恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
別れさせたい状況中学生の娘の恋人別れさせたい

Y様からご相談頂いた時、別れさせる為にY様は様々な方法を考えたものを弊社に提案して来ましたが、どれも失敗が目に見えている様な方法ばかりで別れさせるには至らないとY様も納得していました。
『素人考えで方法を考えました…』というY様の考えの元、別れさせ屋としてプロの提案をさせて頂きました。
『プロの提案する方法はやっぱり違いますね』と仰って下さったY様と別れさせ工作の契約を交わす事になり、対象者の情報をいただきながら流れについて話しをしていきます。

Y様が別れさせたい対象者は中学生の娘の彼氏になり、彼氏との交際が発覚してから娘はY様の話しを聞かず、所謂非行の様な行動を繰り返す様になっていたとの事でした。
元々は真面目な性格で学校での成績も良かったY様の娘は対象者と交際後、成績はガタ落ちし、成績がガタ落ちしてきた事でY様は心配し、対象者と別れる事を中学生の娘に話します。
しかし、中学生くらいの年齢になると交際相手に親が関与する事を拒絶する年齢なのでY様の話しを素直に受け入れる事はありませんでした。

親子喧嘩をしょっちゅうする事になったY様と娘の家庭内での関係も崩れて来てしまい、親子関係を壊した原因である対象者と娘を引き離す為に様々な画策をします。
しかし、Y様が動けば動く程家族関係は壊れていき、このままでは家庭が崩壊すると考えたY様は自分で別れさせる方法をいくつも考えましたが、どの方法も1人では出来る事ではなく別れさせ屋に依頼したという経緯になりました。

対象者に他の女性を接触させるハニートラップの方法を一番最初に思いついたものの、同じ中学生でハニートラップをしてくれる知人が見つかるはずもなく、ハニートラップは断念します。
ハニートラップをしても別れさせられるとは限らない事と、娘を傷付けたくないという想いから別の方法を考えますが、Y様は成功すると思いながら考えたモノは面談時に担当者に穴を見つけられてしまい、考えたものを実行しても成功しないという判断になりました。

対象者への接触と対象者の親への接触を試み、Y様の娘との別れさせを進める提案をした担当者の話しに前のめりで話しを聞き、別れさせる方法の大まかな流れが確定します。
細かな部分に関しては調査を進めていく上で判明した情報を元に打ち合わせを重ねて方向性を決める事となりましたが、別れさせる為に必要な情報をY様は全て把握している訳ではなく、対象者の住まいなどの物理的な情報を頂き、別れさせ工作を開始する事となりました。

別れさせる為に必要な情報を得る為の調査を開始し、必要な情報を揃えていくとY様はプロの仕事に驚きます。
調査しなければ分からなかった情報を手にした為、工作方法にも幅が出来、別れさせ工作の方法も4通りの選択が出来る様になります。
Y様と担当者の打ち合わせの結果、対象者の親に接触する方法を重点的に進める事となり、工作員を対象者の親に接触させて対象者との家族関係について聞き出します。

聞き出した情報を報告させて頂き、Y様と細部に渡って打ち合わせさせて頂きましたが人間の心理をついた工作の為、難しく考えていたY様は提案した方法に驚嘆します。
対象者の親への接触を繰り返し、対象者の生活態度についての指摘から子育てについて会話する機会が増え、対象者を叱る事や親としての責務を果たせていない事に頭を悩ませていた事を知り、少しづつ心理誘導して対象者の育て方について対象者の親の気持ちを動かす様にしていきます。

対象者の親は工作員の言葉に耳を傾けていくのでY様と担当者が打ち合わせた方向に対象者の親の気持ちを動かしていきます。
子育てが上手くいっていない事を対象者の親は気付いており、子育てについてもう少しうまくやりたいと考える親の気持ちを利用して対象者とY様の娘の関係を破綻に持っていけるように進めていきます。
Y様の娘と対象者が付き合っている事も知らなかった対象者の親は自分の子供が何かをしてしまったら取り返しがつかなくなる…と考え、対象者への接し方を今までとは大きく変えます。

同時進行で対象者に接触していた工作員が『大人の考えと子供の考えは違うから…』と対象者の親の言葉にも耳を傾ける様に仕向けていた為、対象者と対象者の親との話し合いがあった日の翌日、親の意見を聞き入れる話しを対象者から工作員に話します。
対象者が親の意見を聞き入れた理由を工作員に話した際に、『生活の面倒を見てくれてる訳だからしょうがないよね…』と対象者に話し、Y様の娘に何て別れを言えば良いか?について相談を受けましたが、ストレートに伝える事をアドバイスし、別れる事でY様の娘は同意します。
納得いかないと縋るかと思っていたY様の娘も自分の家族との関係が悪化している事が頭にあった為、素直に同意してくれたと対象者から工作員に話して下さり、別れさせ工作が成功した事例になります。

