいと考えるなら別れさせ屋に相談してみるのも一つの手段となります。