恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域M様 埼玉
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況結婚間際の会社の先輩を別れさせたい

M様が別れさせたいのは会社の同期と先輩になり、先輩に好意を持っていたものの対象者の存在が邪魔で告白する事が出来ない状態が3年程続いたとの事でした。
対象者と先輩の結婚の話しが社内に流れる様になり、告白出来ないままでは一生後悔すると考えたM様は2人の仲を破局させたいと考えます。
しかし、社内で不穏な動きをすればM様の仕業だとスグに気付かれてしまう状況もあり、別れさせたいけど自分ではどうにも出来ないもどかしさに頭を抱えます。

M様は友人に悩みを打ち明ける訳にもいかず別れさせ屋に依頼する決意を固めますが、もう少しで結婚するかもしれない状況の対象者に別れさせ屋が提案した方法はハニートラップばかりであり、異性を接触させて別れさせる方法で本当に別れさせる事が出来るのか?と不安に感じ、何社にも相談したとの事でした。
別れさせ屋が提案する方法に納得がいかず契約は見合わせていたとの事でした。
弊社にご相談頂いた際も『ハニートラップしか方法ありませんか?』というご相談になり、半ば諦め状態でご相談を頂く形となりました。

ハニートラップ以外の方法を提案させて頂いた際にM様の表情は驚きを隠せない状態でした。
別れさせ屋=ハニートラップという事が根付いてしまい、ハニートラップ以外の方法を提案する別れさせ屋の存在が信じられない様でした。
M様から頂いたお話では結婚間際のカップルにハニートラップを仕掛けようとするのですから土台無理な話を最初から別れさせ屋は提案しようとしていた事になります。
結婚間際に遊ぼうとする男性は少なからずいますが、そういった男性ではない事も話しを聞いていて分かります。

M様に提案させて頂いた方法で契約書を交わし、対象者の調査、工作を進めていきますが対象者達の情報は同じ会社という事もあり筒抜けで調査に関してはとても簡単な案件でした、予想通り工作に関しては少し難航します。
工作員の接触に関しては順調に進み、結婚への不安と希望に満ちている話しを対象者から聞き出しますが、結婚への憧れが強くある為、少しの心理誘導では動じない対象者が難航の原因となりました。
しかし、なかなか進まないとはいえ、やらなければ別れさせる事は出来なくなりますから工作員の接触頻度を計算に入れながら、接触時に何をするかを入念にM様と打ち合わせさせて頂きながら接触一回の重要性を高めた内容の濃い接触を繰り返します。
M様の情報も手伝い、対象者達の関係にヒビを入れられたな…と実感出来たのは工作員が接触して7回目の時になり、7回の接触で初めて関係にヒビを入れた実感をします。

ヒビが入ってからは社内で対象者達が話す内容に耳を傾けていたM様からの情報ではギコチナイ2人の関係が観測され、別れさせ工作を進めていた事がやっと実を結ぶ実感が沸いて来ました。
M様から社内の情報を元に更に工作を進めていくとM様から社内で結婚の話しが立ち消えた事を聞きます。
工作員が接触し、更に別れさせ工作を進めようとすると対象者から『実は別れちゃったんだよね…』という話しを聞き出します。
話しを聞き出すと工作員が接触して話す内容を考え、頭の中に残った事を2人で話すと意見が食い違い、結婚生活に不安を感じた為、別れに到ったとの事でした。

別れさせ工作が完全に成功した事をM様に告げた時にはM様から『これで私にもチャンスがありますよね!!』と言われ、チャンスがあるかどうかは分かりませんが、少なくとも結婚してしまえばチャンスはなかった訳ですから、0ではなくなったという説明をさせて頂きました。
意気揚々と告白に向けて準備するM様に別れさせ工作の契約が終わった事を告げ、無事に別れさせ工作が成功した事例になります。