娘の彼氏が反社会勢力なので反社の彼氏と別れさせたい

依頼者の名前、住まいの地域K様 大阪
契約期間と料金6ヶ月の契約 190万円 成功報酬30%
別れさせたい状況娘の彼氏が反社会勢力なので別れさせたい

成人した娘の彼氏と初対面したK様は娘の彼氏の対応が気に召さず、興信所を使って対象者の素性を調べたところ、反社会勢力である事を知り、別れさせたいと考えたとの事でした。
別れさせる為にK様自身が出来る事はなく、K様にも実被害が及ぶかもしれないという不安から別れさせ屋に頼る選択をしたとの事でした。
別れさせ屋を探すモノの対象者が反社会勢力という事を説明すると依頼を断られるばかりで、途方にくれていながらも弊社に相談頂いた時に状況を確認させて頂き、依頼を請ける事が可能である事をお伝えするとすぐに面談を希望されました。

面談時に興信所で調べて頂いた情報を拝見させて頂き、対象者の態度等について聞かせて頂きました。
横柄な態度と彼女の父親という立場のK様に対する口のきき方等、K様が抱えていた不満を共有出来る事が嬉しかったのか長い時間お話頂けました。
別れさせ屋に相談する不安や疑問等も含めて5時間程度お話をお伺いさせて頂き、娘の彼氏を対象とする別れさせ工作の契約書を交わさせて頂きました。

対象者が反社会勢力という事なので調査や工作をする際に相当警戒心が強く、安易な接触はせずに時間を掛けて業務を進めていきます。
対象者は常に警戒して移動をするのですが、移動の際もタクシーからタクシーを乗り継ぎ、完全に何か犯罪を犯している人物の行動が予想されます。
工作員を接触させる際も探偵である事を絶対に明かさない様に気を付けなければならず、工作員の警戒レベルを上げて接触させる形になり、携帯している物には身分を明かす様な物を一切持たせず疑われる要素を完全に消して対象者への接触を試みます。

犯罪の匂いはするものの、何をしているのか?という部分に関しては警察の領分を犯す様な調査も出来ず、分かりませんし、被害を請けている方もどれだけいるのか分からない為、調べようがありません。
興信所の調査内容も犯罪に関する確定的な情報がある訳ではなく、犯罪をしているであろうという事までに留まります。

対象者への接触も無事に終わり、連絡交換も済みましたが、距離の詰め方を間違えれば簡単に対象者との関係も終わってしまう事が見込まれた為、慎重に人間関係を構築していきます。
対象者と接触する度に少しづつ人間関係を構築していき、少しづつ犯罪の匂いを仄めかして来ますが確定したものを対象者も吐き出しません。
対象者の犯罪を特定する目的で依頼を請けた訳ではないので犯罪に関する情報は収集しましたが、目的は別れさせなので別れさせる方向で工作を進めていきます。

対象者との関係を深めていくと少しづつK様の娘に対する不満も口に出して来ます。
対象者が犯罪に手を染めている可能性が高いのもお金の使い方等が一般の方とは異なり、発言、物腰等、K様の娘とは根本的に全てが違う印象もあり、人間性の違いを突く様に工作員も奮闘します。
別れを意識させた頃には対象者は他の異性に夢中になっている状態で惜しげもなくキャバクラでお金を使う対象者の姿を見てキャバ嬢に対しても工作を進めていきます。

成金根性が強い対象者の行動をK様に報告するとK様は怒り心頭で娘と別れさせたい!と決意を新たにしますが、娘の男性を見る目に対しても育て方を間違えたのかな?とこぼす事もありました。
娘の育て方に疑問を持ったK様は別れさせ工作を進めている間に娘の教育について振り返り、反省した事を担当者にこぼし、担当者もアドバイスを行いながらK様の娘の男性を見る目について見守る形を取ります。

キャバ嬢に入れあげた対象者がK様の娘との別れを決意したのはお気に入りのキャバ嬢が対象者を受け入れ、キャバ嬢の裏で糸を引いている工作員の指示が上手くハマった事もあり、K様の娘との別れを決意して完全に縁が切れる形となりました。
キャバ嬢を利用した事でK様の要望が叶い、別れさせ工作は無事に成功しましたが、再度K様の娘の元に戻って来ないか?という心配をK様がしていた為、K様の娘の元に戻らない為の布石を幾つか作っておき、別れさせ工作の依頼を完了させました。

娘が妊娠して別れさせるまで時間がなかったけど別れさせたい

依頼者の名前、住まいの地域R様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 150万円 成功報酬20%
別れさせたい状況娘が妊娠、入籍する前に別れさせたい!

R様から弊社にご相談頂いた際に娘を恋人と別れさせたいというご相談を頂きました。
娘の彼氏は派遣の仕事をしており、将来のビジョンがない事を娘から聞かされます。
娘の将来を案ずるR様としては対象者である娘の彼氏との交際を反対したとの事でした。
対象者とR様は何度も話しをし、娘も同席しながら別れる様に勧めるものの、娘も対象者も頑なに別れる選択肢を選ばず、終いには家から娘が出て行ってしまい、R様は自分で別れさせる事は不可能と判断した為、別れさせ屋を探す事にしたとの事でした。

娘と彼氏を別れさせる為にR様がして来た事を全て書き出していただき、何をして、どの様な結果になったのかを把握する事で対象者が今どんな心理状態になっているのか?をプロファイリングしながら、適切な別れさせ工作をするには何が必要なのか?を検討します。
対象者と話した内容を整理し、R様と打ち合わせしながら3点ほどR様の対象者に適応可能な別れさせ工作の方法を提案し、R様にどの方法が良いか?を選んで頂きました。

別れさせ工作の方法を提案させて頂いた際に、どの方法もメリット、デメリットがあり、メリット、デメリットを踏まえながら選んで頂いた方法で別れさせ工作の契約を交わします。
早急に着手に進まなければ工作員が接触する前に妊娠、入籍となれば娘に孫を堕胎して欲しいとは言えないとの事でしたのでR様はもう少し早い時期に依頼すれば良かったと後悔していましたが、やらなければ娘の将来が不安な為、早急な着手を懇願されて着手に到りました。

対象者への接触はR様から頂いていた情報を元にする為、契約後早い段階で接触に成功しましたが、対象者から話しを聞いていると、R様が口を挟む事で意固地になり、R様という共通の敵がいる為、関係悪化にならない事が分かりました。
対象者からの話しを聞けば聞く程、R様が別れる様に話した内容全てマイナスに動いており、R様から別れる様に促される為、R様が関与する前は喧嘩が多かったのですが、R様が関与する事でケンカもなくなり、二入の関係は良好になっていったという話しを聞き出します。

R様には対象者や娘との連絡は控える様に伝え、R様の妻にも連絡を控える様にR様経由で伝えて頂きました。
関係を良好にさせてしまう原因が依頼者になってしまった為、距離をおいていただきましたが、その分工作員が接触して入手した情報については出来るだけ早く報告する事でR様に落ち着いて頂く形を取りました。

対象者との関係を工作員が築いていくと、対象者は派遣の仕事で収入も安定していなかったので工作員がご馳走する事に食いついて来た為、お金を餌にR様の娘との距離を少しづつ遠ざける形をとり、仕事の愚痴も聞きながら、R様やR様の娘に対する愚痴も次第に聞き出せる形が取れる様になりました。
R様が2人の関係に口を挟まなくなってから、共通の敵がいなくなった2人は徐々に以前の状態に近づき、そこに輪を掛けて工作員が接触して対象者との関係を築いていったもので、R様の娘は対象者に対する不満を抱える事になりました。

対象者とR様の娘は次第にケンカも増え、対象者からR様の娘の不満が際限なく出て来ると、工作員が別れる様に背中を押す一言を掛けます。
工作員の一言とお酒の勢いがついた対象者はR様の娘に不満をぶつけ、完全なケンカ状態を作り、女性に言ってはいけない言葉も怒鳴りながら口にする始末になり、R様の娘から対象者は着信拒否にされ、lineもブロックされる状態になり、工作員が対象者の愚痴を聞き、完全に縁を切る方向に話しを進めていきます。
工作員の言葉にのった対象者はR様にも連絡をし、R様に向かって罵倒する言葉を浴びせ、その音声を録音していたR様が娘に音声を聞かせる事で完全に娘と対象者の縁が切れた別れさせ工作の成功事例になります。

娘も別れたがっているヒモの彼氏を別れさせたい親からのご依頼

依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況ヒモの彼氏を娘と別れさせたいと悩んでいた

娘から彼氏と別れたいという相談を受けた依頼者H様は何度も娘の彼氏に直接話して別れて欲しいと話しますが、彼氏は別れず困っていたとの事でした。
警察にも何度も相談してみたものの解決出来ず、別れさせ屋の存在を知り、別れさせ工作に興味を示したとの事でした。
ご相談頂いた際にH様が対象者にした事を全部お伺いさせて頂き、警察、弁護士、直接対話とH様が出来る事は全てやり尽くしてしまい、途方に暮れていたとの事でした。

H様と娘が協力して対象者と別れようとしても対象者は別れず、娘に付き纏いました。
精神的にも疲れたH様の表情を面談で拝見するまでは声も元気で困っている状態というよりも怒りが強く、対象者に何かをしてやりたい!!という気持ちが強く感じましたが、面談で直接対面すると疲れ切り、弱り果てたH様の表情に担当者は何も話しを聞く前から心配するほどの表情だったとの事でした。
対象者への怒り、先が見えない状況に今後どうすれば良いのか分からない悲壮感に溢れた表情のH様から別れさせ工作のご依頼を承る事となりました。
溜りに溜まった対象者への不満から、一時は復讐じみた事も検討していたようです。

復讐を抜きにして優先すべきは娘と対象者を別れさせる事で合意し、別れさせ工作の方法を提案し、契約を交わす事となりました。
対象者がH様の娘と別れた後に近所から引っ越して欲しいとの事で、私語をしていない無職の対象者を引越しさせる様に進められればベストというH様でしたが、無職の為、引っ越し資金もなく、正直なところ難しい事も伝えましたが、対象者の引っ越しに掛かる費用もH様が負担するとの事でしたから、可能であれば引っ越しまで勧めてみる様に工作次第で出来るところまでしてみるとお話しさせて頂きました。

契約後に着手金の入金が確認取れ、別れさせ工作を実施しましたが対象者への接触は時間を掛けず無職の為、すぐに接点を持つ事が出来、H様の娘との接点を少しでもなくして欲しいとの事でしたので、近寄らせない様に工作を進めていくと同時に娘への連絡も減らさせる様に仕向けました。
H様の娘も精神的に病んでしまったとの事で、少しでも対象者からの連絡を減らす様に仕向けましたが、工作員と接していない時間は娘への連絡を止められず、別れさせるまで我慢をして頂かなければならない状態でした。

対象者に接触すると、対象者がH様の娘に固執している理由が多数判明します。
世間一般でいうヒモにあたり、H様の娘に金銭を要求していた事が分かります。
娘もH様に話せなかった内容で、対象者の気が乗らなければ娘に暴力を振い、H様から聞いていない話も沢山聞き出す事に成功します。
報告をH様にすると、娘に確認したH様は怒りが更に強くなり、H様の娘も踏まえて打ち合わせをする事になりました。
娘はH様には言えなかった事を詫び、親を心配させたくない気持ちも吐露しました。

DVや恐喝は立派な犯罪であり、犯罪被害にあっている娘を守る父の姿が打ち合わせ時には見えました。
お金が無くなればH様の娘に金銭を要求する対象者は根っからのヒモ男であり、ヒモ男に良い様にされてしまっていた娘を心配するH様の姿に同情できる部分が多々ありました。
H様の娘も交えて別れさせ工作の方法を練り直し、娘の協力も頂ける様になった為、方法を全く変える形をとり、娘の親族を演じる工作員を登場させ、今まで対象者と接触していた工作員も合せて5人で話す機会を作り、今まで接していた工作員は対象者をフォローし、親族の役割を演じた工作員は対象者を責める形をとりました。

問題が大きくなった事でめんどくさそうにする対象者の姿を見て親族の役を演じた工作員は怒り心頭に罵倒します。
罵倒される対象者を別の工作員がフォローし、交際を続けていればめんどくさい事に巻き込まれるというシュチュエーションを作り、半ば逆ギレの様に娘との交際をやめる宣言を対象者がしました。
初めて対象者の口から交際をやめる言葉を聞かされたH様は驚きを隠せませんでしたが、対処す屋に接触していた工作員がめんどくさい事に巻き込まれるのは絶対に避けるタイプという事を判明させていたので、めんどくさい事に巻き込んで対象者から縁を切る様に仕向ける別れさせ工作の成功事例になります。

娘に金の無心をする彼氏と別れさせたい

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金6ヶ月の契約 230万円 成功報酬50%
別れさせたい状況娘と娘の彼氏を別れさせたい

娘の彼氏にどうしても納得いかない!と初めてご相談頂いた時はとても憤慨していました。事実確認をしていないのでY様の話しを聞いている状態では娘は彼氏に大きな金額を貢ぎ、彼氏は悪びれず娘に金の無心をします。

彼氏から娘が金の無心をされる度にY様の元を娘が訪れ、Y様に金の無心をし、娘の彼氏が金の無心をするとY様がお金を渡す流れが出来上がっており、いつまでも止まない金の無心に限界を感じた娘の親が弊社にご相談を頂く形となりました。

Y様が娘経由で彼氏に渡したお金は1000万円を超え、娘の彼氏と直接話したものの、Y様からお金を借りた覚えはないの一言で終わらせられてしまいます。

確かに直接お金を貸した事はなくても娘経由でお金の無心をし、娘が彼氏にお金を渡している事を分かっているY様はやりきれなくなり、これ以上娘の彼氏にお金を貸したくないという理由はとても共感出来ましたが、別れさせ工作を行う前に直接Y様と娘が話して解決する方が良いのではないか?という提案をさせて頂きました。

別れさせ工作は無料で出来る事ではなく、弊社としても出来る事なら、これ以上の費用の負担をY様に持って頂きたいとは思わない為、無料で解決する為に親子で話し合いをして解決出来るのなら解決した方が負担も掛からず悩みも解決する様に感じた為、親子での会話を提案させて頂きました。

しかし、何度も親子の会話をしても彼氏に夢中になっている娘は聞き入れようとしません。

悩みに悩み抜いた末に弊社にご相談頂く形となりましたのでY様の娘への想いや今までの経緯なども踏まえて相談内容を伺いました。

対象者(娘の彼氏)に対する嫌悪感や娘がこのままでは将来絶対に不幸になると確信したY様から出てくる言葉の数々は今までにY様が娘や対象者の件で骨を折った事がよく分かります。

対象者は娘を利用してY様の財産を狙っている様にしか感じられず、対象者が財産を狙っている事や娘と距離を置いてくれればY様は安心して夜も眠れるとの事でした。

対象者の情報として娘経由で聞き出した情報があり、対象者の実家情報などもある為、比較的調査はし易く、対象者の両親が対象者の行っている事に対してどう思っているか?を確認し、対象者の両親が真面目なタイプで対象者が行っている事に対して注意できるのなら、そこから攻める別れさせ工作の方法を提案させて頂きました。

物理的な情報はあっても対象者の両親の性格等の情報は皆無であり、どんな人物かも分からない為、対象者の両親の家に行って暴露する訳にはいきません。

調査開始後、対象者の両親の調査をしていると対象者の両親も対象者同様にあまり印象の良い行動はしておらず、常にパチンコ屋などに入り浸り、お金の浪費癖を見つけ、Y様に対象者の親に暴露した所で効果が無さそうな旨を伝えて再度打ち合わせを行います。

対象者自身の問題は何があるのか?対象者はどんな理由でY様の娘にお金の無心をしているのか?対象者の行動把握をすれば対象者の弱点となる部分が分かり、Y様の娘が対象者に惹かれる部分も分かるかもしれないので調査対象者を本来の対象者に戻します。

対象者を調査していると対象者がやけに頭を下げている人物の存在が判明し、その人物も含めた調査を行いました。

調査を行っていると頭を下げている人物は裏社会の人間の様で、対象者も裏社会の人物だった事が分かります。その為、Y様の娘を利用するだけ利用しようと考え、Y様からお金を吸い上げるだけ吸い上げる事が目的でY様の娘と交際している様に見せかけていた事が判明します。

何も知らないY様の娘はまさか自分の彼氏が裏社会の人間だという事は思ってもおらず、裏社会の人間についてY様に聞いてもらうと、反社との関わりがあるなら縁を切るとの言葉をY様が耳にし、対象者の本性についてY様の娘の耳に入れる工作を進めていく形になりました。

親の立場で娘に話しても聞き入れてくれない可能性があった為、工作員がY様の娘に接触し、対象者の事を裏社会では有名な人物である事を耳に入れる様にし、Y様の娘が独自に対象者の事を調べて行き、少しづつ距離を置く様になり、対象者との縁が切れる様になり、別れさせ工作が成功しました。

娘に暴力を奮う彼氏を別れさせたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域G様 会社員 47歳 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
別れさせたい状況暴力を奮う彼氏と娘を別れさせたい

G様から娘を彼氏と別れさせたいとご相談頂き、娘の彼氏がどの様な人物なのか?をお伺いさせて頂きました。

G様曰く、娘に乱暴しをするし娘も別れたがっているけれど別れられず、直接娘の彼氏と話したものの、娘の彼氏からは『すいません。別れません。』という返答ばかりでいつまでも別れられない状況に頭を抱えていたとの事でした。

警察に娘の彼氏を近付けない様にして欲しいと懇願しても取り合ってくれず、打つ手がなくなり別れさせ屋に頼る以外に方法が思い付かなかったようです。

面談時に直接お話しをお伺いさせて頂くと、G様となる両親の口からは娘の彼氏の悪評ばかりが止まらず、何が別れない原因なのかについてもお伺いさせて頂き、別れさせ工作の方法を提案させて頂きました。

契約書を交わし、早急に娘の彼氏との接触を試みましたが、対象者に工作員が接触して彼女(G様の娘)の事について警戒に話し出します。

G様から『別れろ』と言われる事や彼女から『別れたい』と言われる事が対象者のプライドを刺激してしまい、元々は別れても良いかな…友っていたものが次第に意地になって別れたくない!に繋がった事が分かります。

意地を張っているだけなら異性の工作員を何度も接触させるのではなく、意地になっている部分を取り除く工作方法の方が早く別れる事をG様に伝えて工作方法の転換をする事になりました。

対象者の意地になっている部分を工作員が取り除く為に工作員が対象者に伝えた内容は『君は格好良いのにあんな女性と付き合うなんて勿体ないよ!』と対象者の自信をくすぐる話しをします。

対象者の口からG様の悪口が止まらず出て来る様になり、しまいには『あんなブスと付き合ってやってるのに感謝してもらいたいくらいだ!』という言葉を出す様になりました。

対象者の口から『彼女と付き合ってると、あの親もセットになって付いて来るし正直いらないって思ってたけどなんか引き際が分からなくなっちゃって…』という言葉を引き出し、工作員の『そんな彼女いらないんじゃない?』という後押しで対象者の口から『もういらないな~』という言葉が出て来ました。

対象者と工作員が話している時間の方が対象者は楽しいと言い、対象者と工作員で相席居酒屋に行く等、意気投合した生活を繰り返す中で一度もG様にもG様の娘にも連絡が来ない状態が一ヶ月ほど過ぎた頃に相席居酒屋で意気投合した相手と4人で遊ぶ事になりました。

相席居酒屋で仲良くなった女性から『Aさん(対象者)はモテそうだし本当は彼女いるでしょ?』と聞かれましたが、対象者の口から『一ヶ月位前に別れたよ』という話しが出て来ます。

工作員が話した事で対象者の中では完全にG様の娘に対する固執はなくなっており、既に別れた事になっていた為、G様にもG様の娘にも連絡が行かなかった事が、この瞬間に確定しました。

相席居酒屋で知り合った女性と交際が進み、G様に報告をさせて頂くと『娘も最近他の男性と仲良くしてるみたいです』と双方の気持ちが交わる事がないところまで確認出来て別れさせ工作は成功した事例になります。

何度言っても交際を止めない息子と彼女を別れさせたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 51歳 秋田
契約期間と料金4ヶ月の契約 120万円 成功報酬20%
別れさせたい状況息子の彼氏を別れさせたい

S様の息子が同棲している彼女はS様の目から見てとても問題が多く、息子の将来を案じたS様は何度も息子に別れた方が良いと説得したとの事でした。

直接S様が彼女と話しをし、手切れ金を渡す話しまでしたものの、手切れ金にも応じてくれず何をしても別れない息子と息子の彼女を別れさせる為にネットで検索していたところ別れさせ屋の存在を知り、別れさせ屋に依頼する決意をしたとの事でした。

S様は息子を何度も説得し、彼女との別れを促しましたが息子は彼女と結婚するの一点張りで応じてくれません。

息子にも彼女同様に勘当などを条件に出し、説得してみるも説得に応じてくれず、『もう子供じゃないんだから放っておいてくれ!!』と逆に縁を切られそうになってしまったとの事でした。

S様が今まで行ってきた事を確認させて頂きましたが1人で出来る考えられる事は全てやった。という結論になり、警察や弁護士にもお願いしたもののどうにもならなかった事までお伺い出来ました。

別れさせ工作のご依頼を頂く前に3回面談を行い、5社との相見積の中で弊社のご提案させて頂いた方法が一番別れさせられると判断したとの事で契約書を交わす形になりました。

ご依頼前にS様には息子や彼女への妨害を止めて頂く事をお伝えさせて頂き、着手金の確認後に別れさせ工作に着手致しました。

工作員を息子に接触させ、彼女との話しを聞き出すとS様から伺った様にお世辞にも褒められた彼女ではありませんでした。

息子は彼女のどこに惹かれたのか?を息子本人から聞き出しながら息子の紹介で彼女との接触も成功し、別れさせ工作を仕掛けていきます。

彼女がS様の息子と別れない理由も聞き出す事に成功し、今後の交際や結婚などを考えた時にS様の存在が邪魔になる事を2人は考えていましたが、それよりも彼女は自分の親の事を心配し、息子と結婚を考えた時にS様の存在が将来的に不安になると考えており、彼女も息子との交際に対する不安は感じていた様でした。

彼女の不安を息子が解消しようと一生懸命フォローしていましたが、S様の存在が2人の絆を強くしている事も分かります。

2人が別れるであろう弱点が露呈したところでS様と打ち合わせをさせて頂き、心理誘導を行って別れさせる様に仕向けていきます。

工作員が別れさせる様に仕向けていくと息子と彼女は工作員と会っている時は普通を装いますが、自宅で電話で話している時の声などがS様の耳にも入り、口論の様な声が聞こえる時間が増えて来たとS様から報告を頂きました。

別れ話しをさせるには2人に気付かれない様に火に油を注ぐ形を取らなければならず、火に油を注ぐタイミングを見計らって完全に2人の関係が壊れる情報を与えます。

完全にケンカ別れの状態を作り出す事に成功し、S様の要望を叶える事が出来て別れさせ工作が成功した事例になります。

娘や妻には内緒で娘の彼氏を別れさせたい

依頼者の名前、住まいの地域K様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況溺愛する娘を別れさせたくて悩んでる

娘の彼氏を別れさせたいというご相談をK様からいただきましたがK様の奥様には依頼した事を秘密にしたいとの事でした
50を過ぎてから出来た娘が可愛くて仕方ないというK様の相談を承っていると、娘に対する溺愛振りを強く感じました。
溺愛の異常性をK様からも直接お伺いし、K様と奥様との年齢差もあって奥様がK様の気持ちを汲んでくれる事が無かったとの事でした。

娘が幼い頃から目に入れても痛くない程の溺愛振りで可愛くて仕方なかったとの事で、大切な娘に彼氏が出来る事自体納得いってないとの事でした。
K様の要望は交際中の彼氏と別れさせられれば次に彼氏が出来そうになっても彼氏を作らせない様に娘の行動を縛るとの事でしたが、肝心の彼氏と別れさせる手段が何もなく、娘に『別れなさい』と言っても聞く耳を持たない状態を解決させる為に別れさせ屋を探したとの事でした。

相談や依頼までに時間を掛けて悩みましたが、時間が過ぎれば過ぎるほど彼氏の事を話す娘の顔を見るのが辛くなり、依頼する決意を固めたとの事でした。
K様が依頼した事が奥様に絶対にバレない様にしたいとの事で、契約後の連絡方法もK様にフリーメールアドレスを取得して頂いて報告や打ち合わせの時間指定もフリーメールで取り合う事で奥様にも内密で別れさせ工作を進めていく事となりました。
契約書を交わし、着手金の確認後に娘の調査を開始させて頂き、張り込みをするものの、娘と対象者が会う事はありませんでした。
対象者がどこに住んでいるか等の情報を娘から聞き出せば不自然になるとの事なので対象者達が会わなければ対象者を発見出来ず、情報不足は否めない状態でした。

K様が娘に対象者と別れろ!!と口うるさく言ってしまっていた為、娘達も頻繁に会わなくなっていたとの事で、分かるものは年齢と名前のみで写真もK様は持っていない為、調査の段階から難航します。
尾行して数日後、対象者らしき人物と娘が接触した事が分かり、対象者の顔を確認してもらう為、デート風景や顔写真をK様のフリーメールに送り、対象者チェックを行いました。
K様にメールして1時間後に連絡がきて、対象者の顔を確認していただき、本人確認が出来たので尾行を続行しました。

対象者の情報を元に別れさせ工作の打ち合わせを行う時間を作って頂きましたが、同日に集めた情報を使って工作員を接触させる事に成功します。
対象者の情報を揃えて別れる為の弱点となる部分を集めていきました。
調査員が集めた情報の中で一番有効活用出来そうな情報が対象者は学生だと娘から聞かされていたK様の情報と対象者の行動がマッチしておらず、仕事をしている事やK様の娘以外の女性と遊んでいる様でK様が娘から聞いた話しとは違う情報が判明し、それらを用いて別れさせる方法を提案させて頂く事となりました。

街に繰り出し遊び、K様の娘が抱いている対象者と実際の対象者の違いを明るみにさせる方法で、別れさせ工作を成功させる様に進めていくのですが、情報に間違いがないかを娘にそれとなく確認してもらう様にお願いし、娘が抱いている対象者像との違いを確認後、工作を進めていく段取りを取りました。
工作員対象者に接触後、対象者からK様の娘を彼女として紹介され、工作員と3人で遊ぶ機会も出来、K様の娘が対象者に抱いている気持ちの確認も出来ました。

実際の対象者とK様の娘が抱いている対象者のイメージの違いを3人で会っている間に少しづつ認識させていくとK様の娘との関係が少しづつ悪化していきます。
工作員が少しづつ失敗している感を出し、対象者と工作員の仲は良くなっていくのですが、K様の娘と対象者の関係は次第に悪くなっていきます。
対象者との関係が悪くなってきたところに工作員がK様の娘の相談を聞く事で若干工作員に気がある様にK様の娘が話し始めました。

K様の娘の気持ちが対象者から少し離れ、工作員とK様の娘が仲の良い友人関係を築いていくと対象者がK様の娘に気持ちが冷めたというlineを送り、そのlineの内容をK様の娘が工作員にスクショで送って来た時には『こっちの方が冷めてるのに何言ってるんだろうね』というlineも送られて来て『もうこんな奴いらない』というメッセージとスタンプを工作員に送ってきて別れさせ工作が成功した事例になります。

ご子息の彼女を別れさせる為に母親と彼女を天秤に掛けさせて別れさせた工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域S様 愛知
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬20%
別れたい状況息子がダメになる前にとにかく早く別れさせたい

S様のご子息が連れてきた彼女についてS様はあまり良い印象を抱かず、何度もご子息には『彼女と別れた方が良いんじゃない?』という言葉を掛けていたようでしたが彼女との別れをS様が伝えるとお子様は機嫌を悪くし段々と親子の仲も悪くなってしまったとの事でした。

お子様の彼女の事でS様は旦那様とも口論になる事が増え、旦那様からは『あんな下品な彼女は〇〇(お子様の名前)には釣り合わない。早く彼女と別れさせろ!』とお子様と彼女の関係に否定的でした。

旦那様からの言葉もあり、S様はお子様に『お父さんも別れなさいって言ってるよ』と伝えてもお子様はS様の言う事を素直に聞いてくれず、S様とお子様の関係は悪化、S様と旦那様の関係も悪化、お子様と旦那様の関係も悪化と家族全員がバラバラな形になっていきました。

S様の言葉で別れないお子様に痺れを切らした旦那様がお子様に『別れないならこの家を出ていけ!!』と口に出してしまい、お子様はS様達が住む家を出て行ってしまいました。

昔は純粋だったお子様がご両親に楯突くようになってしまったのはお子様の彼女の所為だと考え、彼女との交際が原因でお子様は変わってしまったとお考えになったご両親が弊社に息子を別れさせて欲しいとの依頼を頂く事となりました。

依頼を頂いた後、彼女とお子様が住んでいる家の調査から始める事となり、お子様と彼女の関係を調べていくと、お子様は完全に彼女の尻に敷かれ、幸せそうな表情は見れるものの時折物憂げな表情をし、何かしらの不満を彼女に感じているであろう事に気付きました。

S様と調査結果を元に打ち合わせを重ねていましたが、S様がお子様にお持ちのイメージと実際に調査員が調査したイメージとではだいぶお子様のイメージは変わり、別れさせる方法について提案した際もS様は首を傾げて『その方法だと息子は別れないかもしれませんよ…』と口にしていらっしゃいました。

お子様の事を一番よくご存知のS様だからこそ提案させて頂いた方法に疑問をお持ちの様でしたが部分部分の具体的なご説明を繰り返しさせて頂き、最終的にはお子様に対する見方のままでは穴が見つけられない事をお伝えさせて頂き、方法を5つほど挙げさせて頂き、その中の1つを選択して頂きました。

お子様に接触する方が別れさせられるか?彼女に接触した方が別れさせられるか?という部分から細かい部分を埋めていき、S様のお子様に対するオリジナルの方法の中から納得頂いた方法を選択して頂き、別れさせ工作を進める形を取りました。

お子様への接触を選択したS様にはお子様への連絡を行って頂き、依頼者方向からも別れさせ工作の協力を仰ぐ形となりました。

一方的にお子様に対して『別れなさい!!』というだけではなく、お子様の意思を尊重する方向で話しを進めて頂き、その間に弊社の工作員がお子様に対して接触を試みました。

ご両親の内、旦那様には若干悪者になって頂く形をとり、最終的にはお母さんとの縁と彼女との縁のどちらかを選択させる様に仕向けていき、最終的には心理誘導でS様の大切さを認識させながら彼女に対する不満を印象付けていく様に心理誘導を進めていきました。

工作の当初は彼女とS様を天秤に掛けた時は圧倒的に彼女を優先する様に考えていたお子様でしたが工作員の心理誘導の効果もあり、彼女とS様への比重が対等、もしくはS様に比重が重くなったのは工作員とS様の連携が上手く噛み合っていた事が伺えました。

お子様の口から彼女に『実家に戻ろうかな…』とこぼす事も出て来た為、S様にはお子様を受け入れてもらう態勢をとり、彼女に対する不満をS様が聞き入れていく事でお子様と彼女の関係がギクシャクしだし、別れさせる事に成功した事例になります。

娘の彼氏を別れさせたけれど実は娘の事を良く考えてくれていた彼氏だった別れさせ工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
別れさせたい状況娘の彼氏をどうにか別れさせたい

依頼者A様からご依頼頂いた別れさせ工作は娘の彼氏を別れさせたいという依頼内容になり、警察のお世話に何度もなった対象者と娘はそぐわないと考えて対象者との縁を切りたいと考え、対象者の両親とも対立してしまい、警察沙汰にもなる度に別れて欲しいと伝えても一向に娘達が別れない為、悩みに悩んで別れさせ屋に依頼する決意をしたとの事でした。
ご相談頂いた時のA様の怒りは凄まじいものがあり、面談中も怒り心頭で対象者に対する暴言が止まらず、絶対に別れさせて欲しいと懇願されました。
相談を承っているとA様が怒る理由も納得出来、娘に対するDVや束縛、暴力から離れるにはなれられない状況を救いたいとの親心から別れさせたいとの事でした。

娘を可愛いと思うからこそ心配になり、娘に対する対象者の態度があまりにも酷い為、A様は娘と対象者の交際を認めないのですが、娘も対象者との別れを決断しない為、娘の事を思えばこその依頼になりました。
対象者には父親の立場で物を申しても気の無い返事ばかりで娘が別れてくれないから交際していると言われるほどで、話しにならなかったとの事でした。
対象者への憎悪に近い憎しみの言葉も聞かせていただき、契約書を交わして着手金の確認後に別れさせ工作を行う事となりました。

対象者への接触を早急に行い、DVの理由や娘が惹かれる理由を判明させていきます。
対象者が娘と出会った頃からの経緯を聞き、昔は対象者も優しくしていたけれど、娘の浮気症が原因で今に至った経緯を聞き出します。
対象者から聞き出した情報をA様に報告すると、A様はそんな事は絶対にない!と激怒しました。
しかし、対象者が実際に言っていた事なので報告せざるを得なく、A様の娘にも工作員を接触させて聞き出して欲しいとの要望を頂き、対象者経由でA様の娘に接触する事となりました。

A様の娘から対象者が言って良いた事が事実なのか?を聞き出すと娘は恥ずかしそうに浮気症が酷くて対象者に何度も怒られたとの事を言い、対象者の話しが事実であった事を認めました。
娘の浮気が原因で対象者に迷惑を掛けていた事に気付いたA様は対象者に申し訳ない事をしたけれど、かと言って娘に暴力を振るうのは許せないと口にし、2人を別れさせる様に進めていく打ち合わせをさせて頂きました。

対象者達を別れさせる為に娘に浮気をさせたところで意味がない事が分かった為、対象者がA様の娘ん対して見切りを付ける様にする別れさせ工作をしなければならなくなりました。
対象者はA様の娘に対して浮気では幻滅しない訳ですからA様の娘には浮気以外の要因を作らせる様に仕向けます。
その為にはA様から頂いた情報では不足しており、A様の娘を調査しなければ別れさせる弱点が分からない為、A様の娘を調査する形に戻ってしまいました。
対象者との関係は良好であり、関係に亀裂を入れるほどの情報はなかなか集まりませんでしたが、対象者から聞いたA様の娘の話しとA様から頂いた情報、そしてA様の娘を調査して得た情報から2人が別れるであろう心理誘導の形が見えて来ました。

対象者に接触してA様の娘を幻滅させる様に仕向けるネタを使って工作を進めていくと対象者は工作員が伝える事に思い当たる節が多かった様でA様の娘への叱責が増えたと口にします。
対象者の言う叱責とはDVの可能性も考えられましたが、対象者から暴力を振るったという言葉が出ない為、DVをされているかを調べる術は出来ませんでしたが、叱責を繰り返しながらも懲りずに同様の事を繰り返すA様の娘を叱責するのが疲れたと言い、呆れたとの声も漏れ聞こえる様になってきました。
対象者がA様の娘に呆れた状態で怒る事も疲れたとなれば別れに向けて背中を押す事で一歩踏み出します。

もう面倒見きれないという言葉を工作員に対象者が子星、A様の娘との関係で我慢していた事を工作員に噴き出すと、突然A様に申し訳ない事をした。自分がどうにかA様の娘を更生させられれば良かったと工作員にこぼす始末で、その旨をA様に報告するとA様も驚きを隠せませんでした。
対象者からA様に謝罪の言葉が出るのは想定外でしたが完全に対象者の心の糸は切れ、A様の娘への気持ちが亡くなった事を確認出来た別れさせ工作の成功事例になります。

別れさせ工作が成功した後に対象者が考えていた事を知ったA様はもしかしたら対象者はやり方は間違っていたけれどとても良い青年でA様よりも娘の事を考えてくれていたかもしれない。と、こぼす程ショックを受けていましたがA様の要望通り別れさせる事が出来た為、別れさせ工作が成功して良かったのか?を依頼者のA様自身も悩んでしまった案件になります。